公式ストア

CATEGORYカテゴリ

公式ストア
バス釣り 滋賀県 夢の同船釣行 近畿エリア ルアマガメンバーズ バスボート 木村建太(キムケン) マイケルP 淡水釣り 琵琶湖 バスボート バス釣り(ブラックバス) マイケルP ルアマガメンバーズ 夢の同船釣行 木村建太(キムケン) 淡水釣り 滋賀県 琵琶湖 近畿エリア

夢のプロアングラー密着釣行! キムケン in 琵琶湖に同船釣行レポート

野村 "マイケル" 英之

野村 "マイケル" 英之

2019.06.08

ルアーマガジンの年間購読者『ルアマガメンバーズ』を対象とした特典は色々とあって、そのひとつがキムケンこと木村建太さんをはじめとする人気アングラーとの1日釣行券だ。年末ジャンボ宝くじ並みの大当たりを見事引き当てた、白木慎治さんの琵琶湖釣行のようすをお届けしたい。



快晴の5月下旬。琵琶湖野郎との同船釣行、いざスタート!

当選したのは京都府にお住まいの白木さん。普段は野池でバス釣りを楽しんでいるという。4人の息子さん全員がバス釣り大好きで、しかも全員キムケンの大ファンで、さらに長男もルアマガメンバーズ。「お父さんだけ当選してずるい! って息子に言われましたワ(笑)。僕の誕生日に当選の連絡がルアマガさんから来て、ホンマにラッキーです!」と白木さんは喜びを隠しきれないようす。

キムケンの愛艇、チャージャー198エリート。琵琶湖の荒波に負けない走行性能が魅力。「白黒のラッピングやけど、めっちゃ目立ちますね」とはキムケン。

キムケンが駆るチャージャー198エリートはあっという間にポイントに到着した。バスボートに初めて乗り込んだという白木さんの表情は硬い。「バイクぶっ飛ばすよりエグいんとちゃいますか…」。

午前中は快晴、ほぼ無風。5月下旬とは思えない暑さだった。

開始数分。「なんか重たいかも?」、「バスです! 思い切り巻いてください!」

琵琶湖南湖沖合の、水深4m。最近ウイードがめっきり減ってしまった琵琶湖だが、このエリアにはエビモがごっそり生えているという。「コレ投げてみてください」と、キムケンが白木さんのタックルに結んだのはフリーリグ。シンカーが落ちた後に、ワームがフワフワと落ちていくヤツだ。

キムケンが用意してくれたフリーリグ。シンカーはリングドデルタ5g、フックはインフィニ4/0(ともにリューギ)。ルアーはマックスセント・クリッターホグ(ピュアフィッシングジャパン)。「白木さんのライン、ちょっと細いんで巻き替えましょう」と、YGKよつあみのオルトロス16lbにチェンジ。さすが敏腕琵琶湖ガイド。

力みすぎたか、白木さんの1投目は数m先に着水。素早く回収して2キャスト目に移った。「シンカーが底に着いてしばらくしたらズルズル引いてきて、ウイードに引っかかったらロッドを揺すってください」と、キムケンが釣り方を説明する。

人気エリアだけあって、平日でもボートがズラリ。さらにキムケン艇が目印になって、その数は加速した。

「…なんか重いですね」という白木さんに、「(バスが)食ってるんで思い切り巻いてください! もっともっと!」とキムケン。

ルアマガメンバーズ釣行大成功!

数10秒後、グッドサイズは見事ネットに収められた。というわけで、今回のミッションはほぼ成功。「ロッドを大きくあおっても実はフックに力が全然伝わってないから、バスが食ったと思ったらとにかく巻いてくださいとアドバイスしてます」。いわゆる「巻きアワセ」というやり方。特に遠くでバイトした際、巻きアワセが効果的らしい。

その数分後にも白木さんはフリーリグでグッドサイズを追加。「エエ感じにバスが回ってきたみたいすね」というキムケンの言葉どおり、俺もバックシートから釣っときました(笑)。

ほどなく2尾目をキャッチ。「フリーリグでまた釣れました! キムケンさんありがとうございます!」。フックの上にセットされた蛍光ソフトビーズは、ラインブレイクを防ぐアイテム。
ネコリグです(笑)。具は最近お気に入りのレイジバグ(ストライクキング)。


ババ荒れの午後もフリーリグが炸裂。やっぱり琵琶湖は最高だ!!

お昼ご飯でいったん上陸した後も、ひたすらフリーリグにバイトが続いた。「キムケンさんの船でこんなに釣らせてもらうなんて、最高すぎます!」と大興奮の白木さん。

「またエエのが釣れました! 琵琶湖のバス、ホンマに引きますね!」。
爆風で船が揺れまくるので、バックシートに移動してフリーリグをドラッギング。4尾目を追加。「髪の毛爆発してますやん(笑)」。

午後からは爆風が湖上に吹き付けたが、意に介さずキムケンはスロットルを全開に。ババ荒れの中の爆走っぷりを下記の動画でお楽しみください(笑)。

https://twitter.com/michael072/status/1132892093305593859

ついでに俺もフリーリグで57cmをキャッチ。マックスセント、ホンマに釣れまっせ(笑)。

クリッターホグを丸飲みした57センチ。いやー引いた引いた。

そして「あと5キャストぐらいであがりましょう」とキムケンが言った直後、白木さんのロッドが大きく曲がる。「思い切り巻いてください!」と言いつつネットを手にし、キムケンがリヤデッキに素早く移動してランディングの体勢に入った。

「なんすかこれ!!!」強烈な引きに耐える白木さん。「デカいっす! 巻いて巻いて!」とネットを差し出すキムケン。

無事ネットインしたのは、見事な体型の55cm。「野池でも同じ大きさのを釣ったことありますけど、信じられんぐらい引きました。キムケンさん、ホンマにありがとうございました!」と感無量の白木さん。

最後の最後にキャッチしたのは、自己記録タイの55cm。いまいち本調子ではない琵琶湖でこれだけの釣果をゲストに提供するキムケン、さすがです。

というわけで第1回目のルアマガメンバーズ同船釣行は大成功。キムケン、白木さん、ありがとうございました! 「ルアマガメンバーズって何?」と興味のある方は下記リンクをチェック!

さらに5月7日からは陸王や艇王などの大人気動画が見放題&ルアマガが毎月届く新サービス「ルアマガプライム」もスタート! こちらでもアングラープログラムを展開、見逃せないスペシャル企画が盛りだくさんですよ!

バスボート バス釣り(ブラックバス) マイケルP ルアマガメンバーズ 夢の同船釣行 木村建太(キムケン) 淡水釣り 滋賀県 琵琶湖 近畿エリア
野村 "マイケル" 英之

野村 "マイケル" 英之

2019.06.08

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。