公式ストア

CATEGORYカテゴリ

公式ストア
海釣り DAIWA DAIWA(バス) DAIWA(ソルト) リール(10000円以下) レガリス(LEGALIS) スピニングリール 初心者向け! ルアーマガジン・ソルト リール DAIWA DAIWA(ソルト) DAIWA(バス) スピニングリール リール リール(10000円以下) ルアーマガジン・ソルト レガリス(LEGALIS) 初心者向け! 海釣り|ソルトフィッシング

【レガリス(DAIWA)】初心者の味方な1万円以下の超コスパ人気リール5機種を編集部で実釣インプレしてきたぞ!「高次元の優等生!」

大木 俊介

大木 俊介

2019.05.15

低価格で高性能。そう謳えば多くの人が魅力的に感じるはず。初心者向けのエントリーモデルとも、メイン機に対するサブリールという位置づけともいえる、激しい競争にさらされる普及機種の価格帯。実際にはどんな差があるのだろう? 今回はダイワのレガリスをルアマガソルト編集部員が実釣インプレッションしてみた!!



実釣インプレするメンバーは万年中級者のルアマガソルト&ルアマガ+編集部員

レガリスってどんなリール?

■Amazonでチェック

■メーカーサイトでチェック

搭載機能

ふくしげ「LTコンセプトというだけですでに近代的なリールとして使えますよね」

フカポン「よほど専門的なことや突っ込んだ使い方をしない限りは十二分に戦えるかな。それぐらい基本的な機能は網羅していると思います性能を活かし続けるためにも、メンテナンスはしっかりしたいところですね]

見た目

O木「ブラック×ゴールドの配色が、モアザンやトーナメントといった上位機種譲りで非常にクールなデザインですよね!」

フカポン「この値段とは思えない高級感もありますね」

剛性

O木「ライト&タフと謳うだけあって、LTコンセプトのすばらしさを実感! 実質1万円以下でこの軽さと剛性のバランスはすごい!」

フカポン「しっかりとした剛性感があるので、使い込んでアタリが出てくれば、価格以上の働きを見せてくれそうですね」

巻き心地

O木「プライベートではカルディアLTを使っていますが、レガリスはこれに近いシルキーなき心地ですね。ミノーをリーリングしたときにも、ウォブリングアクションがしっかりと手元に伝わってきましたよ!」

ふくしげ「回転がスムーズ過ぎて、ハンドルから手を離した時にも回りだすことが(笑)。そのくらい軽いってことですよね。この価格帯でこの巻き心地はすごいと思います」

ドラグ性能

フカポン「ATDドラグを搭載してるけど、設定したドラグ値のやや手前から滑り出すという少し特殊な性質を持つんです。そこには留意する必要があるかも?」

ふくしげ「まずはレガリスでATDに慣れてから上位機種を買うってのもありかもですね」

トラブル

フカポン「個人的な釣りのクセのせいもあってか、糸ふけによるバックラッシュなど、普段はスピニングリールでトラブルが多くなりがちなんだけど、このリールはかなり少なく、ストレスフリーでした!」

O木「PEラインの0.3号という細糸でしたけど、自分的にはトラブルレスで快適な使い心地でした!」



総評

大手メーカーらしい完成度の高さ!!

フカポン「大手メーカーらしい性能と見た目が両立されているよね。上位機種との違いを上げるとすれば、重量ぐらいしか上げられないかも。そのくらい優れたリールだと思いますよ」

O木「馴れない人にはATDドラグのクセが気になるかもしれません。でもLTコンセプトによるバランスもいいし、巻き心地もいい。個人的には今回のインプレしたリールの中では1番ですね。コイツでほかの魚種も狙ってみたい!」

ふくしげ「O木さんも挙げていましたが、プラグのリーリング時にはこのリールがもっともルアーアクションを感じられました。見た目がシマノのナスキー、アブガルシアのスーペリアと似ているのが面白いですね」


他の機種インプレはこちら!


この記事が掲載されている『ルアーマガジン・ソルト』の情報はこちら!


リールの記事ほかにもいろいろあります

DAIWA DAIWA(ソルト) DAIWA(バス) スピニングリール リール リール(10000円以下) ルアーマガジン・ソルト レガリス(LEGALIS) 初心者向け! 海釣り|ソルトフィッシング
大木 俊介

大木 俊介

2019.05.15

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。