公式ストア

CATEGORYカテゴリ

公式ストア
2021新製品 2021リール エギング DAIWA DAIWA(リール)

DAIWA最先端リールで本格エギング!今年の目玉「21カルディア&フリームス」を開発陣が語る!【最新エギングリール選択考】

アバター

ルアーマガジン・ソルト

2021.05.06

汎用ハイコストパフォーマンスリールとして名高いDAIWA「カルディア」。中堅的な価格帯ということもあり、初心者から熟達者までエギングに限らず様々な釣種の釣り人から愛されているモデルだ。そしてさらなるパフォーマンスの高さを目指した弟分「フリームス」はエントリー層にうってつけの最強コスパな汎用機。2021年にフルモデルチェンジを果たした両リール、そのエギング性能についてDAIWA企画課のお2人にお話を伺いました。

質問に答えてくれたDAIWA企画課のお2人

【Profile】

戸出玄樹(とで・げんき)

DAIWAリール企画課、リール開発担当。今回、とりとめない質問にも細部まで答えてくれたリール開発のエキスパート。自身も淡水、海水を問わず数多くの釣りを経験している。

【Profile】

金満秀幸(かねみつ・ひでゆき)

DAIWAロッド企画課、エギング、ロッド担当。エギングに関する知識と腕は筋金入り。今回はテクニック面やロッド、エギングの総合的な質問を中心に答えてくれた。

お手頃価格でモノコックボディ! カルディアは「今期の目玉」

この価格でこの性能!? 買いやすい価格帯で、どんな魚種でも人気が高い…それがカルディアだ。

ビギナーからベテランまで納得の高機能ハイコスパリールは、エギングでも通じるのか!?

カルディア LT2500S-XH(DAIWA)

【スペック】

●素材:ZAION V
●ボディ:モノコック
●重量:190g
●希望小売価格:23,200円
●巻取り長さ:87cm(cm/ハンドル1回転)
●ギア比:6.2
●標準糸巻き量:ナイロン4lb-150m/PE0.6号-200m
●ベアリング:ボール6/ローラー1
●最大ドラグ力:5kg
●機能:ザイオンVエアローター、マグシールド、タフデジギア、LT(ライトタフ)、ATD、LC-ABSほか。

戸出「明かしてしまうと、今期一番の目玉商品がカルディアです」

2万円という価格帯から、ちょっと頑張ればエントリーユーザーでも手が届く値頃感。それでいて高機能という充実っぷり。

戸出「あとおすすめの点でいえば、カルディアまでがモノコック。ルビアス以上はリニアシャフトという差はあるのですが、十分な剛性感があります」

金満「合わせるロッドはエメラルダスMXがおすすめですが、どんなロッドにも合いやすいデザイン性も高い人気のもとになっていると思います」

戸出「実は、フリームスとともにリールフットの強度を若干上げています。これで歪みもなくなるので、剛性がアップしています」

「カルディア」各部カット(クリックで拡大)

21カルディアは過去の記事でも紹介済み!

DAIWAリール担当が斬る! 「カルディア」

軽量性:8点
剛性:7点
防水性:8点
回転フィーリング:8点
耐久性:8点
合計=39点

素材がザイオンVと変わってくるため剛性は7。しかし、その他の数値は全て8。合計では39と、価格以上のスペックを持つ。ある程度高いエギング性能を求めるならコレ!?

編集部判断:コストパフォーマンスは「9」

間違いなくコストパフォーマンスは高いが、フリームスの価格帯を10とみて9の判断。しかし、数千円の差ならカルディアを推したいのが編集部的な本音だ!

おすすめロッドは「エメラルダスMX 79L-S」

ロッドはAIRとほぼ変わらない85gのライトエギングモデル、MXとのセッティング。合計275gという軽さで軽快にエギを操ることができる。シャクリも軽くこなし、待っている時間も持ち重りしないという驚異のコスパセットだ。

コスパに優れた軽量コンビでジャークもフォールもお手の物。貴方も気軽に海の遊撃手となるべし!

コスパの鬼「フリームス」で本格派アングラーにエントリー!

フリームス LT2500-XH(DAIWA)

【スペック】

●素材:ZAION V
●重量:200g
●希望小売価格:17,300円
●巻取り長さ:87cm(cm/ハンドル1回転)
●ギア比:6.2
●標準糸巻き量:ナイロン6lb-150m/PE0.8号-200m
●ベアリング:ボール5/ローラー1
●最大ドラグ力:10kg
●性能:ザイオンVエアローター、マグシールド、タフデジギア、LT(ライトタフ)、ATD、LC-ABSほか。

戸出「’18年モデルに比べボディ&ローターの素材がザイオンVにアップデートされ剛性が上昇しました。重量も5g軽くなって、防水&耐久性も十分です」

金満「これからエギングをやりたいという人におすすめなモデルですね」

戸出「あと、これの下位機種はハンドルがシャフト式ですが、フリームス以上はねじ込み式なのもおすすめな点です。緻密な巻き心地が体感できるはずです」

「フリームス」各部カット(クリックで拡大)

DAIWA開発部が斬る! 「フリームス」

軽量性:7点
剛性:6点
防水性:7点
回転フィーリング:7点
耐久性:7点
合計=44点

モノコックボディではないため剛性は6。その他は、ほぼカルディアに近い7。合計で34ポイント。1万円台のリールと考えれば、十分以上のエギング性能を持つモデルといえる。

編集部判断:コストパフォーマンスは「8」

ある程度のレベルは維持したい。そんなエントリーユーザーであれば、迷わずおすすめしたいフリームス。1万円台から本格的に釣りを始められるエギングリールと言えるだろう。

おすすめロッドは「エメラルダスX 83M」

重量は113gで、リールと合わせれば313g。これで十分じゃない? と、思える高バランスセッティング。シャクリも軽快にこなし、そこそこの価格。まず1セット! という方におすすめだ。

高機能リールに求められる性能の基本的な部分をあまさず押さえた「フリームス」。実勢価格で1万円弱の「エメラルダスX」と組み合わせればお財布にも優しく、本格的にエギングを楽しめる。

既存リール比較:ルビアス

ルビアスLT2500(DAIWA)

DAIWAの最軽量モデル「ルビアス エアリティ」と比べても5g差。これだけ軽量なのに3万円台。さらにザイオン素材にモノコックボディ。多くの機能を詰め込んでいるハイコスパリールと言えるだろう。

カルディア&フリームスというハイパフォーマンスリールの対抗として紹介してはいるが、機能的には最上級クラスと遜色ないだけに人気が高いモデルだ。

【スペック】

●重量:175g
●希望小売価格:38,900円
●巻取り長さ:73cm(cm/ハンドル1回転)
●ギア比:5.2
●標準糸巻き量:ナイロン6lb-150m/PE0.8号-200m
●ベアリング:ボール9/ローラー1
●最大ドラグ力:10kg
●性能:ザイオンエアローター、マグシールド、タフデジギア、LT(ライトタフ)ほか。

DAIWAリール担当が斬る! 「ルビアス」

軽量性:10点
剛性:8点
防水性:8点
回転フィーリング:9点
耐久性:8点
合計=43点

175gという軽さから10をマークし、回転フィーリングも9。ほかは8となるが、合計で43ポイント。エアリティが出たおかげで数値自体は低めになるが、この価格なら納得性能!

【最新エギングリール選択考】が記載されているルアーマガジン・ソルトはこちら!

DAIWAの情報一覧

日本が世界に誇る総合釣り具メーカーDAIWA。斬新なアイデアと最先端のテクノロジーから生み出されたタックルはいつの時代もトレンドとなり、国内はもちろん、世界中の釣りシーンを牽引。DAIWAの情報一覧はこちら!

詳しくはこちら

アバター

ルアーマガジン・ソルト

2021.05.06

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。