公式ストア

CATEGORYカテゴリ

公式ストア
バス釣り 野尻湖 スモールマウスバス bassfishing スモールマウスバス 野尻湖

4月22日はスモールマウスバスの聖地・野尻湖の解禁日だぞ!! “おう、そこのオレ。準備はできているか?”

ルアマガ+

ルアマガ+

2017.04.17

全国1万5000人くらいはいる、スモールマウスバスフリークな皆様。もう、準備はよろしいか? 我らがホームレイクである野尻湖の2017年解禁日は4月22日。そう、すでに目前に迫ってきております! ということで、今回はマイタックルの準備(忘れ物チェックともいう)を兼ねつつ、例年のパターンなどを織り交ぜながら、2017年の解禁直前情報をお届けしたいと思います。

いよいよ解禁目前!

「ハロー、CQCQ。こちらリマ・マイク・シエラ・6」。

ルアーマガジンソルト6月号の校了も終わり、ウキウキしている今日この頃。

我々ルアマガソルト編集部の魂の結晶。先ほど完成したばかりの表紙がこちら(↓)になっております!発売日には是非とも買って下さいまし。

今月も無事?に出来ました……。

さて、ノジリっすよ。
……………………
え? 亀山? 
え? メディアウォーズ?
いやいや何のことか記憶にありませんがねぇ…。

いやいやそんなことはどうでもよろしい。

それよりなにより、全国1万5000人くらいはいる、スモールフリークな皆様。もう、準備はよろしいか?

我らがホームレイクである野尻湖の2017年解禁日は4月22日。そう、すでに目前に迫ってきております!

ということで、今回はマイタックルの準備(忘れ物チェックともいう)を兼ねつつ、例年のパターンなどを織り交ぜながら、2017年の解禁直前情報をお届けしたいと思います。

解禁直後の野尻湖スモールはプリスポーン!?

いきなり最重要項目からです。

4月第4週。解禁直後のスモールはどんな状況なのか?

ぶっちゃけ、例年で多少の違いはあります。

んが、この10年間ほぼ解禁日のスモールの行動や、釣れてる場所やルアーは大きく変わっていません。

んじゃ、どんな状況なのよ? というと…

基本的にはプリスポーン。というのが個人的な結論です。

狙いやすいのはワカサギフィーディングのサカナ

実際のところ釣りやすいのは産卵行動を意識したサカナではなく、フィーディングのサカナです。
なぜならば、このタイミングはワカサギのスポーン真っ只中だから!

伝九郎の流れ込みから大崎方面の写真です。足下がその流れ込み。正面に見えているのは、漁協スペシャルの和船。なんと、ダブルタロン仕様という豪華なヤツ。

この時季の野尻湖、冬場に下げていた水位を夏に向けて上げるために水の流入があります。最も水量があるのは、伝九郎川と呼ばれる野尻湖漁協の建物がある場所の流れ込みですが、コレ以外にも各所に雪解け水の流れ込むインレットが存在します。

これらインレットのあるシャローに向けて、冬の間アングラーを楽しませてくれたワカサギが、産卵のために寄ってきます。

左上にうっすら見えるのがワカサギ。これが産卵のために接岸してきた群れです。

このワカサギを食べにシャローへ上がってくるスモールがいるので、基本的にはこのフィーディングのサカナを狙っていくのが釣りやすいと思います。

昨年の解禁前日。伝九朗インレット沖のボイルです。特に夕方はワカサギが接岸するのでボイルが増えます。

使うのはジグヘッドリグとシャッド、そしてI字系

この季節忘れたら、終了…となる神器がジグヘッドリグとシャッドです。使い方は、ジグヘッドリグならばミドスト。シャッドはジャーク。これだけです。

あと、ワカサギボイルが起きたときのために、I字系を持っておけば完璧です。細かい話は多分、ルアマガモバイルで一番館の名物ガイド長谷川さんが解説してくれてますので、そちらをチェック! してみてください。

と、まあそれだけでは寂しいと思われるので、もうちょっとネタを仕込みましょうか…。

ネコ人間が必ず持っていくミドスト用ワーム!

必ず持っていくのが、アライブシャッドとシャッドシェイプワーム3inです。

ジグヘッドは1.3、1.8、2.2、2.7gをそれぞれ用意。カラーはとりあえずパープルウィニーとグリパンがあればよいと思います。

忘れちゃイケないシャッドはコチラ!

シャッドはレンジ別に用意しています。

1.5mまでの浅いレンジのキャスティング用には信頼のスーパースレッジとハイカット辺り。このレンジならば好みでベビーシャッド60、ソウルシャッド、スパット、ザッガー、ZⅡミノーなどを投入してもらえれば。

個人的な注目は山木さんの自信作であるシマノのパブロシャッドなんですが、そろそろ売ってますか……?

今年の個人的大注目はパブロシャッド。間に合うのか?が大問題。

次に2m前後のレンジ用にウルトラスレッジとハイカットDR。

スースレで届かないレンジを攻めるなら、ウルトラスレッジ。

さらに下はジレンマスーパースティープやアイスクリームビルシャッド。になるのですが、この辺りはキャスティングで使うことはほとんど無く、基本的にはディープでのドラッギング用ですね。

ミドストには専用タックルがベスト!

快適なミドストには、タックル選びが重要です。

多分、先日亀山ダムで実感したという、ルアマガモバイルのニッシーがそのうち書いてくれると思います。

新作ロッドの中からの個人的なオススメは…

【フェンウィックエイシス64SULS】(ティムコ)

【ワイルドサイドWSS64UL】(レジットデザイン)

専用設計のこちら2機種ですかね。ちなみにネコ人間が使っているのは、テクナGPのミドストSPです。

お昼ご飯選びもポイント

ノジリのお楽しみといえばオイシイお昼ご飯ですネ。

我々のソウルフード。ランバージャックのオムカツカレー。

ランバージャックやスピンネーカー、野尻湖ラインなどでランチが食べられます。

きっとこんなヤツが…!

40ちょいくらいだっけ?

釣れると思いますので…。さて、用意しなきゃ。

[釣りPLUS]関連記事

bassfishing スモールマウスバス 野尻湖
ルアマガ+

ルアマガ+

2017.04.17

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。