公式ストア

CATEGORYカテゴリ

公式ストア
バス釣り バレーヒル(Valleyhill) 定番レジェンド記事 ヘビーキャロライナリグ 伊藤巧 bassfishing バレーヒル(Valleyhill) ヘビーキャロライナリグ 伊藤巧 定番レジェンド記事

伊藤巧の陸王ウイニングテク”ヘビーキャロライナリグ”仕掛けの作り方と使い方【攻守自在テクニカル、誰でもできるライトリグだと!?】

古川 和弘

古川 和弘

2018.01.04

2017年の『陸王』で前人未踏の2連覇を成し遂げた伊藤巧氏。そのメインパターンとなったのが、ヘビーウエイト&ロングリーダーを使用した「ヘビーキャロライナリグ」。そのテクニックはもちろん気になるのだが、これからの時期でも通用するのか?「全然余裕です! だってライトリグですから!」。ヘビキャロがライトリグ!? 一体どういうこと??? その仕掛けの作り方と使い方について解説する。


スポンサーリンク

伊藤さんが陸王でメインパターンとしていた、超ロングリーダーのヘビーキャロライナリグ(その真相をルアーマガジン2月号で公開中)

「自由なリーダー」が最大のメリット。シンカーとリーダーで変幻自在のリグ!

フィネスなヘビキャロは誰でもできるライトリグ

ルアマガ2018年1月号掲載の「陸王」決勝戦。唯一2日間ともリミットメイクを果たし、その10尾中9尾を釣り上げた伊藤さんのテクが「ヘビーキャロライナリグ」。冷え込みが厳しい晩秋に炸裂した釣りだが、果たして冬にも効いてくるテクなのだろうか?

房総発祥のテクといえば、パワーフィネスをはじめ、伊藤さんが積極的に取り入れている釣りがあるが、今回のヘビキャロは冬に使われるリグなのだろうか?

ヘビーキャロライナリグといえば、フラットエリアを広くサーチするイメージが強く、消波ブロックのようなピンスポットを狙うとなるとあまりピンと来ないものだが…。

ヘビキャロのメリットをまとめると…、

ディープのライトリグ

リーダーがフリーになるというキャロライナリグのメリットを活かし、フィネスワームをヘビーウエイトで操作するライトリグ感覚の釣り。

底が取りやすい

基本は21グラムというヘビーウエイトを使用するため、ボトムの変化を誰でもしっかり感知できる。

ミドル~ディープの変化を直撃

ファーストブレイクはもちろん、沖のセカンドブレイクや沈船、オダなど、岸釣りでも沖の変化を釣りやすい。

食わせとリアクションの両立

リーダーフリーを活かしたナチュラルなアクションと、ヘビーウエイトのスピードを活かした緩急でリアクション要素も兼ね備える。

チェックが早い

シンプルに言えば、シンカーがスタックする場所では仕掛けていき、それ以外はズル引きの釣りなので、チェックも早く、地形や変化を把握しやすい。

ヘビーなシンカーを操作し、リーダーをアングラーの意のままに演出する釣り。ボトムの変化をはっきりと感知できるので集中してやり切れるのもメリット。

スポンサーリンク

伊藤さんの使用タックルはコレだ!

TACKLE ROD:ロードランナーストラクチャーST700H[ノリーズ] REEL:メタニウムMGL HG LEFT LINE:R18フロロリミテッドハードバス14ポンド[シーガー]

SINKER TGシンカー18キャロライナ[バレーヒル] 伊藤さんオススメのシンカー。「丸形のテキサスシンカーでも試したりしましたが、結果これが一番根掛かりにくいですね」。

SWIVEL キャロダンスイベルヘビー[リューギ] 軽さ、強度を兼ね備えた2連スイベル。スイベルの前にはシンカーの衝撃を吸収するコンボストッパーLを必ずセットする。

LEADER グランドマックス[シーガー] ヘビキャロの核心部のともいえるリーダー部にはシーガー最強のフロロカーボンハリスを使用。2~3号を使い分けている。

HOOK ダブルエッジ[リューギ] 遠距離かつ、ショートバイトも獲るための掛け調子&細軸フック。フック自体も軽く、ノーシンカー状態のアクションも妨げない。

R18フロロリミテッドハードバス リーダーの感度を活かすためにも、メインラインは根擦れに強く、感度の高いハードタイプが必須。硬いラインが障害物に絡みにくいというメリットもある。
リーダーの長さは3種類 狙う障害物によって微調整はあるものの、伊藤さんがヘビキャロで扱うシンカーの重さとリーダーの長さの基準は3つ。①21グラムシンカー(ペグ止め後ろ)+リーダー2号1.5メートル。②10~14グラムシンカー(ペグ止め後ろ)+リーダー2号1メートル。③14~18グラムシンカー(ペグ止め前後)+リーダー3号0.5メートル。

攻撃的&守備的ヘビキャロで死角なし!

『ルアーマガジン2018年2月号』のお求めは、全国の釣具店・書店・WEBショップで!

2017年の陸王を制した伊藤巧さんのウイニングテク「ヘビーキャロライナリグ」。『ルアーマガジン2018年2月号』では、その使い方をさらに深掘りしている。
【フラット編】フラットエリアのヘビキャロは、小さな変化やブレイクに仕掛けていく、超攻撃的フィネス!
【穴撃ち編】前人未投の最深部へ落とし込み、フリーフォールで食わせる守りのフィネス
その他にも微に入り細にわたりヘビキャロについて解説。この冬、ヘビキャロを極めてみたいアナタは必読だ!

◎価格:778円(税別) ◎発売:2017年12月26日 お求めは全国の釣り具店や書店、WEBショップで! お近くのお店に置いていない場合は、そのお店でご注文いただくか、下記の弊社販売サイトNAIGAI-SHOPをご利用ください(1,000円以上お買上げで送料無料)。

[釣りPLUS]関連記事

bassfishing バレーヒル(Valleyhill) ヘビーキャロライナリグ 伊藤巧 定番レジェンド記事
古川 和弘

古川 和弘

2018.01.04

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。