吉田遊プロデュースルアー第2段! 巻いてよし潜らせて良しの『スイッチベイトアンサー(レイドジャパン)』【ルアマガ+のフィッシングショー2021】



バス釣りの醍醐味を存分に味わえる釣りとして人気の高いトップウォータープラグを使った釣り。バスによる激しい捕食の瞬間が丸見えなこの釣りにぴったりな最新アイテムがレイドジャパンから2021年に登場予定! プロデュースしたのは、大人気となった『スクラッチ』の吉田遊さんだ!

『スイッチベイトアンサー』に関して紹介してくれるのは『岡友成』さん!

【Profile】
岡友成(おか・ともなり)
レイドジャパンのプロダクトディレクター兼プレイヤー。ルアーマガジンモバイルの看板企画『特命釣行』の無茶なお題を岸釣りで初めてクリアしたオカッパリスペシャリストだ。ハイスピードなラン&ガンと撃ちの釣りを軸にヤル気のある個体をいち早く見つけ出すスタイルは特筆すべきもの。その健脚ぶりは、ときに取材スタッフが音を上げるほどだとか!?

『遊』プロデューストップウォータープラグ第2段登場!

リップの付いたミノーのようなルックスに、テールのプロップ。

名作・スピンテールバングオーを思い起こさせるデザインのプラグですがこれは一体…?

「スクラッチに続く、吉田遊プロデュースのトップウォータープラグ第2段『スイッチベイトアンサー』です!」

スクラッチはすごい人気でしたよね。こちらはどんなルアーなんですか?

「スクラッチが水を積極的に動かすルアーだとしたら、これはその対極。水を逃すタイプのトップウォータープラグになります」

クランクとミノーの関係みたいな感じですね。

「名前の通り点でも線でもスイッチして使えるルアーでして、ただ巻きで表層に引き波を立てたり、ロッドワークでダイブさせたりして使います」



急潜航急浮上でしつこく誘え!

「巻きもダイブもこなすのですが、特に得意としているのがダイブなんですよ」

何か特徴があるんですか?

「従来のプロップベイトに比べて、ダイブ時の角度が急潜航するようになっています。そして浮いてくるのも頭を上にした急角度で浮上するように設計してあるんです。こうすることで、より短い移動距離で誘いをかけることが可能なんですよ」

壁際からあまり離したくない時や、狭いシェードの中をじっくり攻めたいときに重宝しそうです!

「しかも、潜る時はもちろん、浮かび上がるときにもプロップがしっかり回転するんです。遠くから見てみるとわかるのですが、フラッシングが凄いんですよ!」

なるほど。遠くの魚やより深いレンジの魚へもしっかりとアピールしてくれそうですね!

アクションを使い分けてその時の正解を導き出せ!

「スペック的には120mmの1/2ozクラスで進めていますので、MH~MLまで幅広いタックルで使いやすいと思います。いわゆるウェイクベイトのようにただ巻きで使えば素早く広範囲を探れますし、クレバーな魚を狙うなら潜らせて浮かせて…といった具合に、状況に応じて使いわけて、その日の正解を探してみてください!」

スイッチベイトアンサー(レイドジャパン)

【スペック】
●全長:120mm
●重さ:1/2oz
●発売時期:6月頃

ルアマガプラス