公式ストア

CATEGORYカテゴリ

公式ストア
ルアマガ+のフィッシングショー 2021新製品 バス釣り イマカツ(Imakatsu) イマカツ(インタビュー) イマカツ(ルアー) ワカサギマジックスプーン 今江克隆 2021ルアー 2021ルアー 2021新製品 イマカツ(Imakatsu) イマカツ(インタビュー) イマカツ(ルアー) バス釣り(ブラックバス) ルアマガ+のフィッシングショー ワカサギマジックスプーン 今江克隆

イマカツ新製品『ワカサギマジックスプーン』はあの大人気エリアトラウト用スプーンに着想を得た!?【ルアマガ+のフィッシングショー2021】

ルアマガ+

ルアマガ+

2021.02.04

バス釣りメーカー、イマカツが初めて着手する「スプーン」というルアージャンル。着想を得たのはエリアトラウト用の「とある」ルアーだったが、この2つの釣りの違いに開発は難航した。長年の釣獲理論の研究の末、ついに今江克隆さんがたどり着いた答えこそ、フォール速度をアングラーが自由に決められるこの『ワカサギマジックスプーン』だ。



『ワカサギマジックスプーン』を紹介してくれるのは『今江克隆』さん!

【Profile】
今江克隆(いまえ・かつたか)
JBトップ50メンバー。競技生活30年を超え、いまなお進化を続ける、日本のバスフィッシングトーナメントを体現するレジェンドアングラー。同世代の誰よりも現場に立ち、釣れるルアー、釣れるアイテム、釣るためのヒントの探求に余念がない。愛称でもあるイマカツは、自らの理想を形にするブランド名にもなっている。

ワカサギマジックスプーンのキーワードはセンターバランス!

参考にしたのはエリアトラウト用『ぐるぐるX(Xルアー工房)』

スプーンはいままでイマカツブランドでも着手してこなかったジャンルですが、どんなルアーですか?

今江「たしかJBの芦ノ湖戦からだからもう何年だろ。水深数メートルにいる見えバスをワーム禁止のなかでどう獲ろうってなって、ローカルに聞いたらでてきたのが『ぐるぐるX(Xルアー工房)』だった。トラウト用のスプーンやけど、あれ使って衝撃を受けたな。笑うで、動きが。それをビッグスプーンでできないかって発想から始まって、やっとできたのが『ワカサギマジックスプーン』って感じだね」

ワカサギマジックスプーン(イマカツ)

今江「参考にしたぐるぐるXって、厚さ1mmのただのテッパン。でも、あの左右均等の形状でセンターバランスだからこの動きがでるねん。普通のスプーンって絶対どっちかに太さがあるやん。でも左右対称。それが絶対的に大事で、ワカサギマジックスプーンもそう。すべてはセンターバランスや。フックを外して指に乗っけたら真ん中でバランスが取れる」

ぐるぐるX/ネイティブ(Xルアー工房)
https://www.youtube.com/watch?v=EKKPqTdmpqc

苦心したのはバス釣りとエリアトラウトの「レンジの違い」

今江「でもな、片方にでっかい#1/0ないし#1のトリプルフックとスプリットリングが着くわけや。当然着いたほうが重くなってバランスが崩れる。じゃあぐるぐるXを単純に大きくしてもフォールが遅すぎてディープは攻められなかった。浅いところで使う管理釣り場のマスだとそれでええんやけど」

水平姿勢でジグザグにロールしながらスローに落ちる『ぐるぐるX』。それはこのルアーが「釣れる」要因のひとつだが、しかしディープに沈めるにはスロー過ぎる。

今江さんが目指したのは、いわば「ディープに落とせる」ぐるぐるXだった。

今江「まずはセンターバランスにして、リアにフックが付くとバランスが崩れるやんか。ところがそれによってリアに重さがくるとフォール中にルアーが立つやろ。立つとシュルンと落ちる。センターバランスでも、片方はスプーンと同じアール、もう片方は少しだけ反ってフラットになってる」

真上から見ると左右対称(シンメトリー)だが、片方はアールがつき、もう片方はフラットと形状は異なっている。

今江「そうすると、フォール中にアール側はスッと水が抜けて、フラットのほうは水がパーンて当たるからルアーが立つんだよね。だから垂直になってストンと落ちてくれる。そのときはラインをちょっと張って立たせるようにするんだけど、そこでパッとテンションを抜くと、今度はそのスプーンのアールのところがツルンと水のなかに滑って倒れ込む。

それでなにが起こるかというと、フックを背負う。つまりフックがアールの部分に畳み込まれるねん。フォールしてるときに針がスプーンに乗っかるんやな。するとどうなるか、ほぼつり合うねん。つり合ってぐるぐるXみたいに水平になってジグザグに落ちる。これがワカサギマジックスプーンの秘密や。ラインテンションを入れる入れないで姿勢を意図して変えることができる」

センターバランスが生んだ、フォールを使い分けられるリバーシブル構造

今江「そこでもうひとひねりがあったのが、センターバランスだからフックを入れ替えて使える。通常はアール側なんだけど、フラット側に付けると、水抜けが悪いところにフックが付くから抵抗になってつり合う。これだとフックは背負わなくてもつり合うのね。そうするとぐるぐるXみたいにきれいな姿勢でジグザグでフォールしていく」

フラットな側にフックをセットした逆付け。この状態ではジグザグとロールしながら水平フォールを見せる。

今江「アール側だとどこに行くのか分からない、魔球みたいにな。逆付けにすればきれいな姿勢でジグザグにフォールする。けど遅いから4mくらいまでなら逆付け、8mとか10mを狙うなら順付けと、付け方で使い分けられるスプーンってことだね。

これは言葉で説明するよりも実際のインスタの動画と今月のルアマガにも書いてるよ。記事も読んだら深く理解できるけど、イメージがパッて入ってくるのは水中動画やけどな。よく見たら針が背負ってるのも分かる」

ワカサギマジックスプーンの動きをインスタでチェック!

今江「言ってみれば、ワカサギマジックスプーンってメタルジグとスプーンのハイブリッドやな。リバーシブルにすることで浅いところでも使える。メタルジグっぽく使いたければ順付けでいいし、浅いところでぐるぐるXみたいに使いたかったら逆付けにすればいい。これも研究のたまものやな。まぁいろいろやってみて分かっただけなんだけど(笑)」

【スペック】
●全長:123mm
●重量:40g(フック込み)
●カラー:未定
●発売時期:未定
●価格:未定

イマカツの2021年新製品をもっと見る!



2021ルアー 2021新製品 イマカツ(Imakatsu) イマカツ(インタビュー) イマカツ(ルアー) バス釣り(ブラックバス) ルアマガ+のフィッシングショー ワカサギマジックスプーン 今江克隆
ルアマガ+

ルアマガ+

2021.02.04

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。