公式ストア

CATEGORYカテゴリ

公式ストア
ルアマガ+のフィッシングショー 2021新製品 バス釣り DAIWA DAIWA(リール) DAIWA(バス) 2021リール 奥村和正 2021リール 2021新製品 DAIWA DAIWA(バス) DAIWA(リール) バス釣り(ブラックバス) ルアマガ+のフィッシングショー 奥村和正

新たなタトゥーラがビッグ&ジャイアントベイト用リールのスタンダードに躍り出る!『TATULA TW 300/400』【ルアマガ+のフィッシングショー】

ルアマガ+

ルアマガ+

2021.01.22

バスフィッシングを始め、近年ではシーバスシーンでもビッグベイト&ジャイアントベイトを用いたパワーゲームが強い人気を誇る。ときに数オンスにもなる規格外のルアーを操るためには規格外のラインが必要となるが、今月発売開始となるタトゥーラTW 300/400はそんな極太ラインをやすやすと扱えるヘビーライン対応モデル。デプスCEO、奥村和正氏も認める出来映えだ。



新タトゥーラは対モンスター戦略の要となる世界基準機だ!

タフコンセプトの世界基準機“TATULA”に、待望のヘビーライン対応モデルが誕生する。

ビッグベイト及びジャイアントベイトで狙う特大モンスターを相手に、TWSによる優れた飛距離と「HYPER DRIVE DESIGN」による類稀なるパワーと剛性で余裕の応戦が可能だ。

ラインの強度とキャパで選べる「300」と「400」に各ギア比と左右ハンドルを揃え、一挙8モデルが降臨!

以下に詳しく見ていこう。

【TWS】20lb以上のラインで優れた放出性能を発揮!

ヘビーライン使用時やリーダー結束時のノットにとって大きな懸念となる、スプール至近のレベルワインドの抵抗を大幅に削減。

スムーズなライン放出が快適な飛びとフォール性能を向上する一方で、トラブルを大幅に回避する。

タトゥーラの優れた飛びと抜けにdeps奥村氏も満足

テストに参画したデプス代表、奥村和正もその完成度に合格点を付けた。

「キャストフィールが明らかに優れる。今後のジャイアントベイトNEWベーシック」最大級の賛辞だ。

【マグフォース】空気抵抗によるトラブルを減らすブレーキシステム

インダクトローター固定式で常に一定の制御力を与えるブレーキシステムを搭載して、空気抵抗の大きいビッグ&マグナムベイト使用時にも盤石の体制。

スプールは共に超々ジュラルミン製のφ43mm径で、横幅は300が26.5mm、400は33.5mmに設計。

φ43mm超超ジュラルミンマグフォーススプール[TATULA 300XHL用]

【HYPERDRIVE DESIGN】巻きと剛性、全ての基本性能を大幅に向上!

縦及び高さはそのままに、横幅のみが異なる300と400。両者を併用する際にも違和感なく持ち替えが可能なセッティングなのだ。

画像左が300、右が400。

今季発表のDAIWAベイト同様、高い初期性能が長く続くことを目指した次世代設計思想「HYPERDRIVE DESIGN」をインストール済。

HYPERDRIVE DESIGNについては『ジリオン』記事で詳説!

タトゥーラTW 300/400詳細スペック

<300/300L/300XH/300XHL>
【スペック】
●自重:325g ●ギア比:6.3/6.3/8.1/8.1 ●巻き取り長:85/85/109/109cm ●糸巻き量:フロロ…20lb×185m、PE…3号×285m ●スプール径:φ43mm ●最大ドラグ力:13/13/11/11kg ●ベアリング:ボール7・ローラー1 ●価格:3万7000円(税抜き) ●発売:2021年1月

<400/400L/400H/400HL>
【スペック】
●自重:335g ●ギア比:6.3/6.3/7.1/7.1 ●巻き取り長:85/85/95/95cm ●糸巻き量:フロロ…25lb×180m、PE…5号×215m ●スプール径:φ43mm ●最大ドラグ力:13kg ●ベアリング:ボール7・ローラー1 ●価格:3万8500円(税抜き) ●発売:1月

DAIWAの2021年新製品をもっと見る!



2021リール 2021新製品 DAIWA DAIWA(バス) DAIWA(リール) バス釣り(ブラックバス) ルアマガ+のフィッシングショー 奥村和正
ルアマガ+

ルアマガ+

2021.01.22

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。