CATEGORYカテゴリ

ルアマガ+のフィッシングショー 2021新製品 バス釣り メガバス(Megabass) メガバス(ルアー) 2021ルアー ワンテン 2021ルアー 2021新製品 バス釣り(ブラックバス) メガバス(Megabass) メガバス(ルアー) ルアマガ+のフィッシングショー ワンテン

メガバスの『ワンテン』に新モデルが追加! 中層のブラックバスにアピールするキレッキレダート!『ワンテン+1 Jr.』【ルアマガ+のフィッシングショー2021】

ルアマガ+

ルアマガ+

2021.02.03



キング・オブ・ジャークベイトとして、アメリカでも確固たる地位を築いているメガバスのジャークベイト・ワンテン。これまでにも多くの派生系が誕生してきましたが、2021年にも新たなワンテンファミリーが仲間入りします! その名も『ワンテン+1 Jr.』。そう来たか…! と思ったあなた! 鋭い!



ワンテン+1 Jr.(ITOエンジニアリング)

【スペック】
●全長:98mm
●重さ:3/8oz
●タイプ:サスペンド

アメリカのブラックバス釣りシーンにて初登場を果たして大活躍。そしてもちろん日本にも上陸し、今やジャークベイトのグローバル・スタンダードとなっている『ヴィジョン ワンテン』。

すでに多くの派生型モデルが出ているルアーだが、多くのアングラーからの要望に応えたメガバスは2021年、ITOエンジニアリングから新たなワンテンをリリース!

それはオリジナルよりも潜る『+1』かつ一回り小さくなったダウンサイジングの『Jr.』の名を冠する。

オリジナル顔負けのダートアクションでより深いレンジを舞い、寄せた魚に躊躇なく口を使わせられるジャークベイト。

つまり、『ワンテン+1 Jr.』なのだ。

実は難しい中層ダートを実現したコンパクトボディ

小さくして潜るようになった。

文字にしてしまえば単純なことではあるのだが、現実はそうでもない。

ルアーは潜るほどに水圧がかかり、動きは緩慢に、そしてダルくなっていく。

また、水の抵抗が減り質量も減少するサイズダウンもそのままではダート距離を抑制する方向に働いてしまう。

つまり、『ワンテン+1 Jr.』はこれらの難点を克服するべくデザインされているのだ。

ボディ

オリジナルモデルよりも小柄なボディでありながら、しっかりとダートさせられるワンテンJr.のボディをベースに採用。

ベリーは横アイ仕様でフックの挙動すらもダートアクションに利用する設計だ。

リップ

ボディと接続するギリギリまで幅広形状でデザインされたリップ。

水をしっかりと掴むことで、ロッドワークに応じて初動からしっかりとダートアクションを披露する原動力となる。

サイズ感

ワンテン+1 Jr.(上)とワンテン+1(下)

オリジナルサイズの+1(110.5mm)との比較。

リップ、ボディサイズ共に一回り小さくなっているのがわかる。

ワンテン+1 Jr.(上)とワンテン Jr.(下)

オリジナルのワンテンJr.との比較。

ボディサイズはほぼ同様だが、当然、リップの形状が異り、それに併せて顔の形状にも若干の変更がある。

また、前側のウェイトの位置が少しだけ後方にずれており、フックアイの位置も少しだけ後ろに下がっている。

伊東由樹が語る『ワンテン+1 Jr.』

伊東「ワンテンといえば、国内はおろか海外でも定番ジャークベイトです。このモデルは、アメリカではすでに発売されており、現地では早くもトップアングラーのシークレットルアーになっている。その注目モデルがついに国内で発売を開始します」

伊東「では、オリジナルと何が違うのか。それは水深2.3mのレンジでロングダートさせられること。水中は強い水圧がかかるため、水深が下がるほどダート幅は小さくなる。しかしこのモデルは、ワンテン特有の強烈ダートを、深い水深でも繰り出せるんです」



メガバスの新製品情報をもっとみる



2021ルアー 2021新製品 バス釣り(ブラックバス) メガバス(Megabass) メガバス(ルアー) ルアマガ+のフィッシングショー ワンテン
ルアマガ+

ルアマガ+

2021.02.03

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。