大型シーバスを狙って釣れるだけでなく、超エキサイティングな水面ゲームが楽しめるメガバスの規格外ペンシルベイト『メガドッグ』。その恐るべき威力の一方で、巨体が故に扱えるタックルに制限がありました。そんなメガドッグの制限とも言えるサイズ感を調整。より幅広いタックルで使えるようになった新たなモデルが2021年に登場するんです! そのすべてを、アラマキシンヤさんが徹底解説してくれました!


『メガッドッグ180』を解説してくれるのはアラマキシンヤさん!

画像: アラマキシンヤ熱弁! 『メガドッグ180』徹底解説! メガバスの大人気ビッグペンシルベイトに新サイズが追加!【ルアマガ+のフィッシングショー2021】

【Profile】
アラマキシンヤ(あらまきしんや)
メガバスの切り込み隊長にして、釣り、スケボー、ミュージックを基盤に活動する関西のストリート系アングラー。一見するとイロモノ枠のようだが、その実力は驚くべきものであり、ライトゲームやシーバス、バスなどあらゆるジャンルに対応する。

アラマキシンヤもイチオシ! でもそもそもメガッドッグって?

アラマキ「ルアマガ+をご覧の皆様、ヘルメットでおなじみのメガバスソルトスタッフのアラマキシンヤでございます」

アラマキさんよろしくおねがいします!
今回はどんなルアーを紹介してくれるのですか?

アラマキ「先日開催されました釣りフェスティバル2021やフィッシングショーOSAKA2021からメガバスも新作アイテムを一挙公開していますが、その数あるルアーの中で僕が一押しなのがメガドッグのダウンサイズモデルとなる『メガドッグ180』を紹介いたします!」

画像: メガドッグ180(メガバス)

メガドッグ180(メガバス)

おお! 話題のビッグペンシルがサイズダウンなんですね!

でもそもそもメガドッグって、どういった点が優れていて人気になったのでしょうか?

アラマキ「古くは初代ドッグXを皮切りに、メガバスは実に多彩なペンシルベイトを輩出してきました」

ジャイアントにコアユ、ディアマンテなど、ドッグXだけでも数種類ありますし、Xラッシュ、ピボット、オロチ13などドッグX以外にもたくさんありますよね。

画像: メガドッグ(メガバス)

メガドッグ(メガバス)

アラマキ「その数あるメガバス製ペンシルベイトの中でも『メガドッグ』はフルMAXサイズとなる220mmウエイト130gという巨大ジャイアントペンシルベイト。ビッグシーバスをターゲットして生み出したこのルアーは発売するやいなや、多くの玄人アングラーを魅了し、口コミでその破壊力が広まりました」

それまでの最大ペンシルはオフショア用のオルポワ(148.5mm47g)ですかね。一回りや二回りではおさまらない、かなりの巨大化ですね。

アラマキ「特にコノシロパターンを筆頭とするビッグベイトパターンでの圧倒的な集魚力と水面炸裂能力は、使って体感したことがある方ならうなずくことでしょうね」

ただ小さくしたわけじゃない! 必然性から誕生した『メガドッグ180』

こだわりの構造の数々はオリジナルを継承!

アラマキ「そして2021年に登場する新たなメガドッグですが、サイズ180mmウエイト70gに設定したオリジナルの言わばダウンサイズモデルとなりました」

画像1: メガドッグ(上)とメガドッグ180(下)

メガドッグ(上)とメガドッグ180(下)

構造は変わっていたりするんですか?

画像2: メガドッグ(上)とメガドッグ180(下)

メガドッグ(上)とメガドッグ180(下)

アラマキ「貫通ワイヤー、強化スイベルにダブルリングの3フック、ダブル慣性バランサーシステム搭載と、オリジナルモデルの設計を引き継いでいます。そのため、アクションレスポンスの良さやフッキング性能、バレにくさはそのままのダウンサイズ版が誕生いたしました」

180だからこそのパワーが確かに存在する

小さくなったのは単純により使いやすく小さな魚も釣れるように、というのが狙いだったのですか?

アラマキ「そういったただのダウンサイズを目標としたわけはありません。戦略的かつ水面爆発力のパワーブーストを追い求め、オリジナルサイズではできないことを実現するべく開発されたのが180なんです」

このモデルだからこその強みや唯一性があるわけですね。

具体的にはどういった点がありますか?

アラマキ「例えば、従来のメガドッグでは攻めづらかった小規模河川でのピン撃ちや、エサとなるベイトのサイズにあわせたマッチ・ザ・ベイトの状況で誘いだすことができます。さらにそのサイズ感(70g)からスピニングタックルでもフルキャストが容易となったため、遠投性能を活かして遠くの魚をひっぱってこれたり、ボイル撃ちなどもしやすくなりましたね」

画像: 180だからこそのパワーが確かに存在する

実釣テストは船と岸両方で実施。気になる釣果は…!?

画像1: 実釣テストは船と岸両方で実施。気になる釣果は…!?

お見せいただいているサンプルですでに完成度が高い印象ですが、実釣テストも行われているのですか?

アラマキ「ボートと岸の両方から行っています。ボートでは、オリジナルサイズではバイトがあっても乗せにくかった50cm前後のシーバスのバイトも捕れやすくなり、小型から大型までより幅広いサイズを水面に誘いだせることがわかりました」

魚を引き寄せるパワーは変わらないのに、より確実に魚を獲れる様になるのはありたがいです! 出ても乗らないって凄い悔しいですし(笑)

アラマキ「それとハマチクラスの青物の反応もすこぶるよいのが個人的に嬉しいところです(笑)」

ファイトも楽しいし食べても美味しいですもんね!

岸から使った感じはいかがでした?

アラマキ「場所を選ばない使いやすさをめちゃくちゃ感じましたね」

例えばどんな点でそう感じたんでしょうか?

アラマキ「1投で決めなければいけないような小場所ポイントでは着水音を抑えられるうえに
、細かいピッチでタイトに誘えることにより1投でシーバスを誘いだすことができます」

おお! それはまさしくダウンサイジングだからこそ獲得した強みですね。

アラマキ「ウエイトも十分あるので、軽量なトップでありがちな弾かれるバイトミスも軽減されることがよくわかりました」

小さくなったとは言え、まだまだ2ozオーバーのビッグペンシルベイトの範疇ですもんね。

アラマキ「もちろん遠投性能が高いため遠くのボイル撃ちができたりと、オリジナルのメガドッグとはまた違ったアプローチができる引き出しも増えるので、水面炸裂ゲームがさらに楽しくなることは必至です!」

画像2: 実釣テストは船と岸両方で実施。気になる釣果は…!?

メガドッグ180でアドレナリン全開をもっと味わおう!

最後にひとことお願いします!

アラマキ「アングラーが一番アドレナリン全開で楽しめる釣りがトップゲームです。出た瞬間の感動と興奮のドラマをメガドッグ180でぜひ体感してください!あ、ちなみに発売は年内という感じでよろしくお願いします!」

画像: メガドッグ180でアドレナリン全開をもっと味わおう!

【スペック】
●全長:180 mm
●ウエイト:70g
●フックサイズ:#1
●スプリットリング:#4(ダブル)
●ワイヤー径:φ1.2mm
●スイベルサイズ:#2
※現状はプロト段階のため仕様変更の可能性あり。



メガバスの新製品情報をもっとみる




This article is a sponsored article by
''.