ミドストに変わるリグとして、いまや全国で話題沸騰中のホバスト(ホバー・ストローリング)。その発祥の地、池原ダムをホームとし、ホバスト専用のワームとして今回紹介するスーパーホバリングフィッシュを開発した山岡さんに、裏の裏まで開発秘話を聴き倒してみた!


画像: スレバスに効く!禁断の釣法「ホバスト」に特化した『スーパーホバリングフィッシュ(ティムコ)』から喰わせの2.5inが登場!【ルアマガ+のフィッシングショー】

【Profile】
山岡計文(やまおか・かずふみ)
JBトップ50で活躍するプロアングラーで、ホームとするのは池原ダム、七色ダム。それだけにクリアレイクでの強さは圧倒的で、ミドストを得意とするほか、ホバストを全国に知らしめたアングラーでもある。

ホバストに特化した食わせワームがついに登場!

画像: ホバストに特化した食わせワームがついに登場!

池原ダム発祥で釣れると評判のホバスト(ホバー・ストローリング)。徐々に全国へ浸透し始め、流行りつつあるこのテクニックに特化し、扱いやすくなっている専用ワームがついにティムコから発売される。その開発担当でもある、山岡プロに話を聞いてみた。

山岡「このホバストは池原ダムで流行りだしたテクニックなんですが、元々はフワフワリグといっていました。これをホバー・ストローリングと改め、創始者でもある堤さん(堤治朗)とも相談を重ねて専用のワームを開発していったんです」

出発点では、廃番となったスーパーフィンテールを使用していた

ホバストでは、いまでは手に入りにくくなってしまった廃番のスーパーフィンテールを使っていたという。

画像: 出発点では、廃番となったスーパーフィンテールを使用していた

山岡「そうなんです。堤さんからも僕を通して、スーパーフィンテールをまた作れない? というお話を頂いていたんです(笑)。それがきっかけで、復刻ではなく一から作ってみようとなっていったんです」



バリ付きアイテムをデザインに落とし込んで今の形に!

画像: バリ付きアイテムをデザインに落とし込んで今の形に!

山岡「これは、スーパーフィンテールの中にエラー品が時々混じっていて、テールにバリがあるやつが一番釣れたんです(笑)。それをデザインに落とし込んで、この形になったんですよ」

そんな経緯があったんですね!?

山岡「それを含めてですが、スーパーホバリングフィッシュはシェイクで微細にボディが動いてくれて、ロールするワームの動きがしっぽに伝わって動いてくれる形状になっています。ボディは中空構造で、3本のピンテールが見切るバスへ食わせの決め手になってくれるんです」。

具体的にはどうやって使うんでしょうか?

山岡「L型のフックをワーム上部に刺して、先端から0.3gとか…まあ大体0.4g以下のネイルシンカーを挿入してリグを作ります。ミドストで使うようなジグヘッドよりも軽いウエイトでセッティングします。そうすることで、中層の一定レンジで移動距離を極限まで抑えながら漂わせていけるんです。元々、堤さんはジグヘッドのウエイトを撮ってネイルシンカーで調節していましたし、僕はジグヘッドを削って0.2gとかにして使っていました。イメージ的にはミドストの特徴を持ちながらi字系を融合したようなリグになっていると思います」。

ミドストよりナチュラルに、食わせに特化しているんですね。

山岡「ミドストのように中層ではなく表層でも効果的なんですよ。以前、バイトシーンを動画に撮りたくて、わざとシャローレンジの水面直下あたりを引いてみたんです。すると、きっちりバイトして良い釣りができました。

でも、池原や七色のようなクリアレイクだと見えるバスは警戒心が強いんです。そこで、おすすめなのが目視できるギリギリ深いエリア。そういった少し深めの場所にあるブレイク、ストラクチャーへサスペンドさせるようにしてホバストで漂わせていきます。すると、結構簡単にバイトしてきたりするんです。

表層とこの深場での釣りは、初めてホバストを試す方におすすめです。やっぱり目で見ながら釣るとイメージも湧きやすいし、動かしているのも分かりやすいですからね!」

【スペック】
●長さ:2.5in ●入り数:7 ●発売日:2021年春発売予定 ●希望小売価格:1188円(税込み)

ティムコその他の新製品情報はこちら




This article is a sponsored article by
''.