パワーゲームにはこの1本『コンバットスティック・オライオンOCSC-71H+ブラックローズ(エバーグリーン)』【菊元俊文バスロッド最高傑作をインプレ】



2020年にエバーグリーンインターナショナルから発売されるや、約7万円というハイエンド価格ながらあっという間に初回生産分が完売してしまったという驚異のバスロッド『オライオン』。菊元俊文さんがその持てる知識と経験を総動員した『オライオン』から5本をルアマガ編集部でお借りしてインプレしてみたぞ!

インプレするのはこの4人!

【Profile】

カミィ

フライフィッシング、エリアトラウト、デイナマ、キャンプ、マラソン、さのまる……と興味の方向性が多岐にわたる本誌編集長兼サブカル男子。先日ロケ中に負傷した足をおしての気合の参戦。バス歴30年。

【Profile】

マツ

近所の江戸川ちょい釣りを加えると、去年の年間釣行日数は80日をオーバー。今年もすでに35日に達しているが……それでもなお関東で50アップを釣ったことがない記録を更新し続ける永遠の中級者。バス歴40年。

【Profile】

ティーチャー大場

バスフィッシングが好きすぎて、昨年、10年勤め上げたまっとうな職からルアマガチームに逆ビズリーチしてしまった熱血漢。陸王ダービーにも参戦しており、休日のほぼすべてを釣り場で過ごす。バス歴15年。

【Profile】

マイケル

冬はエリアトラウト、シーズン中は時間があれば琵琶湖に浮きまくる、「釣り雑誌の編集者は釣りしてナンボ」を地で行くルアマガプロデューサー。最近は東京湾のキビレゲームにもご執心なようす。バス歴35年。

ヘビーカバーやビッグベイトを軽快にこなす、超ド級、パワー&ストロングゲーマー

インプレ第1弾は『オライオンOCSC-71H+ブラックローズ』。

ラバージグ、テキサスリグ、リーダーレスダウンショットなどを用いたヘビーカバー対応の打撃系ロッドでありながら、ビッグベイトでのモンスターハンティングにも威力を発揮するのがブラックローズの特徴だとエバーグリーンさんのホームページには書かれています。では、実際に使ってみるとどうなのでしょうか?

『オライオンOCSC-71H+ブラックローズ』

●全長:2.15m
●継数:1
●標準自重:126g
●パワー:ヘヴィ・プラス
●ルアー範囲:7~84g
●ライン範囲:12~30Lb
●価格:78,100円(税込)

マイケル「ビッグレイクでのボートゲームで重宝しそうな1本

ヘビープラスという表記だけど、ガチガチのヘビーロッドというよりはファストテーパーでもじっくりとルアーウエイトを受け止めて曲がる感じなので、ジグやテキサスリグみたいな撃つ釣りでもスピナーベイトやチャターやスイムジグの巻く釣りでも使えてかなりいい感じです。東京湾でジョイクロとかビッグペンシルを投げてもおもしろそう(笑)。

カミイ「振りやすく、ラインテンションを張った瞬間の感度がすごい……」

バラムは投げられるが、やはりスローンをジャイアントベイト専用機にして、こちらは大きめのビッグベイトあたりがベストか。NZクローラーを投げるのにドンピシャ。ありあまるトルクのおかげで、ビッグバドなど引き抵抗がデカすぎるルアーにも向いている。マグナムスプーンも、感度とパワーが突出しているので意外と好相性。1/2ozジグにバルキーワームでジグストをしてみたら、自分的には最高にマッチ!

ティーチャー大場「ビッグベイト以外も快適に投げられるビッグベイトロッド

個人的に、今回のインプレで2番目に欲しくなったロッドがこちら。ジョインテッドクロー178など2ozクラスのビッグベイトをフルキャストしても不安がないロッドパワーがありながらも、1/2ozのスピナーベイトやファットイカなどの高比重ワームも快適にキャストできました。

マツ「ザ・パワーゲームヘビーカバーから一気に抜く!

プラスというだけに、キャスト面でもロッドワークにおいても、一般的なHの竿で扱うよりウエイトが重いルアーのほうが適している印象。というのも、ティップがしっかりしてるから。ウィードならパンチング、リーズならウェッピングで早い勝負ができそうです。こういうロッドを使えるフィールドが増えてほしいなぁ。



『コンバットスティック・オライオンOCSC-71H+ブラックローズ(エバーグリーン)』インプレまとめ

4人の感想からブラックローズを表現するなら、撃つ釣りも巻く釣りも極めて高次元でこなせてしかもムリの利くパワーフィッシングバーサタイルといったところでしょうか。

次回は1昨年から話題となっている、“あの釣り”専用機ともいうべきモデル『コンバットスティック・オライオン OCSC-711XX スローン』のインプレです。お楽しみに~!

『ルアーマガジン』2022年11月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2022年11月号

今回の表紙は「る○ぶ」をイメージしています。って、言わなくてもわかりますかね(笑)。旅をテーマに特集を考えていたときに真っ先に浮かんだイメージがコレでした。楽しそうでいいですよね~。実際、内容のほうも非常にバラエティ豊かなものになっています! ガチで使えるハウツーはもちろん、冒険心をくすぐる実釣企画、たくさんのお役立ち情報…。「る○ぶ」のように皆さまを楽しい旅へと導きますよ!

  • 発売日:2022年9月21日
  • 定価:990円(税込)
ルアマガプラス