CATEGORYカテゴリ

エリアトラウト ヴァルケイン(ValkeIN) 荒川通 スプーン エリアトラウト ヴァルケイン(ValkeIN) 荒川通 スプーン

水質で選ぶエリアトラウト爆釣スプーン7選!【マッディウォーター編】

立川 宏

立川 宏

2020.05.15



釣り具屋さん行くと、エリアトラウトのコーナーに大量に並んでいるスプーン。正直、何がどう違うのかよく分からないですよね。と…いうことで、そんな方々のためにヴァルケイン・プロスタッフの荒川通さんが、コレさえ持っていれば大丈夫! というエリアスプーンを「マッディウォーター編」と「クリアウォーター編」に分けて厳選! もう釣り具屋さんで迷わないぞ!



【Profile】
荒川 通(あらかわ・とおる)

魚種の壁を越えてエリアゲームの魅力を伝授!
ヴァルケイン・プロスタッフ。斬新な発想と攻撃的釣りスタイルで、エリア業界のトップを疾走するスピードスター。奥深い巻きスプーンの世界に傾倒する一方、革新的なボトムプラグの釣りも愛する。エリア業界の若き牽引者。

クリアウォーター編はこちら!

マッディウォーター攻略は波動力が勝負!

人間が見えにくければ、魚にだって見えにくい。視覚が効きにくいマッディウォーターでは、水押しが強い強波動系スプーンが大活躍。ただし、波動と目に見えるスプーンアクションは、必ずしもイコールではないので要注意。

ブルブルと小刻みによく動くスプーンが強波動とは限らない。波動とは、ひと掻きでどれくらいの水を押しのけることができるか? ということ。当然、押しのける水が多く、強いほど強波動になる。

荒川通厳選のマッディウォーターで効くルアー7選! 写真上段左から、ギガバースト2.8g。ハイバースト1.8g。ハイバースト1.4g。 写真中段左から、アストラル2.4g。シャイラ1.8g。 写真下段左から、マークシグマ1.6g。アイスフェイク1.6g(すべてヴァルケイン)。

2タイプのスプーンでその日のトラウトの状況を2方向に分類!

管理釣り場に到着して最初に投げるべきスプーンは、強波動スプーンの代名詞であるギガバースト2.8g。そして次に投げるべきスプーンはアストラル2.4g。

まずはこの2タイプのスプーンを両方投げて、その日のトラウトの状況をリサーチ。どちらのスプーンの反応がいいか? によって、その後使用するスプーンの流れは大きく変わる。

ギガバーストの方が反応が良かった場合!

この場合は最もオーソドックスなマッディウォーターのゲーム展開になる。ギガバーストで釣れるのであれば、ギガバーストでしばらく釣り続ける。

ギガバースト2.8g。●定番色:15色 ●価格:500円(税別)

釣り続けている間に、トラウトがスレてきて、ギガバーストの反応が鈍るか、もしくはアタリはあるが、いまいちフッキングが悪い場合は、次のスプーンへローテーションする。

ギガバースト2.8gからハイバースト1.8gへ!

ギガバースト2.8gの反応が鈍くなってきたら、ハイバースト1.8gの出番。

ハイバースト1.8グラム。■定番色:34色 ■価格:500円(税別)

ハイバースト1.8gはギガバースト同様に、強波動系スプーン。ギガバーストとの一番の違いは巻きスピード。ハイバースト1.8gは、1.8gスプーンの中では、圧倒的なスロー領域まで対応しているスプーンだ。

しかもスローで巻いても強波動なのが特徴。だからこそ、ギガバーストで獲れなくなったトラウトも効果的に攻略できる。

そして、ハイバースト1.8gの動きさえもトラウトが警戒するようになってきたら、次はハイバースト1.4gの出番となる。

ハイバースト1.8gからハイバースト1.4gへ!

ハイバースト1.8gの遺伝子を、色濃く受け継いでいるハイバースト1.4g。そのため1.4gという軽量スプーンにも関わらず、波動はかなり強い。

ハイバースト1.4g。●定番色:34色 ●価格:500円(税別)

視覚が効きにくいマッディウォーターポンドの中で、スピードとシルエットを抑えつつもバランス力に長けたアピール力により、やや気難しくなったトラウトに訴求可能。



ギガバースト2.8gよりもアストラル2.4gの方が反応が良かった場合!

最初のキャストでギガバーストよりも、アストラル2.4gの方が反応が良かった場合。この場合は、先ほど紹介したギガバーストの流れとは、全く違う展開になる。

アストラル2.4g。●定番色:16色 ●価格:500円(税別)

ギガバーストよりも、ややアピール力を抑えた設計のアストラルだが、シルエットは大きく、トータルアピール力は決して弱くない。スプーンに対して、ややセレクティブになってきたトラウトに対しても訴求力があるのが特徴。つまり使えるシチュエーションが広いスプーンといえる。

そんなアストラルが、ギガバーストよりも効いたということは、トラウトがややセレクティブになっている。だからこそ、アストラルの次に投入するスプーンは、ハイアピール系のウォブリング色が強いスプーンではなく、アピールを抑えたローリング色が強いスプーンになる。

アストラル2.4gからシャイラ1.8gへ!

アストラルへの反応が鈍り始めてきたら、次はシャイラ1.8gにローテーションさせる。

シャイラ1.8g。●定番色:26色 ●価格:500円(税別)

シャイラ1.8gは弱すぎず、強すぎずのアピール力を誇る中堅的存在のスプーン。アクションの質はローリング寄り。セレクティブになったトラウトにも警戒心を与えずにアピール可能。

いよいよ最終ローテーションへ!

シャイラ1.8gへの警戒心も強くなってきたら、いよいよ最終ローテーションのスプーンの出番。

最後はマークシグマかアイスフェイクの出番。この2タイプのスプーンはどちらもローアピール系スプーンだが、シルエットが異なる。どちらかのシルエットが効くか? は当日の状況次第。両方試して、効く方を中心に、スレたトラウトを攻略する。

写真上、マークシグマ1.6g。●定番色:30色 ●全長:21.5mm ●価格:500円(税別) 写真下、アイスフェイク1.6g。●定番色:28色 ●価格:500円(税別)

そして、この2つのスプーンが効かなくなってきたら、いよいよプラグの出番なのだが、プラグ編はまた別の機会に!

ヴァルケイン(Valkein)の記事はこちら



エリアトラウト ヴァルケイン(ValkeIN) 荒川通 スプーン
立川 宏

立川 宏

2020.05.15

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。