公式ストア

CATEGORYカテゴリ

公式ストア
バス釣り ルアマガメンバーズ 三川ダム 八田原ダム フリックシェイク ルアマガprimeスペシャル釣行 秦拓馬 マイケルP ルアマガprime バス釣り(ブラックバス) フリックシェイク マイケルP ルアマガprime ルアマガprimeスペシャル釣行 ルアマガメンバーズ 三川ダム 八田原ダム 秦拓馬

【あの秦拓馬さんと一緒に釣り!】ルアマガメンバーズ・スペシャル釣行企画 in 広島県【当選おめでとうございます】

野村 "マイケル" 英之

野村 "マイケル" 英之

2019.08.02

人気ルアーのオリカラ限定販売など、ルアーマガジンの年間購読者『ルアマガメンバーズ』を対象とした特典は色々とあって、そのひとつが人気アングラーとの1日釣行券だ。今回はご存知、各方面で超人気の秦拓馬さん。Youtubeでは見られない、ルアマガプラスだけのスペシャル記事をお届けします。

「秦さんがどう釣るかを見てみたい」これが当選者のリクエスト

広島県在住の臂さんが今回の当選者。

秦さんと一緒に釣りをする際、何かご希望はありますか? と事前に聞いたところ、「自分がよく行く釣り場で、秦さんがどうやって釣るかを見せてほしいです」と。

というわけで目的地は臂さんのホームグラウンド、三川ダムと八田原ダムに決定した。

釣行前夜は福山駅前のホテルに宿泊。チェックイン時に山盛りもらいました。なかなかのおもてなし(笑)。

当日は5時に府中市のコンビニで待ち合わせ。

「おはようございます、秦です!」
「初めまして、臂です!」と挨拶をかわし、いざ八田原ダムへ。

だが日曜日ということもあって、駐車スペースはどこも満杯。広島や岡山ナンバーはもちろん、山口や北九州ナンバーのクルマも……。「でかいの釣れるから、最近は地元ナンバー以外も多いです」とは臂さん。というわけで三川ダムへ。

三川ダムのバックウォーターに到着。少し前に大雨が降って、満水になったという。「2週間ぐらい前に来た時と全然違いますね~」とは秦さん。

朝から曇り気味ということもあってか、時折ボイルが起こる。秦さんはライザーベイトをキャスト。ロッドを立てて表層を泳がせていると、ルアーが時折水面に飛び出す。

「この動きでバスのスイッチが入るんですよ」

その言葉どおりキャストした周辺でボイルする。「でも食ってきませんね」と、フリックシェイクが結ばれたロッドに持ち替えた。

「立ち位置やキャストするコース、アクションの付け方とかすごく勉強になります」と、秦さんの釣りを食い入るように見つめる臂さん。

見えバスの泳ぐ先を予測してキャスト。リグはノーシンカーワッキー。バスの鼻先をリグが通過した直後、ロッドが大きく曲がった。

やや小さめだが、1尾目をキャッチ。「さすが秦さんですね!」臂さんも笑顔でツーショット。

「せっかく僕の釣りを見てもらってるんで、でかいの釣らなアカンですよね」と秦さん。50cmオーバーが悠々と泳いでいるのが見えるが、なかなか口を使わない。だが小型は簡単に口を使うようで、フリックシェイクのノーシンカーワッキーで秦さんは連発させていた。

現場で知り合った超地元ちびっ子アングラー、こうちゃん(6歳)。「ぼくもブラックバス釣ったことあるよ!」

三川ダムのバックウォーターで釣りを始めてから、3時間以上が経過した。

「これは粘りすぎですね…。とはいえ八田原は入るとこなかったし…」と秦さん。

すると突然、グッドサイズ数尾が激しくボイル。水面が大きく渦を巻いた。即座に秦さんはその方向にキャスト。直後、でかバスとのファイトが始まった!

「めっちゃ引きますわー!」下流に向かってラインがジリジリと引き出されていく。無理はできない。

強烈な引きに耐えながら、秦さんはバスとの距離を詰めていく。ロッドのトルクを利用して、バスを浅瀬に誘導。右手でガッチリとアゴをつかんで、ランディングに成功した。

遠くから見てもかなりのサイズ。「よっしゃ! 50はあるんちゃいますか?」。

見事な体型の50cmジャスト。

「1尾でボイルしても食わなかったけど、複数だと食ってきました。ラッキーでしたね」。

「さすがです!」臂さんも大喜びだった。

フリックシェイク4.8インチのノーシンカーワッキー。秦さんが15年以上前に生み出した、今なお釣れ続けている名作。

「臂さんも一緒に釣りしましょう!」これが秦さんのリクエスト

午後になると場所移動する人も多いということで、三川ダムから八田原ダムへ移動。

相変わらずバックウォーターは人気だったが空きスペースを見つけて、2人並んで釣りを開始した。

「雑誌や動画に出ている秦さんと一緒に釣りができて、すごく嬉しいです」と臂さん。確かにこんな機会、めったにないですよね。

色んな質問をしながら、キャストを繰り返す臂さん。「自分の質問に、秦さんはひとつひとつ分かりやすく答えてくれました」。

「インチワッキーを使う時は、手首をこんな感じで上下させてください」と、秦さんがレクチャーしていると臂さんにヒット。小さめだが記念すべき1尾目だ。

1尾釣った後に、秦さんがアドバイス。

「ワームにフックを半分ぐらい刺したら、そこから直角にフックポイントを出します。これがV字刺しです。こうすると、インチワッキーで使ってもワームがズレにくいです」

さすがフリックシェイクの生みの親、秦さん。

V字刺しを目の前で実演。「今日は臂さんの日なので、何でも聞いてください!」と秦さんもノリノリ。

小さいながら秦さんも連発。ウォブリング3in(ジャッカル)にブレディ(ザップ)の組み合わせ。

「いわゆる秘密のリグです。相変わらず釣れてますわー」

「秘密のリグ」は、キャストして一定スピードで巻いてくるだけ。ブレードのきらめきとテールの動きでバスを狂わせる。

臂さんにも1尾追加。「めっちゃ映えますねー」と秦さんがスマホで撮影。2人とも普通に釣りをしてる感じがすごく楽しそうでした。

というわけで今回のスペシャル釣行も無事終了。秦さん、臂さん、本当にありがとうございました!

この日のようすは臂さんのブログでも紹介。下のリンクをチェックしてみてください。

動画観放題&陸王オープンにも参加できるルアマガプライムもお忘れなく!

定期購読のルアマガメンバーズからも乗り換え可能な新サービス「ルアマガプライム」。こちらも特典山盛りなのでぜひチェックしてみてください。

夢がかなう! アングラー同行釣行やってます!

バス釣り(ブラックバス) フリックシェイク マイケルP ルアマガprime ルアマガprimeスペシャル釣行 ルアマガメンバーズ 三川ダム 八田原ダム 秦拓馬
野村 "マイケル" 英之

野村 "マイケル" 英之

2019.08.02

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。