公式ストア

CATEGORYカテゴリ

公式ストア
エギング ヤマリア(YAMARIA) エギ王

日中エギングに緊急事態! ヤマシタのエギ王LIVEに次世代ケイムラ「ネオンブライト」がインストール!

ルアマガ+

ルアマガ+

2021.06.03

2度に渡るティザー動画で我々を沸かせたエギング界の王「エギ王」。ついにその進化の全貌が明らかになった。ヤマシタの新たな技術「ネオンブライト」を搭載した今夏発売の新「エギ王LIVE」は、エギングではもはや定番となったケイムラというカラーパターンをもう一歩先へと進め、さらなるアオリイカをモノにするためのエギである。その詳細と設計思想を概観してみよう!

エギ王LIVEに「ネオンブライト」搭載色が追加!

3色のケイムラ「ネオンブライト」で効果的な日中エギングを

そもそもケイムラとは「蛍光ムラサキ」の略であり、紫外線に反応する蛍光色のこと。紫外線は可視光よりも水中に届きやすいため、これを受けて発光するケイムラを利用すれば、暗い海底でもハッキリとしたカラーアピールが可能であった。

確かにケイムラは光る。…しかし! これまで我々は、ケイムラにただ光ることのみを追求し、どのように光るかということに無関心ではなかったか!? そこに鋭いメスを入れる技術がヤマシタの「ネオンブライト」だ。

「ネオブラ」搭載のエギ王LIVE(クリックで拡大)

一般的なケイムラは青白く発光するが、紫外線を受けたネオブラエギ王はモデルにより赤、青、緑の3パターンで輝く。

ローライトの赤、澄み潮の青、濁り潮の緑…といったように、エギングにおいてカラーチョイスが重要な局面は数多く、しかもネオンブライトなら各色それぞれが「発光」。イカに対する強いアピールとなってくれるのだ。

ヤマシタテクノロジーページで「ネオンブライト」の詳細をチェック!

「ネオブラ」エギ王の出しどころとは!?

どんなケイムラも太陽光の紫外線に反応して発光するため、特殊な使い方をしない限り基本的には日が差している日中に有効なカラーとなる。その上で潮の色や光量に応じ、より適切なアプローチを仕掛けていけるのがネオブラの強みだ。

これまでは青く光るのが一般的だったケイムラ。したがって。出しどころは青系が有効な真っ昼間が中心となっていた。

水の色に合わせていくのがエギのカラーパターンの王道。これまではテープのカラーでそれを表現するしかなかったが、ネオブラの登場で青以外の発光アプローチが可能になった。これによりマヅメ時や潮が濁っているときに有用なケイムラが誕生したのだ。

朝・夕マヅメに有効な「レッド系」

マヅメ時の朝焼けや夕焼けの色に馴染ませてゆくカラーがレッド。海中に赤い光が差し込むような、光量が少ない時間帯に特に有効に働く。

また、各色ともにアクセントとなる黒い影となる部分テープが技アリ。シャクったときのダート時にチラつき、イカの注意を引いてくれる。

濁り潮に有効な「グリーン系」

濁った潮が入ってきているときや、澄んでいても海藻やプランクトンなどの影響で水が緑がかっている際にチョイスするカラー。

日中の澄み潮に効く「ブルー系」

これまでの一般的なケイムラと同様、青白く光るタイプのブルー。日の高い時間帯に使うことが想定されたカラーだ。

エギ王LIVE「ネオンブライト」は6カラーをラインナップ(クリックで拡大)

基本3色に対してそれぞれ2モデル、計6色が発売予定。テープカラーが異なるだけでなく、それぞれ発光の度合いや色合いに差がある。

時間帯による光量の変化に合わせたり、水の色の様子を見て強弱を調節…。これまでもデイエギングにおいて圧倒的な釣果をもたらしてくれたケイムラだが、ネオンブライトは今までと比べ物にならないほどの多様なローテーションを可能にした。デイエギングの新たな切り札となってくれることは間違いない!

レッド系:モンスターレッド、バトルグリーン

グリーン系:ロリーポップ、スパークオリーブ

ブルー系:ブルブルマンボー、パワフルブルー

川上英佑さんのネオブラ解説実釣を動画でチェック!

エギ王LIVE「ネオンブライト」の情報は公式サイト&SNSからチェック!

ルアマガ+

ルアマガ+

2021.06.03

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。