公式ストア

CATEGORYカテゴリ

公式ストア
バス釣り メガバス(Megabass) ワンテンX プロップダーター80 ポップX ポップマックス 干支ルアー Zクランク ルアー bassfishing プロップダーター80 ポップマックス ポップX メガバス ルアー ワンテンX 干支ルアー Zクランク

【ワンテンXのスペシャルカラーも!】メガバス “Into the X” 第7弾【毎月届く限定アイテム】

福重 智宏

福重 智宏

2017.11.16

ルアマガ編集部内で「メガバスマニア」呼ばわりされている福重が自腹で購入した「Into the X Anniv. STAGE」(メガバス) の中身を毎回リポートするのがこの企画。本来、購入者しか知り得ないプレミアムルアー&アイテムの内容を、個人的な趣味丸出しで暴露!!

メガバス30周年記念アイテムにまみれる1年間の記録-その7

改めて紹介しておくと、「Into the X」とは、メガバスが提案する新しいルアー購入の形。一度申し込めば、毎月8300円の支払いで、激レアカラーや季節感のあるルアー、限定アパレルなどが定期的に自宅に届く、新時代のサービスだ。

遂に3シーズン目となるInto the X…。加えてメガバスが創立30周年期間と重なる今回は、Anniv. STAGEと銘打って、これまで以上に豪華なアイテムが届く模様。

今回は、そのAnniv.STAGEの第7回の内容を紹介しよう!!

以上テンプレ(笑)

いよいよ折り返しの第7回目!!

全12回を予定しているAnniv.STAGEもいよいよ折り返し!!
今回届いたのはこちらの銀箱。

ちょっと膨らんでいる・・・

中身を見てみると、驚きの内容が待っていた!!

左から、Zクランクディープダイバー/ポップX(干支カラー)/プロップダーターX80/ポップマックス(干支カラー)/ワンテンX。

何と! 最近発売されたばかりのワンテンXが入っているではないか!!

これは何とも驚き…!!

落ち着いてそれぞれを紹介して行こう。

ポップX&ポップマックス/未年カラー

今や毎年の定番となっているポップXの干支カラー。Anniv STAGE.では、これまでに施されてきた数々の干支カラーを限定復刻!! 加えて、ポップマックスも同じ干支のカラーで登場だ。

今回は未年!!

まずはポップMAX。

ファーフィニッシュで未の毛並みを再現したこのカラーは、2003年の干支カラーが元ネタ。
これまで届けれてきたInto the Xの干支カラーポップマックスは、過去に登場したポップXの干支カラーが元になっていたのに対し、コイツに関しては、そのまんまポップMAXからのリファイン。

角の色は2003年(ゴールド系)とは違いこげ茶色

ファーフィニッシュとなっているのはお腹と顔以外と言う点も2003年同様で、羊の毛の生え方をリアルに再現しているのだ。

続いてはポップX

白い毛に黒い顔の品種”サフォーク”がモチーフのカラー。
塗装的には白ベースに顔周りが黒のシンプルなカラーだ。

顔の周りの白色がフワフワの毛を表現した塗り方になっているのが愛くるしい。

プロップダーターX80/婚姻アユ

他に類を見ない、圧倒的な塗装技術で知られるメガバス。Anniv. STAGEでは数多の美しい色の中から選りすぐりのカラーをリメイクし、最も似つかわしいルアーに施して毎月登場するのだ。

今回は、プロップダーターX80の婚姻アユ

メガバスが誇る名作ミノーの筆頭”X80”。

数ある派生系の中でも2番目に登場したのがこのルアー。ただ巻き、ロッドワーク、何でもござれのトップウォーターミノーだ。

ちなみ当初の名前は”プロップダーター80”だったのだが、現在はコチラの名前になっている。

カラーのモチーフはその名の通り、婚姻色が出たアユ。ウグイの様な赤いラインが特徴的な色である。ポイントはパール系の塗料を薄く塗り重ねて再現された色であるということ。

実はこのカラー、ボディ内部にはネオンコア(反射板)が内蔵されており、薄く塗られた塗料から透過する光によって、何とも言えない奥行きのあるきらめきを放つのだ。

顔周りは立体感とヌメリ感を強く感じさせる美しい配色。X80は顔の大きさと体の大きさのバランスが良いため、実に生物的な存在感だ。

Zクランク/メガバスキンクロ

1987年にメガバスから登場したハンドメイドクランクベイト”Zクランク”が限定復刻!!

今回届いたのはこちら。

ルアーの基本カラーとも言えるキンクロをメガバス的に表現したのがこの”メガバスキンクロ”。

深みのあるゴールドをベースに背中を黒全体にはまばらにシルバーのフレークが散りばめられており、サイドにはクリアレッドでチークが吹きつけられている。

しれっと紹介したのだが、実は今回(第7回)からこの枠で届くルアーがマジカルZシャローランナーから変更されている。これらも比較してみよう。

そもそも、ZクランクとマジカルZの違いは塗装の違いのみ。元々はZクランクのフルラメカラーが”マジカルZ”として販売されていたのだが、1990年以降はZクランクのマジカルカラーとして流通するようになったのだ。

そんなわけなので、前回までと今回のZクランクで最も違うのはリップ。

上:Zクランク 下:マジカルZ
左:マジカルZ 右:Zクランク

先にも紹介した通り、今回からはディープランナーモデル。そのため、リップは長くなり、幅が狭いものになっているのだ。ちなみにZクランクは1987年のデビュー当時から、同一ボディのリップ違いモデル(3種)をリリースしていたというから驚きだ。

ちなみにパッケージも今回から変更されている。

紙の台座にブリスターパッケージが張りつけられており、1990年以降に発売されていたものを復刻したデザインなのだ。これは飾りたい…。

中に入っているステッカーも、水色に変更。
ちなみに初代Into the Xでは、このパッケージのデザインをあしらったTシャツが入っていたぞ。

ワンテンX/さび鮎

【スペシャルアイテム】
限定アパレルや最新ルアーのスペシャルカラーなど様々なアイテムが届く枠。

今回届いたのはこちら。

豪華な箱に入っている。そうワンテンX!!

数量限定で生産され、瞬く間に入手困難アイテムとなってしまったワンテンXがInto the X Anniv.STAGEに早くも登場だ。

このルアーに関するインプレッションは↓をみて頂くとして・・・

今回届いたのはスペシャルなカラー!!

その名もさび鮎

産卵期を迎え、海へと下っていくアユ、すなわち落ち鮎の風流な呼び名がさび鮎だ。

濃く色づいた鮎のカラーは、いかついワンテンXの顔つきとベストマッチ!

また、LBOⅡの可動域にそってクリアカラーとなっている点に、メガバスらしい遊び心を感じる。

背中は通常のワンテンXとは異なり、ウッド調では無いノーマルなカラーが採用されていた。

終わりに

いよいよ後半戦を迎えたInto the X Anniv.Stageの7回目の紹介は以上。

今回の目玉は何と言ってもワンテンXだろう。

何せ最新中の最新! しかも数量限定生産だったアイテムなのだ。まさかワンテンXを二つ手にする事になるとは…。

また、ディープランナーモデルとなったZクランク!パッケージデザインも変わり、かなり新鮮な印象を受けた。いつかはシャローランナーモデルとあわせてスイムテストなんかもしてみたいなぁ…。

次回のInto the X 第8弾もお楽しみに!!

[釣りPLUS]関連記事


[釣りPLUS]>> HOME


bassfishing プロップダーター80 ポップマックス ポップX メガバス ルアー ワンテンX 干支ルアー Zクランク
福重 智宏

福重 智宏

2017.11.16

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。