CATEGORYカテゴリ

バス釣り シマノ(SHIMANO) バンタムウェブマガジン Bantam パブロシャッド シャッド 山木一人 霞ヶ浦 ルアー Bantam bassfishing shimano シャッド バンタムウェブマガジン パブロシャッド ルアー 山木一人 霞ヶ浦

[PR] パブロシャッド59SPが満を持して発進!!:山木一人[1] in 霞ヶ浦水系【シマノ・バンタムウェブマガジン】

ルアマガ+

ルアマガ+

2017.12.02



待望の「THEジャパンシャッド」、いざ降臨!!

全国のパブロシャッドファンの皆さん、お待たせしました! 待望のあのモデルがついにリリース!! 多くを語る前に、まずは開発者である山木一人さんによる動画をご覧いただきたい。

https://youtu.be/HRdi03aOQaA

この5月に先行発売された『59SP MR』に続き、いよいよパブロシャッドの本丸、オリジナルモデルの『59SP』が11月に登場した。

潜行深度2.7メートルの前者に対して、後者は1.7メートル。国内フィールドにおいてシャッドプラグの有効レンジとされる水深2メートルをターゲットに作り込まれた日本人による日本人のための”THEジャパンシャッド”。陸っぱりアングラーはもちろん、あらゆるシーンでより使いやすい潜行レンジのオリジナルは、この冬から春にかけてきっと心強い味方となってくれるはずだ。

「いやいや、低水温期だけじゃなくて、どんな季節でも使えるのがシャッドだよ」。

季節を問わず、表層に小魚を始めとしたベイトが見えないなら、中層やボトム狙い。シャッド=寒い時期というイメージがあるが、それだけではないのだと山木さんは言う。

「パプロシャッドが潜る水深+α。リップがボトムタッチするかどうかくらいの場所は全て投げて巻いてみて損はないよ」。

まずは投げて巻く。いわば、クランキンシャッドとして、使い込んでみてはいかがだろう。

上がパブロシャッド59SP、下が59SP MR。59SPはこの11月に10色、12月に10色、59SP MR同様に計20色がショップ店頭に出揃う。

この記事の続きは『バンタムウェブマガジン』でお楽しみください〈下をタップ ↓〉

fishing.shimano.co.jp

[釣りPLUS]>> HOME




Bantam bassfishing shimano シャッド バンタムウェブマガジン パブロシャッド ルアー 山木一人 霞ヶ浦
ルアマガ+

ルアマガ+

2017.12.02

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。