公式ストア

CATEGORYカテゴリ

公式ストア
バス釣り(ブラックバス) XBRAID YGK 福元秀樹 ライン(糸) 木村建太(キムケン) フロッグ PEライン

「異次元の強度」を誇るバス釣り用PEライン『オルトロスPE WX8P-1(XBRAID)』の実力を徹底解説!!

ルアマガ+

ルアマガ+

2021.04.07

2019年YGKから新たに誕生したルアーフィッシングラインブランド「XBRAID(エックスブレイド)」。同ブランドのバスフィッシング用ライン第一弾としてリリースされたのがPEライン『オルトロスPE WX8P-1』。「異次元の強度」を持つそのPEは圧倒的な強力を持ち、バスフィッシングからソルトルアーフィッシング、そして海外と活躍の幅を広げている。改めてその特徴を、ラインのスペシャリストであるXBRAIDスタッフに解説して頂こう。

解説して頂くのは大手釣具問屋のラインスペシャリスト!

【Profile】 福元秀樹(ふくもと・ひでき)

大阪を拠点にした大手釣具問屋・(株)魚矢の『エックスブレイドYGK課』というライン専門部署に所属し、マーケティングおよび生産管理を担当。日本各地で釣れる魚種の違いや釣り方の違い、そして自然環境の違いなどから生まれるさまざまなライン需要に応えるべく、いつも頭の中は糸のことで一杯のラインスペシャリスト。

オルトロスPE WX8P-1(XBRAID)

圧倒的な使いやすさと高強度を実現する2層構造のPEライン

改めて オルトロスPEの特徴を教えてください。

福元「こちらのPEは今同業他社ではどこも使っていない特殊な「WXP-1」という原糸を使っていまして、本来であればマグロやソルトのビッグゲームで使用するPEライン原糸なんです。そんな強力なPE原糸を今回バス用ラインでは初めて採用しました。

基本的に想定されていたのがパンチングとフロッグゲーム。その理由としては、この2ジャンルをPEベイトタックルで使用する際、バックラッシュなどのライントラブルを減らすために、太いPEラインを使うんですけれども、それでもトラブルが多発するという声が非常に多かった。
そのような使いにくさを解消するため、糸自体の密度が高いPEを採用しました」

糸の質量を高めると言うと?

福元「オルトロスPEはその名の通り、8本撚りなんですけれども、編み込んだPEラインの中心に、超々高強力PEを芯として通し、高密度に締め込んでいるんです。

これにより糸質が硬くなり、糸自体の密度が増します。フルキャストしても直伸性が高くなり、真っすぐラインが放出され、ガイドに絡みにくいんです。
またリールのスプールが高回転で回ったときも糸がたわみにくく、バックラッシュも起こりづらくなります」

福元「なので、初めてPEでフロッグゲームをチャレンジされる方には是非ともこのラインをおすすめしたいです。特に中空フロッグはウェイトが軽いが故に、風が吹いてるシチュエーションだとラインがたわんで使いづらかったのですが、そういう状況でも糸自体が硬いが故に、風にも強く、糸自体がルアーを押してくれるのでトラブルが少ないです」

福元「また+αで、ラインの芯である超々高強力PEの繊維に、たっぷりとシリコンを含ませる超特殊製法「HPGZ加工(加圧式樹脂加工)」を施しているので、ラインに水を全くまとわせないんです」

それは水の抱き込みが全くないってことですか!?

福元「そうです、シリコンを閉じ込めたことにより、ラインの中に水が入ってこない構造になっているんです。水を抱き込まないことで、長時間使用しても、高い操作性と変わらないキャスタビリティを実現するんです」

福元「PEラインの弱点のひとつとして挙げられるのが、組構造内への水の抱き込み。水を吸ってしまうと、同じ感覚で使っていても糸が水を吸収した分重くなってしまい、しなやかさもなくなって飛距離も落ちてしまいます。
しかし、WX8P-1であればそれが全くない。水を抱き込まないことでモノラインの抵抗感とほぼほぼ近い感覚で扱えます」

妥協なき耐磨耗性と他魚種にも強い圧倒的な強度


福元「オルトロスPEは耐磨耗性に関しても既製品とは全く違います、2層構造にしていることは先述にもお伝えさせていただきましたが、基本的には芯のPEで強度を出しています。外の8本撚りのPEは言うなれば電気コードのカバーの役割。

オルトロスFCとは逆で外のPEラインで芯の部分を守るイメージですね。なので毛羽立ってきても強力の落ちが少ない。カバーフィッシングの際も8本の外側のPEが弱くなったとしても、芯のPEにダメージはないので破断は防げる。

今キムケンさんがメインで使用されている4号でも70lbの強度があります、バスで切られることは早々ないでしょうね」

通常4号だと50lbくらいですよね、20lb以上も強いなんて!

福元「圧倒的な強度を持たしているのはたとえバスでも妥協をしない我々のこだわりですね。このラインはバス用の開発されたラインではありますが、ピーコックなど海外のビッグゲームでも使われる方も多いんですよ。

また現在大人気のビッグベイトシーバスでも大変好評いただいておりまして、昨年はSNSでも多くの釣果投稿が寄せられました。

あとは関西で大人気のタコ釣りでも使用される方が多いです!深くない場所で釣りをするので、感度と水切れの良さ、そして強度も高いので選択肢的にもかなりありですよね!

バス釣りのパンチングやトップゲーム、またはソルトゲームや海外釣行でも今までにない使い心地を体感できますよ!」

ルアマガ+

ルアマガ+

2021.04.07

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。