CATEGORYカテゴリ

ルアマガ+のフィッシングショー 2021新製品 ピュア・フィッシング・ジャパン(PURE_FISHING_JAPAN) ピュア・フィッシング・ジャパン(インタビュー) ピュア・フィッシング・ジャパン(ロッド) AbuGarcia(アブ・ガルシア) 2021ロッド Zoom_Safari(ズームサファリ) ピュア・フィッシング・ジャパン(PURE_FISHING_JAPAN) AbuGarcia(アブ・ガルシア) Zoom_Safari(ズームサファリ) ルアマガ+のフィッシングショー 2021新製品 2021ロッド ピュア・フィッシング・ジャパン(ロッド) ピュア・フィッシング・ジャパン(インタビュー)

アウトドアを楽しむ『ズームサファリ(アブ・ガルシア)』にベイトモデルが登場!【ルアマガ+のフィッシングショー】

ルアマガ+

ルアマガ+

2021.01.22



そのレトロなルックスとコンパクトに収納できるマルチピースという『ガジェット感』で、昨年春に登場して瞬く間に完売。その後もSNSを通じてバズり続けるなど、通常の釣具とは違う『アウトドアアイテムのひとつ』として人気を博しているズームサファリ。なぜ、このような流れで需要が高まったのだろうか? この春、待望のベイトモデルがデビューするのを機に、開発担当スタッフの東健司さんに話を伺ってみた!



『ズームサファリ ベイトモデル』を紹介してくれるのは『東健司』さん!

【Profile】
東健司(あずま・けんじ)
ピュア・フィッシング・ジャパンのフレッシュウォーターロッド開発担当。全国各地のフィールドに出向いてアングラーの直の声を聴き、そのリクエストを可能な限り商品へと反映させることに全力を尽くす。さらに異業界の価値観にも積極的に目を向け、新たなテイストを採り入れることにもチャレンジしている。

ズームサファリは『既存の釣り人に向けたロッドではない』という衝撃!!

今どきのタックルにはないレトロなテイスト…渋いというか…カワイイというか…性能云々以前に、そのポップな存在感が人気のズームサファリですが、ついにベイトモデルが発売されます。

ズームサファリ(アブ・ガルシア)

オールドアブの丸型ベイトリールを装着すれば、コーディネイトは最高ですね!

『ズームサファリ』スピニングは昨年のフィッシングショーでお目見え!

「スピニングの時も、オールドカーディナルを装着したらシックリ来るようなイメージは心掛けていました。もちろん、レボなどの最新型リールを装着してもカッコイイですよ。ただ、実はズームサファリは、釣り人をターゲットにした商品ではないんです」

…え? 釣り竿ですよね? 釣り人に売らないで、誰に売るんですか…?

「ご存じのように、昨今はキャンプなどのアウトドアアクティビティの人気が非常に高く、ご家族や友人たちとともに山や川、海でテントを張ったり焚き火をしたり、料理をしたりと楽しみ方もさまざまです。そんな楽しみのひとつに、『釣り』も加えて欲しいという願いを込めた商品なんです」

近年のアウトドア需要は高まりを見せている。芸人ヒロシのキャンプ系YouTubeチャンネル「ヒロシちゃんねる」も非常に人気だ。

ズームサファリは新規ユーザーに新たな提案をするための、アウトドアの一部として釣りを捉えた商品…ということですね!

「その通りです。だからこそ今までのタックル開発にはない考えが必要でしたし、特に『見た目』には相当時間も、おカネもかけました(笑)。まずは商品に注目してもらわなければならないので、アウトドア好きのお客様はどんな体裁のアイテムを好むのかを研究しました。

その結果、オールドアブのテイストっぽいレトロなデザインを採用し、自然の中で調和しやすいアースカラーのラインナップになったんです」

かつての名ロッドからインスパイアされた由緒正しいネーミング

ズームサファリというネーミングですが、何か特別な意味があるのでしょうか?

「オールドアブに詳しい方たちはご存じかもしれませんが、かつて70~80年代に『ズーム』と『サファリ』という、2種類のマルチピースロッドが発売されていたんです。これらをリスペクトする意味も込めて、合わせた名前に決定しました。

そして竿袋も当時のイメージを引き継ぐようなアンティークっぽいデザインで、質感の良いキャンバス生地を採用しています。ちなみに、竿袋とコルクグリップに記されている『SVANGSTA』とは、ABUの本拠地があるスウェーデンの地名になります」

肩肘張らず誰でも気軽に使える全4本のラインナップ

ズームサファリ・ベイトモデルの気になるのラインナップは?

「4フィート6インチ、5フィート6インチ、6フィート6インチ、そして7フィート6インチの4アイテムになります。『4.6』は渓流でのベイトフィネスや堤防での穴釣りに、『5.6』はそれらに加えてブラックバスのオーバーハング撃ちなどにピッタリです」

「そして『6.6』はブラックバスやナマズをメインに、最近流行のチヌを狙ったクランキングにも適しています。一番長い『7.6』は海のベイトフィネスを想定していて、スーパーライトジギングやエギングに使っても面白いでしょう」

「3月の発売を予定していますので、春になったらアウトドアアイテムのひとつに、ぜひとも加えてみてはいかがでしょうか!」

製品名継数全長
(ft/cm)
仕舞
(cm)
自重
(g)
ルアー
(g)
ライン
(lb)
カラー価格(税抜)
ZMSC-464L44’6″/13741.4902~84~8ライトブルー¥12,500
ZMSC-565L55’6″/16839.01042~104~12ダークグリーン¥13,500
ZMSC-665M56’6″/19844.61519~288~16ローズバイオレット¥14,500
ZMSC-765L57’6″/22952.11532~156~12オリーブ¥15,500

アブ・ガルシアの2021年新製品情報はこちら





ピュア・フィッシング・ジャパン(PURE_FISHING_JAPAN) AbuGarcia(アブ・ガルシア) Zoom_Safari(ズームサファリ) ルアマガ+のフィッシングショー 2021新製品 2021ロッド ピュア・フィッシング・ジャパン(ロッド) ピュア・フィッシング・ジャパン(インタビュー)
ルアマガ+

ルアマガ+

2021.01.22

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。