CATEGORYカテゴリ

バス釣り カナモリタカシ_JUKE_BOX 金森隆志の岸釣りQ&A50 藤田京弥 淡水釣り 金森隆志(カナモ) ルアーマガジンmobile カナモリタカシ_JUKE_BOX バス釣り(ブラックバス) ルアーマガジンmobile 淡水釣り 藤田京弥 金森隆志の岸釣りQ&A50 金森隆志(カナモ)

金森隆志さんが陸っぱりのシュンテキで2.7gを使っていた理由とは?【ルアーマガジンmobile人気記事コレクション】

ルアーマガジンmobile

ルアーマガジンmobile

2019.02.22



ルアーマガジン』誌がお送りしている、人気アングラーによる釣り場の実釣速報や独自連載が満載な『ルアーマガジンmobile』。有料課金サイトならではの「リアル」な姿が見えてくる連載陣から、金森隆志さんの『週刊カナモリタカシJUKE BOX』の人気記事を抜粋してご紹介。このコーナーは、金森さんが週一でユーザーから寄せられた質問に答えていく! というもの。金森さんの釣りに対する考えだけでなく、基本的なテクニックなどへの理解が深まるということで大人気連載中です。

■アングラー
金森隆志(かなもり・たかし)

陸っぱりアングラーから絶大な支持を受けるレイドジャパンの総帥であり、言わずと知れた岸釣り王。また、岸だけにとどまらず、2016年に行われた艇王チャンピオンカーニバルで艇王史上に残る逆転満塁ホームランを決めるなど艇でも湖上での活躍もめざましい。

ちなみに『週刊カナモリタカシJUKE BOX』の名回答が単行本になりました!

Amazonで「釣り」ジャンルNo.1ベストセラーの好発進。単なる回答集ではなく、バス釣りへの理解をより深められるような本として、丁寧にまとめ直してあります。好評につき第2弾も準備中。こちらは3月11日発売予定ですので、お楽しみに。

ユーザーからの質問!

それでは、ユーザーからの質問にいってみましょう。

金森隆志さんの回答!

おはようございます、こんにちは、こんばんは。いろいろな状況で読んでいただいてありがとうございます。さて今回は、祝単行本発売記念!ってことで、『BIG SHOT6』に関するこんな質問を先取りでお答えします。ハイ鋭い! DVDと単行本なのでほぼ関係ないですよね(笑)。

カナモさんの新刊DVD『BIG SHOT7』も!

本当にシュンテキは2.7gまでなの?

まぁそれはおいといて、細かく見てくれているところ、そして、本当に2.7gまでなのか?という着眼点はグッドです。

どういうシチュエーションで使うのか

言ってしまえばシュンテキとはいわゆるライトテキサスのことで、なかでもペグ止めをしない、フリーのライトテキサスのことを指します。

そんな起伏に対してメタルジグをシャクるようにパン!パン!とアクションさせて止めてフォールを繰り返します。
アクションとしては単調でイージーです。

シュンテキで2.7gを使う理由

そこで2.7gですが、僕の口癖みたいなもので(笑)、ついつい言ってしまうんですが、その理由としては、オカッパリで攻めるシチュエーションの水深を考えると2.7gだよね、ということです。

なので、やや特殊なシチュエーション、足元から急にドーンと深くなったりする場合。カスミなどや大きな河川、リザーバーではあったりしますが、そうなると3.5g、5g、ときには7gというように、水深に対してウエイトを上げていくことはもちろんありです。

3月のルアーマガジンmobileは新連載がスタート!

3月のルアーマガジンmobileでは、バスフィールド情報河口湖担当に新たな達人が登場! 足立さんからのバトンを引き継いだのは、なんとJBトップ50の若き彗星がモバイル降臨!
その名も、”藤田京弥“!!

■藤田京弥(ふじた・きょうや)

日本バスフィッシングトーナメントの最高峰JBトップ50への昇格からわずか3戦目にして初優勝という、異例の快挙を成し遂げた1996年生まれの若き彗星! サイトフィッシングを得意とし、ルーキーながらにすでに次世代筆頭の呼び名が高い。山梨県河口湖をホームフィールドとして活躍の場を広げる。

齢若干22歳だが、その実力はすでに業界周知の折り紙つき。参戦初年度のJBトップカテゴリーで旋風を巻き起こして一躍時の人となったことは記憶に新しい。

藤田「フィールドガイドの新連載が始まり、素直に嬉しいっすね。ワクワクしています。JBの試合とかで現場を見られないこともあると思いますが、河口湖は自分の庭のように知り尽くしているのでお任せください。僕の理論に基づいたシーズナルのお話なんかもできればと思っているので、みなさん楽しみにしていてくださいね! ちなみに、連載タイトルはまだ考え中です(笑)」

ジャッカルの新ブランド『リボルテージ』プロスタッフ、そしてDAIWAプロスタッフとして活躍の場を広げ、今後ますます目が離せなくなる若手際注目株の動向を、この新連載から見届けてほしい!


ルアマガモバイルってなに?

ルアーマガジンmobile

[ルアーマガジンmobile+]の関連記事はこちら



カナモリタカシ_JUKE_BOX バス釣り(ブラックバス) ルアーマガジンmobile 淡水釣り 藤田京弥 金森隆志の岸釣りQ&A50 金森隆志(カナモ)
ルアーマガジンmobile

ルアーマガジンmobile

2019.02.22

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。