公式ストア

CATEGORYカテゴリ

公式ストア
バス釣り シマノ(SHIMANO) ジャッカル(JACKALL) DAIWA(バス) T.O.Y.ロッド ロッド T.O.Y. ルアーマガジン DAIWA(バス) T.O.Y. T.O.Y.ロッド シマノ ジャッカル(Jackall) バス釣り(ブラックバス) ルアーマガジン ロッド

2019年に1番人気だったバス釣りベイトロッドはこれだ! 読者投票ランキング発表【ルアーマガジンT.O.Y.】

ルアーマガジン

ルアーマガジン

2020.06.04

毎度お馴染みT.O.Y.ウォッチャー3人組のハードルアー部門トーク

左から『ルアーマガジン』古川、戸村竜太さん、センドウタカシさん。メーカーさまからクレーム覚悟の言いたい放題でお届けいたします。

主流はロクテンMの定番オカッパリロッド

古川和弘「ロードランナーは人によって神番手が異なる。だから票が割れるんです。」

古川:相変わらずロクテンMが人気です。アドレナ(1位)、エクスプライド(5位)、ゾディアス(6位)など中堅モデルの安定感が目立つなか、2位のスティーズ・ファイアウルフが大健闘。

戸村:川村光大郎さん人気もあるだろうし、オカッパリ派には1本で何でもできるのが魅力でしょう。ショアコンペティションというくらい、およそどんなルアーも扱える。ところで、ゾディアスって本当にすごいんでしょ?

千藤:本当にすごいです(笑)。デザインはイケてるし、ラインアップにも隙がありません。

古川:エクスプライドは手頃な値段なのにプロが使っている安心感がある。さて、上位陣でひときわ目を引くのが7位のワールドシャウラ1652R-3でしょう。

千藤:ツララやフィッシュマンに代表される怪魚系バスロッドは、なるほど近年確かな需要があります。そのなかでも、釣りの王道を征くアングラーはNEWワールドシャウラを選ぶのでしょう。

戸村:これ3ピースでしょ? 語弊があるかもしれないけど、昔はマルチピースは素人っぽさがあったじゃん。でもワールドシャウラはバリバリ玄人なんだよね。

千藤:そこですよ。実にいいところを突いてる。

戸村:我々の世代的には、ジムこと村田基さんが世界を旅するとき飛行機に乗せるイメージだね。

千藤:リールはもちろんアンタレス。カルカッタもありだね。

古川:昨年、特集の企画でまとまった本数を触る機会があったんですが、最新のマルチピースは想像以上に高性能でした。

戸村:唯一の難点は、継ぎ目がネジれることなんだけど、それさえ注意すれば文句ないね。

古川:3ピースはティップ、ベリー、バットで素材や役割を変えられるので合理的でもある。

戸村:びっくりしたのは8位のグラディエーター・トランスポーター。初代のなかでもヘビーユーザーが多いモデルなのかね?

古川:前回19位、前々回7位と安定した評価を受けてますね。10年前はテムジンなどの高級モデル中心でしたが、近年はアドレナやエクスプライドなど中堅モデルに人気が集まるんですね。

千藤:23位にレーベンスラングが入ってる。このシリーズはビッグベイトのイメージがあるけど。

古川:北関東の湖沼でも使ってる人をよく見ますね。

戸村:20位のベンケイもそうだけど、最近はビッグベイトをやる人が増えた。ビッグベイトの定義が難しいけど、2オンスまでならファイヤウルフでも投げられちゃうしね(メーカー公式スペックは1オンスまで)。

古川:12位ブッシュバイパー、18位デッドソード、ベンケイ、スラング、25位アドレナMHなどがビッグベイト対応ですね。

戸村:個人的にはロードランナーがもっと入るべきだと思う。

古川:僕もユーザーですが、ロードランナーは人によって神番手が大きく異なる。ランキングだと毎回票が割れちゃいますね。

千藤:なるほど。あとはロードランナーのユーザーが読者ハガキを書くイメージがない(笑)。

古川:22位のLTT680MHは他メーカーでいうところのロクテンMに当たる番手。ワームもハードルアーも何でもできる。伊藤巧プロもおすすめの番手です。

戸村:昔アウトバックがあったけど、またやればいいのにね。

千藤:ブランクは同じだけど、廉価パーツを採用して価格を抑えたモデルね。いまだに現役で使ってる人がいるくらいの名竿です。

古川:いまやったら爆発的な人気になるでしょうね。

センドウタカシ「高級モデル一辺倒だったゼロ年代が懐かしい。近頃はミドルスペックのニーズが強いね。」

当部門11~30位までのランキング

順位得点メーカー商品名
11位66ptシマノスコーピオン1703R-2
12位63ptデプスサイドワインダーHGC-70XS/GPブッシュバイパー
13位61ptシマノゾディアス1610MH
14位60ptジャッカル×シマノポイズンアドレナ166MH
15位59ptDAIWAエアエッジ6101MB・E
16位58ptDAIWAエアエッジ6101MHB・E
17位56ptレイドジャパングラディエーターマキシマムGX-70HC-ST The MAXX
18位54ptガンクラフトキラーズ00 KG-00 6-710EXH デッドソード
19位53ptシマノバンタム168M
20位52ptメジャークラフトベンケイBIC-702X
21位50ptジャッカル×シマノポイズンアドレナ1611M+
22位49ptノリーズロードランナーヴォイスLTT680MH
23位48ptデジーノレーベンスラングLS-C73MHRX HOOD
24位45ptノリーズロードランナーヴォイスHB680M
25位43ptジャッカル×シマノポイズンアドレナ173MH
26位42ptシマノエクスプライド166M
27位40ptDAIWAクロノス6101MB
28位39ptDAIWAスティーズSC661M/MLFB-SVウェアウルフ
29位35ptDAIWAブラックレーベル+6101MRB
30位33ptデプスサイドワインダーHGC-65HR/GPハザードマスター

2019年度の他部門T.O.Y.はこちらから!



DAIWA(バス) T.O.Y. T.O.Y.ロッド シマノ ジャッカル(Jackall) バス釣り(ブラックバス) ルアーマガジン ロッド
ルアーマガジン

ルアーマガジン

2020.06.04

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。