CATEGORYカテゴリ

バス釣り 2020新製品 ピュア・フィッシング・ジャパン(PURE_FISHING_JAPAN) ピュア・フィッシング・ジャパン(ブラックバス) AbuGarcia(アブ・ガルシア) レボMGXシータ バス釣り(ブラックバス) 2020新製品 ピュア・フィッシング・ジャパン(PURE_FISHING_JAPAN) AbuGarcia(アブ・ガルシア) ピュア・フィッシング・ジャパン(ブラックバス) レボMGXシータ

【2020新作スピニングリール】2020年1月デビュー! 発売前に使ってみたぞ!! ルアマガ史上最速レビュー『レボMGXシータ2500SH』[アブ・ガルシア]

ルアーマガジン

ルアーマガジン

2020.01.03



Abu Garcia(アブ・ガルシア)のスピニングリールに対するアングラーの固定観念を根底から覆した『レボMGX』が装いも新たに第二世代へと生まれ変わる。新型MGX『シータ』は、いったいどこまでパワーアップしているのか?

進化ポイントはフリクションフリーとボディ一体化

レボMGXが、最新のテクノロジーをプラスしてリニューアル!

まずは新機構「フリクションフリー」によって、前後にスライドするメインシャフトと、ローターを回すピニオンギアとの接触摩擦をなくし、巻き上げがさらに軽快に。そしてワンピースフェザーメタルボディによってボディを一体化し、軸心のブレを徹底的に低減している。

目指すは極限の使用感。はたしてテストモデルの『レボMGXシータ2500SH』からそのコンセプトは伝わってくるのだろうか?

チェックPOINT①外観デザイン/強さは美しさなのだと知らしめるデザイン

ハンドル接合部や、平織カーボンの模様に頑強な印象を受ける半面、ローターのメタリックレッドやスプールデザインには北欧のエレガントさを感じる。

決して規律を乱さずに作戦を遂行する、冷徹にして屈強な北欧の戦士というイメージ。日本にはないデザインだ。

『レボMGXシータ2500SH』SPEC●ギア比:6.2 ●最大ドラグ力:5.2kg ●自重:180g ●ナイロン・フロロ糸巻量:6Lb-100m ●最大巻上長:87cm/ 1回転 ●ボール/ローラーベラリング数:10/1 ●価格:36,500円(税抜き)

チェックPOINT②回転・巻き心地/雑味なしの回転は吟醸酒のようなクリア感

ハンドル回転も非常に軽く、全てがスムースに回る。透明感のあるリーリングで雑味をまったく感じない。

これが新機構“フリクションフリー”の実力なのか!

オシレーションによる回転ムラが生じていない。カーボンハンドルの影響なのか、左右のブレも感じなかった。

チェックPOINT③ドラグ/クオリティーは高く。さらに設定変更が可能

回転は乾いたカリカリ系だったが、ドラグはねちっこい。滑り出しのレスポンスがよく、負荷が安定している。ドラグの効きムラがない。

しかも、ドラグワッシャーの組み替え順を変えると、ライトおよびタフの2つの設定を使い分けられる「2ウェイドラグ」なのだ。

チェックPOINT④糸ヨレ/俺の使っている範囲ではライントラブルなし

ロケットラインマネジメントシステムがスムースにラインを放出。ラインがまとめてドバッと出ることは構造上起こりにくい。そして、巻き上げた際の糸ヨレも感じず、ライントラブルはなかった。

実は開いたベールもラインの暴れを防いでスムースな放出を助けている。

チェックPOINT⑤キャストフィール/すがすがしいキャスティングを楽しめる

まずキャスト前のパチンと返るベールの動き。このしっかり感に目がパチンと覚める。オイルライターのふたを開け閉めする、あの快感がある。

リールが軽いので振り抜きもいいし、ロケットスプールリップのライン放出も良好で、よく飛ぶ。

一投一投がすがすがしい!

チェックPOINT⑥総合的使用感/ちょっとほめすぎだけど、事実なのだ

正直、ほめすぎてしまったかなと思うインプレだけど、これは事実だから仕方ない。本当に欠点が見当たらない、優秀なリールだと思う。

デザインに個性もあるし、所有する喜びも感じるだろう。アブのスピニングの進化スピードには驚くほかないね。いいリールだ。

このリールの第一印象は「軽い」。スペック上の180グラム以上に軽く感じられる。この軽さが全てにつながっている。

チェックPOINT⑦価格/発売は2020年1月の予定。店頭は3万円くらい?

2020年1月発売予定なので、市場の実勢価格はまだ不明。MGXと定価はそれほど変わらないので、割引率を考えると3万円前後で売られると思う。

決して安い値段ではないけど、価格以上の性能はある。MGXユーザーは発売が待ち遠しいはずだ。

MGXも好きだったけど、このリールはさらに性能が上がってる。アブのスピニングは、ここ数年で激変したね!

この記事が掲載されているルアーマガジンはこちら!


関連記事はこちら!



バス釣り(ブラックバス) 2020新製品 ピュア・フィッシング・ジャパン(PURE_FISHING_JAPAN) AbuGarcia(アブ・ガルシア) ピュア・フィッシング・ジャパン(ブラックバス) レボMGXシータ
ルアーマガジン

ルアーマガジン

2020.01.03

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。