公式ストア

CATEGORYカテゴリ

公式ストア
オフショアキャスティングロッド「スパイク(テンリュウ)」
2021新製品 2021ロッド オフショア テンリュウ(TENRYU) テンリュウ(インタビュー) テンリュウ(ロッド) スパイク(Spike) 舟木雄一

オフショアキャスティングロッドはこれで決まり! テンリュウ『スパイク』にカツオモデルの「ボニート」2本が登場!

ルアーマガジン・ソルト

ルアーマガジン・ソルト

2021.05.12

マグロやヒラマサ、カツオ、サワラなど、近年かなりの盛り上がりを見せているのがオフショアのキャスティングゲーム。この釣り専用のロッドシリーズがテンリュウの「スパイク」で、2020年にリニューアルを果たした。そして今年、カツオを主眼に狙うモデル2本が追加! その特徴を、自身もアングラーとして活躍する舟木雄一さんにうかがった。

解説はテンリュウの開発広報、舟木雄一さん!

【Profile】

舟木雄一(ふなき・ゆういち)

自社工場のメイドインジャパンクオリティを提供するテンリュウの、製品開発と広報を担当。ライトゲームからビッグゲームまで幅広い釣りに精通し、その経験値の高さを生かしてメディアでも活躍中。

テンリュウの「スパイク」とはどんなシリーズなのか?

まず、テンリュウのスパイクというのは、どういったシリーズになるんでしょうか。

舟木「オフショアのキャスティングロッドシリーズですね。2020年にリニューアルして、マグロ(ツナ)が2本、ヒラマサ(イエローテール)が3本ラインナップしています」

スパイクシリーズは全モデルC・N・T(カーボンナノチューブ)を使用している。粘り強いパワーと反発力を生み、それでいて使用感や感度も損なわないブランクスになっている。

やはり、マグロ用とヒラマサ用ではロッドは変わってくるのでしょうか?

舟木「はい、竿の質がまったく異なりますね。マグロはファイトが長期戦になるので、ロッドにも耐久力が求められ、人間側に負担がかかり過ぎないようなロッドになります。もちろん、キャスティング性能やルアーの操作性も求められます」

それでは、ヒラマサは?

舟木「ヒラマサは、広範囲にルアーを投げて誘い出してくる釣りで、マグロに比べてキャストの回数がとても多い。マグロは1日100投もしないということもありますからね。ヒラマサ用はキャスト重視、マグロ用はファイト重視のブランクスになります」

関東と九州では釣り方も変わってくるヒラマサゲーム。やはりロッドも違いが出てくる?

舟木「そうですね、まずキャスト方法が違います。関東ではキャストがアンダーハンドメインで、西の方面に行くとキャストはオーバーヘッドになります。そうなるとロッドの長さも変わります。関東はロッドが短くなるし、九州は8ft以上のロングロッドが必要になってくると。

そして、九州は魚もデカいし、浅場で誘い出すとなるとパワーファイトが必要。関東ではPE5号までくらいがメインになるんですが、玄界灘では6〜8号とかを普通に使いますからね」

なるほど、地域別の釣り方に対応してヒラマサ用は3本がラインナップしているんですね。具体的には、どのような作りになっているんでしょうか?

舟木「スパイクシリーズのブランクスは、イエローテールは高弾性でキャストや操作性を重視していて、ツナは低弾性で粘りを持たせてあります。つまりファイト重視ですね。

マグロ用はバット部にアシストグリップを搭載していて、ファイト時にここを握ることができるようになっています。マグロはファイト時に思い切りロッドを立てたりしますからね。あとはガイド。一番手前は逆付けにしてあり、キャスト時の糸抜けをアップしています。ガイドのフットにラインが当たらないようにしてあるんです」

モデルタイプ長さ ( m [ft])継数アクション仕舞い長 (cm)ルアーウエイト (g)LINE (PE)ドラグMAX (kg)リアグリップ長 (mm)ロッド自重カーボン/グラス (%)価格(税込み)
SK732S-MH (Yellow Tail)S2.21[7’3″]2 (O.S.H)R162MAX100MAX510/45°43029587/135万600円
SK742S-MHH(Tuna)S2.24[7’4″]2 (O.S.H)R157MAX120MAX612/45°43534588/125万7750円
SK772S-M (Yellow Tail)S2.31[7’7″]2 (O.S.H)R169MAX90MAX47/45°46529188/125万50円
SK802S-MHH (Tuna)S2.44[8’0″]2 (O.S.H)R171MAX120MAX612/45°49537088/125万8300円
SK822S-MH (Yellow TailS2.49[8’2″]2 (O.S.H)R184MAX100MAX510/45°49032587/135万7200円

カツオ、シイラ、ワラサのボートゲームならSK722S-ML (Bonito)で決まり!

そして、マグロ、ヒラマサに続いて、カツオ(ボニート)用が追加されました。

舟木「カツオ(ボニート)も、以前にラインナップしていた2本をリニューアルして追加しました。スペックはそのままですが、バットにCNTを使ったり、グリップの長さを調節したりして、全体的にアップデートしています。ボニートはイエローテール寄りのテイストで、キャストや操作性を重視したロッドになっていますよ」

カツオだけでなく、シイラやワラサやリーフゲームなど、楽しみ方は無限大!

モデルタイプ長さ ( m [ft])継数アクション仕舞い長 (cm)ルアーウエイト (g)LINE (PE)ドラグMAX (kg)リアグリップ長 (mm)ロッド自重カーボン/グラス (%)価格(税込み)
SK672S-LML(Bonito)S2.00[6’7″]2 (O.S.H)R148MAX60MAX2.55/45°39018695/54万2350円
SK722S-ML(Bonito)S2.19[7’2″]2 (O.S.H)R167MAX80MAX36/45°39020795/54万5100円

舟木「SK722S-ML(Bonito)はカツオゲームの基本となるモデルで、カツオでまず1本というならこのロッドですね。30〜50gのプラグやジグをキャストする場合に、一番使いやすいのがこのロッドになります。長さもちょうどいいし、オーバーヘッドでもアンダーハンドでも投げやすい設定です」

SK722S-ML(Bonito)【テンリュウ】

舟木「カツオだけでなくシイラにもぴったりの竿だし、近年ブームになっているサワラゲームにもベストマッチです。ペンシルベイト、ポッパー、ミノー、ジグなど、これらの魚を使うルアーが一番使いやすいところですね」

このロッドは、どのようなラインシステムで使用したらいいでしょうか?

舟木「ラインはPE1.5〜2号くらいのライトめを使うとめちゃくちゃ楽しめますよ。リーダーは30〜40lbで。PE3号を使ってもらっても余裕でフルキャストできるので、デカイのが掛かっても安心してファイトができます。カツオは2〜3kgがメインで、5kgクラスもヒットすることがある。同じ重さならマグロよりもカツオは引きますよ。

あとは、このロッドは近年ものすごい盛り上がりを見せているワラサにもぴったりです。最近では東京湾にワラサがかなり入ってくるし、青物も釣れる。ワラサはメーターオーバーも釣れたりしますからね。そうなると、普通のシーバスロッドでやっていると心許ない。太いラインを使っていれば、ファイト時間を短くすることができて、同船者とお祭りも回避できたりします」

カツオやハガツオだけでなく、シイラやワラサゲームにもぴったり。テスト釣行では大型のダツもキャッチ。

カツオからトロピカルフィッシュまで! 実は一番遊べるSK672S-LML (Bonito)

ライトな中にも力強さを兼ね備えるシリーズ最軽量モデル

そして、もうワンランクライトなセッティングになるのが、SK672S-LML(Bonito)。

舟木「食い渋ったシイラや外房でのカツオを狙うときは、小型のプラグや20〜30gのジグを投げて釣る場合もあるときも出てきます。そうなると、SK722S-MLだとパワーが強いなと感じる時がある。そういうときに出番となるのがこれですね」

SK672S-LML (Bonito)【テンリュウ】

テイスト的には、ボートシーバスロッドに近い感じでしょうか?

舟木「そうですね。ただ、ボートシーバス用よりもパワーは強めに設定してあります。そこはやはり青物用ということですね。強めにドラグを掛けて、急激な魚の走りにも耐えられるようなロッドになっています。ラインだと1.2号でリーダーは30lbあたりを使うといいと思います。どちらもロッドのアクションはレギュラー。これはマグロもヒラマサも同じですね」

舟木さんは、南方系の魚を狙ったライトゲームでもこの竿を使っているみたいですね。

舟木「リーフでのトロピカルフィッシュ狙いにちょうどいいんですよね。GTを狙いに行って、GTが出ないときに浅場で遊ぶときにこの竿があると面白いんです。釣れるのはカスミアジとかフエフキダイ、マングローブジャックとか小さいグルーパーとか。

トップだったりミノーだったりを、軽快に動かして魚を掛けていくので、テクニカルな釣りが好きな人にはたまらない釣りですよ。小さくてもよく引く魚たちですから、ロッドはそれなりにパワーが求められるので、繊細さとパワーを兼ね備えているこのロッドがベストマッチです」

南方のキャスティングゲームは侮れないファイター達ばかり!

スパイクシリーズはまだまだ新展開を計画中!

マグロ用とヒラマサ用、そしてカツオ用と、スパイクは計7本体制となりました。

舟木「これで強い竿から柔らかいものまでメインどころが出揃いました。でも、まだまだロッドの使い分けは必要だと感じています。前々からテストしていた竿もありますし、実はスパイクシリーズの追加モデルも用意しているんです。それも近々発表できると思いますので、しばしお待ちください!」

テンリュウの情報一覧

高品質なMade in Japanクオリティの自社ブランクを使用した確かな技術力の高性能ロッドメーカー。テンリュウの情報一覧はこちら!

詳しくはこちら

ルアーマガジン・ソルト

ルアーマガジン・ソルト

2021.05.12

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。