公式ストア

CATEGORYカテゴリ

公式ストア
シーバス 海釣り オイスターミノー ウグイ将軍 グゥーバー 荻野貴生 ルアーマガジンソルト 東京湾奥 ルアーマガジン・ソルト ウグイ将軍 オイスターミノー グゥーバー シーバス ルアーマガジンソルト ルアーマガジン・ソルト 東京湾奥 海釣り|ソルトフィッシング 荻野貴生

“グゥーバー”荻野貴生率いるオカッパリシーバス隊へ入隊!【”ウグイ将軍”は東京湾奥で生き延びられるか?】

東 "諸葛亮" 孔明

東 "諸葛亮" 孔明

2016.11.18

掲載される雑誌は変われどそのタイトルは生き続ける謎企画「ウグイ将軍」。ルアーマガジンソルトでは、「将軍」と軍師「諸葛亮アズマ」のコンビで毎号波乱(?)を巻き起こす…。

度おなじみの愛と涙の流浪企画『ウグイ将軍GR』。今回の釣りものは“ソルトルアーの王道”シーバス。しかし、将軍一行はシーバスとの相性がことさら悪い。

そこで、プロショップ「グゥーバー」の敏腕店長であり、ノリーズ、デュエルスタッフの荻野貴生さんがガイドを務める、オカッパリシーバス隊への入隊をお願いしたのであった。

東京シティの名店グゥーバーへ行こう

東京都中央区、隅田川にほど近い場所にあるルアータックルのプロショップ「グゥーバー」。シーバスとバスをメインに展開し、メバル方面も充実している。

オカッパリシーバスについて詳しくはこちら↓を参照していただきたい。

オカッパリシーバス隊の決行前に、2人は店内を物色する。「まるで宝探しやな!」と、掘り出し物を見つけては懐かしむ将軍をよそに、荻野カラーのオイスターミノーを購入する筆者。

荻野さんオススメのミノーを手に入れてもはや釣ったも同然の表情をしているが、このとき自分のキャスト能力の低さを私は忘れていた。 

ハードボイルドに釣れ!!オカッパリシーバス隊 〜デイゲーム編〜

荻野隊長の教えその1

“釣る前にルアーのトゥルーチューンを必ず行うべし!!”

荻野「釣り場に着いて、早速ルアーを投入!! ・・・の前に、必ずやってほしいことがあります。それは、ルアーの”トゥルーチューン”

今回は、ミノーをメインに使っていきますが、まず試しに沖にルアーを投げて、速巻きしてみてください。ルアーが左右に曲がって泳いだりしていませんか?

そんなときは、ペンチなどを使ってルアーのアイ部分を曲げ、ルアーがまっすぐ泳いでくれるようになるまで微調整していきましょう。ルアーが左に泳ぐ場合はアイを右に曲げ、逆に右に泳ぐ場合はアイを左に曲げると修正できます。

これをやっておくと、思い通りのレンジ、トレースコースを泳いでくれるので、釣果アップに繋がりますよ!」

 

荻野隊長の教えその2

タフな状況下ではキャストして巻こう!!テクトロはNGだ!

広範囲にシーバスを探すという状況下において、ついついやってしまいたくなるのがテクトロ。ルアーを水中に入れ、一定のラインを出す。そして、そのままテクテクテク…歩きながらトローリングをするテクニックの一つだ。

荻野「しかし、タフな状況下においては、不自然な動きを与えやすいテクトロはシーバスに多大なプレッシャーを与えてしまい釣り場を荒らしてしまうことになります。

バイトが遠いタフな状況のときこそ、狙い通りのスポットにルアーを撃ち、トレースするという丁寧な釣りを心がけましょう」

 

そして、見事シーバスをキャッチ!!

秋の良いシーズンなのにもかかわらず、当日の状況は激シブ・・・。シーバスの魚影は確認できるが喰わない。

荻野「魚影を確認できるくらい、珍しく潮が澄んでますね。濁りが入っていないとキツイんですが(笑)」

まさに、取材あるあるである。だけど、そんな状況下でも荻野さんだけはしっかりとシーバスをキャッチした。さすがは隊長。何が釣果を分けたのだろうか。

荻野「潮の流れが淀んでいるエリアで釣りました。目一杯投げ、速巻きして潜行可能最深レンジまで潜らせた後、2回ジャーク。また巻いて、2回ジャーク。その繰り返しでシーバスにスイッチを入れてリアクションで喰わせました。それにしても、オイスターミノー・・・やっぱ釣れるね!(笑)」

 

ハードボイルドに釣れ!!オカッパリシーバス隊 〜ナイトゲーム編〜

11月にもなると、日が暮れるのは早い。そして、今度は秋の夜長。オカッパリシーバス隊の男たちはナイトゲームに向けてポイントを移動。干潮からの上潮。この日は大潮ということもあって潮の流れが早い。時合いは短いが、爆発する可能性は高い。

文字通り「明暗」が「釣果の明暗」を分ける…

荻野「橋脚の明暗を撃ちます。適当なトレースコースを引いてはまず釣れません。暗い中、的確なスポットにルアーを落とし、明暗のドンピシャなトレースコースを引けた人がシーバスを手にすることができます」

さあ、男たちの腕が試されるときが来た。そして、荻野さんが言った通り、釣果に明暗が分かれたのであった!!

この記事の詳しい取材内容はルアーマガジン・ソルト本誌にて掲載するので、ぜひ本誌を一読いただきたい。


[釣りPLUS]>> HOME


ウグイ将軍 オイスターミノー グゥーバー シーバス ルアーマガジンソルト ルアーマガジン・ソルト 東京湾奥 海釣り|ソルトフィッシング 荻野貴生
東 "諸葛亮" 孔明

東 "諸葛亮" 孔明

2016.11.18

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。