CATEGORYカテゴリ

バス釣り ヤマセンコー 河辺裕和 ゲーリーヤマモト グラブ ゲーリーつり部 レッグワーム ルアーマガジン バス釣り(ブラックバス) ルアーマガジン ゲーリーつり部 レッグワーム グラブ ゲーリーヤマモト ヤマセンコー 河辺裕和

2020年のベストワームをバス釣りの王道「ゲーリーヤマモト」総帥が発表!【番外編:俺の2020GOY!! #ゲーリーつり部でシャキーン】

ルアーマガジン

ルアーマガジン

2021.02.04



アングラーの技量を問わず、バスとの出会いを確約してくれる心強い味方、我らがゲーリーワーム。そのさまざまなラインナップを有効活用するために、そうそうたるゲーリーファミリーが基本からシークレットまでを公開しちゃうのが当企画…なんですが、前回に続いて今回も特別編! 昨年のJBマスターズで見事に今季からのトップカテゴリー返り咲きを果たしたゲーリーファミリーのボス、河辺裕和さんに2020年に多用したゲーリーワームBEST3を紹介してもらいます!!



解説は「JBトップ50」に返り咲いた河辺裕和さん!

【Profile】
河辺裕和(かわべ・ひろかず)
日本のバスフィッシングを黎明期からけん引し続けている重鎮のひとりにして、レッグワームやヤマセンコー、カットテールなど数々のフォロワーを生んだ元祖『釣れるワーム』の開発者でありゲーリーインターナショナル代表。2021年はトップ50での活躍に期待大だ!!

JBトップ50へと帰還を果たした2020年

JBトップ50からマスターズシリーズへと降格して2シーズン目を迎えた2020年は、僕にとってトップカテゴリー昇格を賭けた勝負の年でした。

その矢先に猛威をふるい始めた新型コロナウイルス。緊急事態宣言の発令後、トップ50シリーズは全戦キャンセルというショッキングなアナウンスがJB本部(=日本バスプロ協会)から通達されました。

以降はマスターズ戦に関してもキャンセルなのか? 最低あと2年間はマスターズから上がれないのか? と、戦々恐々とする日々…。

しかし運営側の努力と開催地の協力のおかげで、どうにかマスターズは全4戦を行なうことになったのです。

もはや後のない僕にとって1戦1戦が重圧との戦いでした。

そのなかで1尾1尾を追い求め、ひたすら自力昇格圏内の年間20位を目指した結果、16位でフィニッシュ。今季のトップ50出場権を獲得することができました。

応援してくださったファンの皆様、会社のみんな、家族、アドバイスをしてくれた小森嗣彦プロ、そして多くの仲間たちに、この場をお借りして御礼申し上げます。本当にありがとうございました。この感謝の気持ちをトップ50シリーズでの結果に反映させます。

2021年の抱負は『チャージ&エンジョイ』。常に前へ向けて全集中で挑みながらも楽しむことを忘れない。

トーナメントの1戦1戦はもちろん普段の釣りでも、あるいは仕事でも、そして遊びでも、心掛けたいと思っています。

【3位】ヤマセンコー

テールを頭にするだけでひと味違うキャラクターに!!

本来のテール側(細いほう)にオフセットフックをセットして、頭側にネイルシンカーを挿入する「逆付けネイルリグ」での起用。

メインは5inですが、狙うバスのサイズや状況によってはシリーズ最大の7inも出番があるし、逆に一番小さな2inが強烈にハマるケースもあるので、常に全サイズを用意しています。

3in、5in、7inのセッティング例。フックは順に、スゴイフック#2、#3/0、#5/0。カラーは、#390スカッパノン、#411エビミソ、#196パンプキン/グリーン&ブラックフレーク、#229ホットピンクを使うことが多いです。

主にカバーやウィードが活躍の場で、ダイレクトに撃ち込むのであれば、にゃん玉シンカーを装着。

カバーに入れやすく、なおかつワームの柔らかさを阻害しないのでより自然な動きと深いバイトが望めます。

また軽いネイルシンカーを頭部分から少しボディの奥へ押し込むとバックスライドするようになるので、アシ際のエグレ等を攻める際に威力を発揮します。

基本アクションは、落とす、待つ、震わせる、止める、待つ、が多いですが、バイトがなければ移動距離を抑えてパンッと跳ね上げるリアクション的な動きも加えてみましょう。

【ヤマセンコー活用タックル ※5in仕様】
●ロッド:バスバムYBBC-65MH(アブ・ガルシア) ●リール:レボLTX-BF8(アブ・ガルシア)KTFチューン ●ライン:ガノア アブソルート10lb(バリバス)

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) 3インチ ヤマセンコー【NEW10本入りパック】 297 グリーンパンプキン/ブラックフレーク J9B-10-297
ヤマセンコー 3インチ J9B-10■サイズ:3インチ■入数:10本
●ノーシンカーでの水平フォール、エスケープダートアクションといった左右へのパンチの効いたヤマセンコーのアクションが、その小さなボディにもたっぷりと凝縮されています。またワッキーリグやアンダーショットにも効果を発揮します。
¥795
2021-02-03 11:36

【2位】2.5in&2.9inレッグワーム

実はネコリグとも相性バッチリ!
困ったときのタフタイムキラー!!

ダウンショットリグで使われることの多いレッグワームですが、バスの嗜好がボトムベッタリだったり、タフな状態でバイトが出ないとき等に活躍するのがネコリグ!

フックの刺し方にちょっとしたキモがあり、積極的に釣っていく場合は波動が大きくなるテール上向き、逆に食わせを意識するなら下向きにします。

順付け=テール下向き
逆付け=テール上向き

フィールドやエリアを問わずどこでも有効ですが、比較的「硬い場所」での出番が多いです。

ウエイトは1.3gのにゃん玉シンカー(YABAIブランド)が基本で、たまに倒木等のカバーを狙う際は根がからないよう0.5g以下の軽いネイルシンカーを挿入。

アクションはズルズル、何かに当たって止まったらそこで一点シェイクしてください。

【レッグワーム活用タックル】
●ロッド:バスバムYBBS-69L(アブ・ガルシア) ●リール:レボYABAI(アブ・ガルシア) ●ライン:ガノア アブソルート3lb(バリバス)

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) レッグワーム 241 シナモン(ソリッド) 2.5インチ J80-10-241
レッグワーム 2.5インチ J80-10 その2■サイズ:2.5インチ■入数:10本
●タフな状況下でも最後の最後までバスが反応するライブベイトに近い微弱ライブ系波動を放つレッグワームは、ボディの縦と横の異なるリブとバイブレーションテールで、バスにとって「食べたい!」と思わせる弱った小魚の動きを超リアルに再現します。
¥712
2021-02-03 11:37

【1位】4inグラブ

なおも最前線で釣れ続けるキング・オブ・グラブ!!

昨年のJBマスターズ霞水系での2戦共に(3月の霞ヶ浦、10月の北浦)貴重なバスを釣らせてもらった神のルアー。

これのジグヘッドリグなくしてトップ50への返り咲きはなかった僕の守護神です。

登場して30年以上経ってもその威力はまったく衰えていないのに、トーナメントアングラーが意外に使わなくなってきているのが盲点。

ジグヘッドはモノガードラウンドジグヘッド(ケイテック)。カラーは#987アオテナガ、#241シナモン(ソリッド)、#196パンプキン/グリーン&ブラックフレーク、#229ホットピンク(バブルガムカラー)等を水色によって使い分けています。

出しどころはリップラップ、アシ前、ブレイクなどフィーディングモードのバスがポジションしやすい場所で、横方向への動きに興味があり、サスペンドしているときが狙いめです。

ジグヘッドの重さは1/16ozが基本。スイミング、カーブフォールで泳がせてテールの波動を出し、積極的だけど弱々しい感じに仕立て上げます。

ラインを張らず緩めずス~~~~、「くッ」!! このバイトがたまらない!

ぜひ試してほしいです。

【4inグラブ活用タックル】
●ロッド:バスバムYBBS-69L(アブ・ガルシア) ●リール:レボYABAI(アブ・ガルシア) ●ライン:ガノア アブソルート4lb(バリバス)

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) 4インチ グラブ 987(アオテナガ)
1パック/10本入り
¥748
2021-02-03 11:39

関連記事はこちら





バス釣り(ブラックバス) ルアーマガジン ゲーリーつり部 レッグワーム グラブ ゲーリーヤマモト ヤマセンコー 河辺裕和
ルアーマガジン

ルアーマガジン

2021.02.04

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。