CATEGORYカテゴリ

ガンクラフト(GAN_CRAFT) HONDA クロスカブ N-VAN ジョインテッドクロー サクラマス アメマス トラウト ルアーマガジン・リバー本誌 ルアーマガジン・リバー HONDA N-VAN アメマス ガンクラフト(GAN_CRAFT) クロスカブ サクラマス ジョインテッドクロー トラウト ルアーマガジン・リバー ルアーマガジン・リバー本誌

『ルアーマガジン・リバー 2019年2月号』発売!【特集はサクラマス! バイクで山駆けクルマで野を分け、地の果てロシアの極地に大物釣りの夢を見る】

ルアーマガジン・リバー

ルアーマガジン・リバー

2018.12.20



ルアーマガジン・リバー』最新号・2019年2月号発売! 現在、トラウトはオフシーズン……ですが、年が明ければ間もなくトラウトシーズンが開幕。それに先駆け、特集ページでは「サクラマス」という魚種に着目して、新製品やテクニックを紹介しています。



目次

サクラマスってどんな魚?

サクラマスとはヤマメの降海型。サケと同じように母川回帰する魚なんです。

海に向かい、サクラマスとなるためには、まず海水に順応するため、浸透圧で体内の水分が外へ出てしまわないように、塩分調整能力を身につけます。見た目が海水魚と同じように銀色となるため、銀化・スモルトと呼ばれます。

そして、河口に下りるまでに完全に銀化を終えて海へ下り、沿岸を回遊しながらプランクトンやエビ、カニなどを捕食。それから沿岸を離れ、大回遊の後に、母川に回帰します。

この他、サクラマスの一生や体が銀色になる秘密は、キャスティング八王子店・小林将大さんの連載「寝ても覚めても頭の中は鱒だらけ(p82-83)」も、ぜひご一読ください!

特集「サクラマス2019」は「1尾を獲るための道具とテクニック」!

10年続けて釣れない人がいれば、初年度からいきなり釣り上げてしまうエントリーユーザーがいたりと、サクラマスは本当に不思議な魚。トラウトアングラーなら一度は“憧れ”や“夢”という表現を使って事があるのでは?

そんな魚にできるだけ近づくために、特集ページではエキスパートたちの道具(タックル)や技術(テクニック)をまとめてみました。2019シーズンの大本流を攻略する答えが、このページに詰まっています。さあ、スリリングでゲーム性の高いサクラマスフィッシングを思う存分楽しみましょう!

福井県◉九頭竜川&富山県◉庄川
釣り人でありルアーデザイナー・川島雅史が作る「対・サクラマス専用の“泳ぐ”ヘビーシンキング

名作シュガーディープ90Fを始め、バスデイのサクラマスルアーは豊富なラインナップが魅力。ここに、新たな仲間が加わることとなった。その名も「ボトムトゥイッチャー85ES」。タイプは“ヘビーシンキング”だが、ルアーデザイナー川島雅史さん渾身の力作であり、こだわりの“泳ぐ”性能もしっかり反映されている。

ロシア◉コッピ川&富山県◉庄川
“トラウトの鬼”がプロデュース「ドラコスとドラコスPN(フェニックス)」正影雅樹

ディスプラウトからリリースされているトラウト用スプーン「ドラコス」。トラウトの“鬼”と称される、正影雅樹さんプロデュースによる力作だ。そんなドラコスに新たなラインナップが追加されることとなった。その名も「ドラコスPN(フェニックス)」。新作の詳細を正影さんに聞いた。

渓流的サクラマス攻略術「ピンスポット狙いなら上流に向かって打つべし!!」河井修一

様々なジャンルのトラウトルアーを楽しむ河井修一さん。彼のトラウトフィッシングの中で大きな“柱”となっているのが、渓流釣りであるが、近年はサクラマスにも注力! 渓流フィールドで培った「アップストリーム」を駆使して大本流に挑む!

山形県◉赤川&宮城県◉北上川
1尾に近づく〝スプーニングのイロハ〟も収録「初場所で出会った河口付近の川鱒」武山重之

宮城県石巻市在住の武山重之さんは、地元・北上川でシーズン2桁釣行を毎年達成しているエキスパート。近年は遠征釣行にも果敢にチャレンジしているが、今回実釣取材を依頼したのは山形県のブランドリバー・赤川であった。1尾を獲るまでのストーリー、さらには地元河川と遠征河川を釣り分ける中で構築した必釣メソッドをご紹介。

富山県◉神通川
スプーン&バイブレーションの釣りを快適に「本流ベイトタックルのススメ」石塚 恒

大河川の釣りをベイトタックルで楽しむアングラーが、近年増加しているようだ。「本流釣りでもベイトタックルが活きるシーンはたくさんあります」とは、メジャークラフトの石塚恒さん。ユーザーのニーズに応えるべく対・サクラマスベイトロッドの開発に着手したというので、その性能を確かめるべく実釣テストに同行してみることにした。

秋田県◉雄物川水系
サクラマス女子が綴る奮闘記「サクラチャレンジ」佐藤早苗

初めての渓流釣りをきっかけに、釣りというアクティビティの幅をどんどん広げていった佐藤早苗さん。現在では、トラウトやソルトなど様々な釣りを楽しんでいるようだが、その中で彼女が最も力を入れているのがサクラマスの釣りである。この釣りを開始した2017年から、2018シーズンまでの釣行を回想してもらった。

2019サクラマス「新作&新色タックルカタログ」

注:画像はイメージになります。完全版は誌面にて!


その他企画も盛りだくさん!

静岡県◉大井川水系
N-VAN×CROSSCUB110「6輪野宿、大井川遡上旅」/櫻井伸樹

HONDAの「N-VAN」と「CROSSCUB110」のコラボ企画! バイクを軽自動車にトランポすることで、機動力抜群の釣り旅に! バイク業界で活躍中のライター・櫻井伸樹さんの楽しみ方をご紹介。

奈良県◉野迫川村
ガンクラフト×ルアーマガジンリバー
新連載・ルアマガリバー開発室「ジョインテッドクロー・ストリーム(仮)」製作始動

タックルメーカー・ガンクラフトの「ジョインテッドクロー」というルアーをご存知だろうか? リップのないボディから繰り出す魅惑のS字アクションが大きな特徴で、バスを始めソルトアングラーにも人気のビッグベイトである。

そんな元祖S字系“ジョイクロ”に渓流仕様の「ストリームバージョン」が登場しようとしているのだ! 代表の平岩孝典さんと共に、プロトモデルのテスト釣行に同行させてもらった!

『ルアーマガジン2019年2月号』お求めは、全国の釣り具店・書店・WEBショップで!

◎価格:1,580円(税込)
◎発売:2018年12月20日(いつもより一日早まっております)
お求めは全国の釣り具店や書店、WEBショップで! お近くのお店に置いていない場合は、そのお店でご注文いただくか、Web通販サイトにてお求めください。


ルアーマガジン・リバーの一覧はこちら

鱒と戯れよう。川を愉しもう。ソトアソビを満喫しよう。な、『ルアーマガジン・リバー』過去の記事一覧はこちらからどうぞ。



HONDA N-VAN アメマス ガンクラフト(GAN_CRAFT) クロスカブ サクラマス ジョインテッドクロー トラウト ルアーマガジン・リバー ルアーマガジン・リバー本誌
ルアーマガジン・リバー

ルアーマガジン・リバー

2018.12.20

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。