CATEGORYカテゴリ

ルアマガ+のフィッシングショー 2021新製品 バス釣り リューギ(RYUGI) リューギ(インタビュー) リューギ(釣り具全般) ピアスクアッド 2021釣り具全般 木村建太(キムケン) フック 2021新製品 2021釣り具全般 バス釣り(ブラックバス) ピアスクアッド フック リューギ(RYUGI) リューギ(インタビュー) リューギ(釣り具全般) ルアマガ+のフィッシングショー 木村建太(キムケン)

リューギ2021年新製品『ピアスクアッド』は極上のフッキングを実現するキムケン渾身の「4本鉤」!【ルアマガ+のフィッシングショー】

ルアマガ+

ルアマガ+

2021.01.26



イヴォーク+ピアストレブルでハードルアーにおけるトレブルフックの重要性を世のアングラーに説いたキムケン+リューギの名コンビが再び放つ衝撃の新機軸フック。触れれば掛かる4本針が満を持して登場!



『ピアスクアッド』を紹介してくれるのは『木村建太』さん!

【Profile】
木村建太(きむら・けんた)
キムケンの愛称で知られる人気アングラー。歯に衣着せぬ物言いと有言実行の釣獲力で熱狂的なフォロワーを生んでいる。2020年、B.A.S.S.バスマスターセントラルオープン年間3位で悲願のエリートシリーズに昇格。巻き物を中心としたパワースタイルはもちろん、フィネスやオカッパリもこなす器用さは、陸王戴冠が証明している。

マッチルアーでは極上の掛かりを体験できる究極の特化型フック

パッと見、普通のトリプルフックで、間違い探しのようですが、よく見て理解できると驚きです。これはどういったアイテムですか?

木村「要はフックポイントが4つの4本針で、確実に魚の口に立てるための構造です。トリプルフックは物理的に2本(ダブルフック)よりは掛かる確率は高いですけど、3本なんで浅く拾うケースもあるし、そもそも(魚の口を)かわしてしまうこともある。それで障害物をかわす利点もありますけど、じゃあ逆に回避する必要がないシチューエーションで、わざわざトレブルにこだわる必要があるのかと。

特にビッグベイトやトップウォーターに出るアタリって、往々にしてクオリティバイトじゃないんですか。逃したらへこむアタリなんで、掛けることにウエイトが置けるのであればそうしたいなと、イヴォークゼロを開発しながら思ってですよ。ゼロで出る一発って絶対にクオリティが高いんで、その一発をミスせずに打率を上げられるんであれば圧倒的なアドバンテージを得られるはずなんで」

ルアーに影響を与えず、バラシを減少させるスピンアイ

アイが回転する構造(スピンアイ)を採用したとのことですが。

木村「4本針があってボディにピタッと針がタッチしてるのであれば、ボディ側の2本じゃない残りの2本が機能するんやけど、ボディ側の2本を殺すのがもったいないのがひとつ。4本均等に掛けたい。それとルアーに水圧がかかってもルアーだけが回るので、バラしのリスクが大幅に下がられる。特にビッグベイトとかトップウォーターとか魚が掛かってからの抵抗が強いルアーであるほどフックが回転することで穴が広がることが少なくなります。結果魚に優しいと。

アメリカのスイムベイトとかだとスイベルのアイが内蔵されてるルアーもあるんですけど、ボディ側にその機構を入れ込むと低重心化を妨げるリスクもある。イヴォークゼロもボディにスイベルを埋め込むとムダなスペースが生れるんで、要は導入できるルアーが限られてデメリットになるんですよ。

だったら針を回したらええんやと。それをできるかと(リューギに)聞いたらできるって返事だったんでスピンアイシステムができました。それと、基本的に個々で針を交換してくれって言うのは嫌なんですよ。針がダメって言ってるようなもんなんで。

ただ4本にしてトレブルと同じ線径だとどうしても重くなってしまうのと、2本の針先が魚の口の中に立つ可能性が劇的に高くなるので、1本あたりの貫通力を高くする必要があったんです。なので各番手で、ひと回り細い線径を採用してます。でもトータルの強度は2本入れば当然上がるんで。あくまで確率論でしかないですけど」

できるかと聞いたらできるとやり取りがあったそうですが、スムーズに開発はできたんですか?

木村「イヴォークでピアストレブルをやって、ある程度決まってるところが多かったんで、それを応用すればって。もう7~8年くらい前になるけどピアストレブルにはまったく不満がないので。あとは重さとか刺さりを調整していけばいいだけでしたね。使い道としてはトップウォーターとビッグベイトが2本柱かなと。逆に根掛かりのリスクがあるクランクベイトとかには向かないと言い切ってもいいかなと」

セットする位置はバイトが多発する位置がおすすめ

フロントとリアと、どちらもセットするんですか?

木村「イヴォークゼロはフロントだけです。これも重要で、前後クアッドにすれば掛かりはよくなりますけど、それだけ重くなります。それでも軽くしましたけど、元のルアーのバランスを崩すこともあるし、ムダな根掛かりもするかもしれないので。釣り込んでる人しか分からんかもしれないけど、魚が食ってくる位置ってある程度決まってるんですよ。

イヴォークゼロもハネモノもフロントが圧倒的なので、それらはフロントですね。逆にテールフックに掛かる可能性があるルアーであればテール側を付けてもらればいいし。使い込んでるルアーで、こっちに掛かるなと思えばそっちだけ変えるのもコツですね。ビッグベイトだとそれほどシビアではないかもしれませんけど。

スモールマウスだけはイケイケでテールを食ってくることはあるんですけど、ラージはほぼフロントですわ。特に日本のバスは病んでるからそこまでダイナミックに食わないでしょ(笑)。ちょぽとかスポッとかだと間違いなくフロントです。

では、使ってみたい人へひと言お願いします。

木村「掛かりは圧倒的にいいですけど、回避力は悪くなるので、そこを殺してもいいルアー限定で、絶対に逃したくないルアーのここぞって場所に付けてください。触ってミスはほとんどないですから」

リューギの新製品情報はコチラ





2021新製品 2021釣り具全般 バス釣り(ブラックバス) ピアスクアッド フック リューギ(RYUGI) リューギ(インタビュー) リューギ(釣り具全般) ルアマガ+のフィッシングショー 木村建太(キムケン)
ルアマガ+

ルアマガ+

2021.01.26

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。