CATEGORYカテゴリ

ルアマガ+のフィッシングショー 2021新製品 バス釣り レイドジャパン(RAID_JAPAN) レイドジャパン(インタビュー) レイドジャパン(ルアー) 2021ルアー バス釣り(ブラックバス) レイドジャパン(RAID_JAPAN) ルアマガ+のフィッシングショー 2021新製品 2021ルアー レイドジャパン(ルアー) レイドジャパン(インタビュー)

レイドジャパン特性ビッグベイト公開! ダッジと同じMHタックルで使いこなせるサイズ感がありがたい!【ルアマガ+のフィッシングショー2021】

ルアマガ+

ルアマガ+

2021.02.20



多くのオカッパリアングラーに支持されるレイドジャパンから、2021年のブラックバス釣り業界において台風の目になること間違いなしなジョイントタイプのビッグベイトが登場予定! まだまだ名前も決定していないアイテムですが、その性能は折り紙付き!? その秘密を岡友成さんが詳しく解説してくれました



『プロトタイプジョイントベイト』を紹介してくれるのは『岡友成』さん!

【Profile】
岡友成(おか・ともなり)
レイドジャパンのプロダクトディレクター兼プレイヤー。ルアーマガジンモバイルの看板企画『特命釣行』の無茶なお題を岸釣りで初めてクリアしたオカッパリスペシャリストだ。ハイスピードなラン&ガンと撃ちの釣りを軸にヤル気のある個体をいち早く見つけ出すスタイルは特筆すべきもの。その健脚ぶりは、ときに取材スタッフが音を上げるほどだとか!?

タックルを選ばず誰でも使いこなせるビッグベイトを開発中!

リップが付いたタイプのビッグベイトなので泳ぐのはわかるのですが、どういったコンセプトのもとで制作を進めているのですか?

「小難しいことを考えずに使えるビッグベイト。しかも多くの人が使えるという点を意識しています」

多くの人が使えるとはどういうことですか?

「例えば専用タックルを必要としないこと。具体的に言うと、多くのオカッパリアングラーが使っているであろう、6ft10in程度のMHのロッドで扱えるルアーになるようにしています」

なるほど。ダッジに似たコンセプトなんですね。

「それと操作性。現在主流のビッグベイトは使い方が繊細だったり、ロッドワークにコツが必要だったりします。そうではなく、巻いたり止めたりといった、より簡単な操作だけで釣れるビッグベイトを目指しています」

「大きいジョイントボディのクランクベイト」と考えてみる

実際にはどういう使い方や出しどころを想定していますか?

「投げて巻くだけでも釣れますが、例えばカバー際に落として巻く。とかですかね。とくにこのビッグベイトは急潜航するようにしているため、水中に続くカバーに沿うように潜らせることでリアクションを誘えたり、浮かせて誘ったり出来るんです」

まるでクランクベイトでカバー周りを釣るみたいな使い方ですね。

「そうなんです! ジョイントボディの大きめのクランクベイトと思って使ってみてほしいです。このことからも、水に色がついているようなフィールドで使いやすいですね。カスミ水系の様な場所や、全国の野池、クリークなど、いろいろな場所で使えるはずですよ」

実は3ボディ2ジョイントってどういうこと!?

ボディ設計で何か特徴はありますか?

「テール形状に秘密があります。エラストマー製ではありますが、中央部分が水を受けるような形状にしているんです。そこの働きで、ジョイントが1箇所だけだとカクカクしてしまう動きが滑らかなS時を描くように調整しているんです。言ってみれば、3つ目のボディですね」

プロトタイプジョイントベイト(レイドジャパン)

【スペック】
●全長:125mm
●重さ:35g
●タイプ:フローティング
※詳細は全て未定



レイドジャパンの新製品情報をもっと見る



バス釣り(ブラックバス) レイドジャパン(RAID_JAPAN) ルアマガ+のフィッシングショー 2021新製品 2021ルアー レイドジャパン(ルアー) レイドジャパン(インタビュー)
ルアマガ+

ルアマガ+

2021.02.20

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。