《猛毒魚》刺されたら死ぬレベルの魚を食べた結果…

2024 イカメタル特集

下準備ができたら調理開始!

まずは鍋に肝をいれ炒めていく。ある程度火が入ったら、みりん・みそを加えて混ぜながら炒める。

オトコメシの定番、目分量。水分はここまで飛んだらOKだ。

そこへ捌いた身や皮・ヒレを加え全体になじませるように炒める。

全体に肝と炒めた味噌をなじませる。

全体的に混ざったら、泡盛を注ぎ込む。もちろん目分量なので動画をみてチェックしてほしい。

使用した料理酒は「泡波」。入手困難な泡盛を使うなんて豪快だ。

アルコールが飛んだら捌いたときにでたアラと水を加える。あとはダシが出るよう煮込むだけ!

オニダルマオコゼのバター焼きも

オニダルマオコゼの身に小麦粉をまぶしたら、フライパンでバターを溶かす。そこへみじん切りにしたニンニクと醤油を加えて、焼くだけ!

バターの良い香りが食欲を進めるに違いない。

オニダルマオコゼの刺し身は炙りで!

お刺身用に身を捌いたら炙りにしていただく。バーナーで身を炙っていくと良い香りが部屋中に広がる。

純白の身を炙る。

ついにオニダルマオコゼ料理が完成

完成したメニューは「オニダルマオコゼのドブ汁」、「オニダルマオコゼのムニエル風」、「オニダルマオコゼの刺盛り」だ。

オニダルマオコゼのドブ汁

まずドブ汁は、プリプリとした皮がうまい。さらに炒めた肝もうまい。全部うまいが皮に関しては身より美味しいとのこと。次にオニダルマオコゼのムニエル風はたっぷりとバターを使用した逸品。タンパクな味の魚にはバターと濃いめの味が合う。刺身は甘みをほのかに感じる上品な味。

オニダルマオコゼのムニエル風とオニダルマオコゼの刺盛り

すべての料理を口にした総評として「皮がうまい」。とにかく皮がうまいそうだが、もちろん身も上品な味で美味だ。これだけ美味しいから毒をまとって身を守っているのかもしれない。

今回紹介した動画はコチラ

捌くのが難しいオニダルマオコゼをキレイに捌いていくメンバーの様子は必見。さらに機動戦士ガンダムに登場するグフが持っている斧でオニダルマオコゼを捌くシーンも必見だ。ぜひ視聴してほしい。

【超危険】最強猛毒魚を捌いて食べてみた!!


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。