状況を読み切れ!デカバス連打につながるプロの思考方法【実践編】

2024 チニング特集

奥田学(おくだ・まなぶ)/ビッグベイトやジャイアントベイト、そしてアンブレラリグなどストロングスタイルを主軸に、現場最大級のバスを仕留め続けるMr.バンタム。愛称は“ロボ奥田”。直立不動で精密機械の如く狙った獲物を確実に仕留めるのがその名の由来だ。当連載ではバスのみならず、淡水海水の大物ゲームに挑む氏のフリースタイルをお届けしている。

波介川・仁淀川(はげ・がわ、によど・がわ)/高知屈指の一級河川・仁淀川を本流として、河口部で合流する最大の支流が波介川。今回は高知市の西隣に位置する土佐市内を流れる河川内での実釣だ。

航空便移動の都合上、今回の日程は初日昼から、3日目は昼まで、丸一日を実釣に当てることができるのは2日目のみ。実質2日間釣行の間に悪化した状況は好転するのか、それとも…。なお、ビッグベイトの主軸はアーマジョイント。オープンな波介川ではバンタム1711MH+SB/2を振り抜き飛距離を稼ぎ、カバーでスイングスペースが限られる仁淀川では173MHSBで取り回しの良さを追求して攻略へ。 [写真タップで拡大]

バンタム アーマジョイント190SFフラッシュブースト(シマノ) [写真タップで拡大]

【使用タックル】
[プロップマルチ、マルチシャッド、ジジルプロップ他用]
●ロッド:バンタム274M+ ●リール:ステラC3000XG+夢屋パワーラウンドノブ●ライン:ピットブルG5 1号+スーパートラウト アドバンス ビッグトラウト ショックリーダー8ポンド(バリバス)
[アーマジョイント、デビルスイマー、コブシ他用]
●ロッド:バンタム173MH-SB●リール:バンタムXG+夢屋ウルトラストロングハンドル48ミリ BH-1●ライン:アブソルートAAA20ポンド(バリバス)
[アーマジョイント、デビルスイマー他用]
●ロッド:バンタム1711MH+SB/2●リール:アンタレスDC MD+夢屋ウルトラストロングハンドル48ミリ BH-1●ライン:アブソルートAAA20ポンド(バリバス)
*指定外は全てシマノ製品。

バンタム1711MH-SB/2を手に全域をサーチ。濁流&激流の中「小さな反転流やちょっとしたカバーを撃ち続ければ、何らかの答えはでたかもしれない」。だが、敢えて封印。時間を要する細かい釣りは避け、広範囲をビッグベイトやスイムベイト、ビッグクローラーの遠投で探る。「来たらいいサイズなのは間違いない。それはわかっている」。THE奥田イズムがそこに。

2回ほど訪れたのみで、奥田さんにとって「細かい土地勘はない」という波介川。だが、地元岐阜のホーム・長良川で培ってきたバスリバーでのキャリアは濃密。降雨時がもたらす堰の働きを即座に読み込み、最下流が機能するであろうことを奥田さんは知っていたのだ。

「ある程度スローに引ける。そしてレンジキープしやすい」。奥田印スイムベイト、春の切り札が登板。チェイスした魚をボトムへ導き、ダートで一閃!「激雨で下がった魚を何とか食わせることができたけど」。この直後に再びドシャ降り。再現性は少なく、翌日はまた新たな展開へと挑む必要があった。

デビルスイマー6インチ(シグナル)

天候は一変して晴れ、人間側の体感的には心地よい。が、水中の魚には異なる。高気圧は魚の活性を下げるばかりか、上流から流れ続ける濁流により水況は悪化。実は奥田さんはこの日、1本を獲ることより翌日に繋げる術を探していたのだった。

今回の取材地は土佐市内がメイン。当連載恒例のご当地グルメは、少々西へ走れば須崎市の鍋焼きラーメンという選択肢もあったが、2日目時点では何せ貧果の最中で時短を優先。とはいえ、奥田さんオリジナルの白飯+刺身+タタキ丼は鮮度抜群で美味しくいただけました。

「土佐市は奥田丼発祥の地と言ってもいい。以前、地元のおばちゃんから『カツオはスーパーが間違いない』と聞いて試してみたら本当にどこでも新鮮で激ウマ。生臭かった試しが一度もない」。カツオ王国、高知ならでは。

高知県を中心に愛媛県でも展開するローカルスーパー・サニーマートの土佐店で食材を調達。奥田丼用の他に、デザート(?)としてところてんも購入。「高知のはカツオだしが効いたスープに入った細身のところてん。あっさりしてて、これもまたオススメ」。

シーズン1でも大いに活躍したマルチシャッド4インチエラストマーとプロップフック(共にシグナル)のコンボが活躍。「ペラが前進を抑え、その振動が各ヒレに伝達して『ビビビ』。輝きと共に超ナチュラルなノンロール。食わせの天才やね」。0.3、0.4、0.6グラムのネイルシンカーをお腹に挿入して浮力を相殺した超スローシンキング。「今回は0.3。水温が温まればより重くして調節」

通称「プロップ・マルチ」※プロップフック+マルチシャッド4インチ(共にシグナル)


※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。