バスフィッシングはさまざまなスポットを、さまざまなルアーを使って攻めるので、タックルの使い分けが重要。当然、ラインの素材にも適材適所が求められ、それが釣果へ大きく影響することが多々ある。しかし、今回紹介する『UGOV6 ソフト/ハード』は、フロロカーボン製ラインながら、ナイロン製ラインっぽい特徴も持ち合わせているという。一体どういうコト!?


解説してくれるのは大手釣具問屋のラインスペシャリスト!

画像: 「ハード」or「ソフト」二種類の特性を使い分けろ!新素材バス用フロロラインが登場!『UGO V6ソフト/ハード(エックスブレイド)』

【Profile】
福元秀樹(ふくもと・ひでき)
大阪を拠点にした大手釣具問屋・(株)魚矢の『エックスブレイドYGK課』というライン専門部署に所属し、マーケティングおよび制作管理を担当。日本各地で釣れる魚種の違いや釣り方の違い、そして自然環境の違いなどから生まれるさまざまなライン需要に応えるべく、いつも頭の中は糸のことで一杯のラインスペシャリスト。

ナイロンに匹敵する柔らか素材『スーパーソフトDKフロロVer.Ⅱ』

UGOV6はバスフィッシング用のフロロカーボン製ラインですが、YGKと言えば…勝手に『PEライン専門メーカー』をイメージしていたので正直、意外です(スイマセン…)

福元「いやいや、フロロもナイロンも、エステルも作っています(笑)。今春に登場するUGOV6はソフトとハードの2種類があり、それぞれ違った素材を使用しています。

画像1: ナイロンに匹敵する柔らか素材『スーパーソフトDKフロロVer.Ⅱ』

福元「まずはソフトについてですが、フロロカーボン素材としてはかなり柔らかい『スーパーソフトDKフロロVer.Ⅱ』を採用し、既存のフロロカーボン製ラインと比較してしなやかなのが最大の特徴です。だから小さなスプール径のベイトリールに巻いても巻きグセが付きにくく、ラインの直進性に優れているのでルアーの飛距離も伸びやすい。そして、スピニングリールに巻いても糸ヨレができにくく、キャスト時の抵抗になりにくいですね」

では、もう一方のハードは? 名前からすると、こちらの方が本来のフロロカーボンラインっぽいですが…。

画像2: ナイロンに匹敵する柔らか素材『スーパーソフトDKフロロVer.Ⅱ』

福元「ハードには『高耐摩耗フロロカーボン素材』が使用されていて、ソフト以上に耐摩耗性と感度に優れています。バスフィッシングならばアシ周りやブッシュ、倒木絡みといったカバーでの釣りには最適で、障害物に巻き付きにくく傷も付きにくいので奥の奥へルアーを撃ち込むことができます」

【スペック】
●サイズ:【ソフト】4~20lbの全9種【ハード】8~20lbの全6種 ●糸巻量:100m ●カラー:全1色(ナチュラル)●価格:1,000円(税抜き)●発売時期:2021年5月

では、前述のソフトに適した使いドコロは?

福元「ナイロンラインのようにファストムービング系ルアーを使った、投げて巻く釣りに向いています。また、厳寒期になるとフロロカーボン素材は通常よりもさらに硬くなって使いづらくなりますが、スーパーソフトDKフロロVer.Ⅱではそのようなデメリットも少なくしなやかさを維持するので、冬にシャッドプラグを使った中層で止めるような釣りにも効果を発揮します。

適材適所でソフトとハードを使い分ければ、これまで以上に快適でシステマチックなバスフィッシングが楽しめると思います。YGKのフロロカーボンラインも、ぜひ宜しくお願いします!!」

エックスブレイドのその他の新製品情報はこちら






This article is a sponsored article by
''.