公式ストア

CATEGORYカテゴリ

公式ストア
バス釣り(ブラックバス) JBトップ50

【初日速報】2021年JBトップ50 第1戦 遠賀川【4月2日(金)~4日(日) バス釣り最高峰トーナメント開催!】

ルアマガ+

ルアマガ+

2021.04.03

日本で一番強いバスアングラーが決まる国内最大級トーナメントトレイル『JBトップ50』が現在開催中! 2020年は残念ながら全戦中止となってしまっていただけに、今年の参加選手のボルテージは最高潮間違いなし!

舞台は『遠賀川』! JBトップ50 第1戦 ゲーリーインターナショナルCUP

福岡県の遠賀川といえば、九州地方におけるバスフィッシングのメッカ。JBトップ50の舞台となることも多いフィールドだが、その難易度が特に高いことで知られている。

初日トップウェイトは市村修平選手!

59名が参加した第1戦で遠賀川は早速牙を剥いた!

なんとリミットメイクとなる5尾をウェイイン出来たのはわずか4名。

ノーフィッシュ18名に1尾のみキャッチが19名と、過半数が大苦戦からの幕開けとなっている。

そんななか、見事リミットメイクを達成し、初日のトップウェイトとなる5845gを叩き出したのは市村修平選手。

悲願の年間優勝に向けて、最高のスタートを切った形だ。

そんな市村選手を僅差で追うのが、自身のメーカーをスタートさせたばかりの早野剛史選手。

わずか245g差となる5尾5600gで2位につけている。

2015年の3月末に遠賀川で行われたトップ50初戦最終日で短日トップを獲った経験も持つだけに、明日以降の活躍にも大きな期待がかかる状況だ。

多くの選手が苦戦する中、短日3位となる好ウェイトを持ち込んだのは、トップ50には初参戦となる佐藤旬選手。

惜しくもリミットメイクは達成できなかったものの、4尾で4905gをウェイインしている。

全選手の詳細な順位はJB/NBCのサイトをチェック!

戦いはまだまだ始まったばかり! 引き続き要チェック!

迎えた4月3日(土)の遠賀川戦DAY2ではいよいよ足切りがスタート。

果たして最終日に駒を進められる選手は誰なのか?

トップ50から引き続き目が離せない!

ちなみにJBトップ50最新情報はツイッターからチェックがオススメ!

ルアマガ+

ルアマガ+

2021.04.03

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。