釣れる深海魚! コイツ等の名前知ってる?



一口に釣りと言っても、そのターゲットは様々。山奥で釣れる美しい渓流魚に、家の裏の水路で釣れるナマズ、大海原で激闘を繰り広げるマグロ…etc。どの釣りも魅力的なものではありますが、ワクワク感が楽しめる釣りとして個人的にオススメしたいのが深海魚の釣り! 近くて遠い未知の世界が待っているんです!

東京近郊で楽しめるトンデモナイ釣り

島国である日本に住む人々なら馴染み深い『海』。

でも身近な存在なのにも関わらず、まだまだわかっていないことはたくさんあるんです。

その理由の一つがその『深さ』!

世界で最も深いマリアナ海溝はなんと10,000m以上!

日本のすぐ近くにも世界で5番目に深い9,788mを誇る伊豆・小笠原海溝があります。

途方も無い深さです。

そこまでいかなくても、相模湾には水深1,000mを超える相模トラフがあり、実はその辺りが関東近郊の深海魚釣りのメッカになっているんです!

1,000mを超える釣り…。

例えば砂浜からのキス釣りはかなり遠くに飛ばす釣りですが、200mを超えられば相当の達人でしょう。

深海魚を狙う釣りというのは、人と魚が最も遠いところで出会う釣りなんです。

そんな遥か彼方、深い水深に住む魚たちはもう見た目からして特殊!

ちょっとどんな魚が釣れるのか見てみましょう!

イバラヒゲ

深海魚釣りをしていると割とよく釣れるポピュラーな魚。

真っ黒な魚体に変わった形。

いかにも深海魚! といった雰囲気です。

ウロコはトゲトゲで触ると痛い感じ…。

あまり歓迎されない魚ではありますが、深海魚界のトップスター・ベニアコウとよく似た生態をいるとかで、こいつが釣れると狙いは悪くないと判断できるとか。

そして実は美味!

トウジン

イバラヒゲと似た形をしたいかにも深海魚といった風体その2。

イバラヒゲほど黒くはなく、尖った鼻(吻)が目を引きますね。

一般流通はあまりしていないものの食味はよく、漁師によって様々な方法で食されているらしいです。



ムネダラ

先に紹介した2種類の親玉のような迫力がある深海魚。通称『怪獣』。

カッチョいい顔に不釣り合いな尾びれの不思議な組み合わせはどこかメルヘンチックであり、おとぎ話に出てきそうな雰囲気です。

かなり大型になるため、釣れたときの達成感もひとしお!

あまり美味しくないとも言われていますが、肉豆腐的な味付けにアレンジで調理されたものが美味しかったとの噂! 魚豆腐!?

どんな風に釣ってるの?

仕掛けは複数針を使った胴付き仕掛けが一般的。

餌やタコベイトの組み合わせで、ボトムから数10m前後をゆっくりと誘っていく釣りです。

仕掛け投入に10分以上。

投入してからも20分以上。

巻き上げるのにも10分以上。

非常に時間のかかる釣りではありますが、その見返りはやはり格別なもの。

深海魚、釣ってみたくなりません?

※ちなみにこの記事では水深200m以深の釣りを称して深海の釣りとしています!

ホラー漫画に重要な要素は醜美の差…的な『 美女と深海魚』動画もチェック!

ルアマガ+では、今後も未紹介深海魚が釣れれば紹介していきます!!

また、リュウグウノツカイチャンネルでも引き続き『美女と深海魚』的な動画をアップしていきますのでよろしくおねがいします!

ルアマガプラス