公式ストア

CATEGORYカテゴリ

公式ストア
グレ釣りアカデミー ルアマガBOOKS 平和卓也 海釣り 書籍 磯釣り 磯釣りスペシャル グレ(メジナ)

磯釣りの名手・平和卓也が語る!グレ釣りの魅力とは…【平和卓也のグレ釣りアカデミー】

磯釣りスペシャル

磯釣りスペシャル

2021.06.09

磯釣りでもとくに人気の高いグレ(メジナ)釣り。始めてみたいけど「敷居が高そう」と感じる人も多いのでは。また始めてみたものの「釣り座は?」「仕掛けは?」「小サバがわいた中でどうやってグレを狙うの?」など、わからないことが次々と出てくるのもグレ釣りの難しさであり、魅力のひとつ。そんな悩みや疑問をプロの釣り師がズバッと解決していきます!

講師は数々のトーナメントで活躍する平和卓也さん

30歳でプロアングラーに転身し、全国各地で年間100日以上磯に立つ平和卓也さん。トーナメントでも輝かしい成績をもち、その実力と経験に裏打ちされた回答は、明快でわかりやすいと評判。

【Profile】

平和卓也(ひらわ・たくや)

1974年京都府生まれ。父親の影響で幼いころから魚釣りに親しみ、近所の池や川でコイやバス、オイカワを追いかける。磯釣りは高校卒業後、就職先の先輩に誘われてスタート。30歳で勤めていた会社を退社し、プロアングラーとして独立。年間200日以上を海の上で過ごす。

Q:数ある釣りのなかで、どこにグレ釣りの魅力を感じますか?

やっぱりほかの対象魚よりも、打てば響くからじゃないですかね。グレ自体が、通常であればチヌとかマダイとかに比べるとエサに対する反応が強くて、場所にもよりますけど、あれだけ数多くが浅いタナに浮いてきてマキエを拾う魚はいない。

場所によってはチヌでも浮きますけど、全国的に考えるとマキエを撒いているうちにどんどん浮いてきて、見えるところで乱舞するとかってことですよね。グレはそういう性質がありますよね。

アップテンポな釣りで釣り人の可能性も無限に

そもそも反応が遅い魚だったらゲーム性もないでしょうし、ひたすら下の方で待ってるような世界になってくるでしょうね。やっぱりアップテンポな釣りが可能な魚なんですね。これをやったらすぐ釣れた、これをやったらまた釣れたって腕が響くことも多いし、でもややこしいときがやってくるし。

深いとこでどんと食ってきたりもするし。際だったり、いきなり沖の潮目だったり、展開早かったのが急にスローになるし。やれることが無限大にあるというところかな。

釣り方も時代とともに変化していく

僕のスタイルも昔と比べたら、重きを置いてるところが変わってきてますもんね。前はもっと浅いタナで手返しを早くして数拾うぞって釣り。それは日本海でトーナメントを夢見てたってこともあったんでね。

いまは全国を回って、アジアも回ってフカセ釣りをやってるとそういう考え方じゃなくなってきて、その日の海の様子見ながらしっかり合わせて、深いときもあるぞ、浅いときもあるぞって。千差万別なんで。

だから得意なスタイルもあんまりないし、型にはめられないことは百も承知なんで、ほかの魚と違う変わり様というか早さというかね。

グレを釣ることはそんなに難しいことじゃない

同じエサを撒いて釣る中で、大きさをいわなければ数釣れるジャンルですよね。

グレ釣りに行って極寒のとき以外、グレボーズって確率低いと思うんですよ。木っ葉は釣れるしね、サイズを言わなければ。難しいだけだったら、こんなに長い間、日本で数ある釣りの中で、こんなに流行ってこなかっただろうと思うし。グレを釣ることはそんなに難しいことじゃない思うんでね。

誰でも最初は素人。ぜひ学ぶ楽しさを知ってほしい

誰も最初は素人。初めてグレを釣ってドキドキし、よく引いたなと驚いて。そんな楽しみからスタートして、いろんな人に教わって本や映像で学んで、少しずつ体験を増やしていく。そこでまた知らない壁にぶち当たり、学ぶことで新しい知識が増え、それまで出会えなかった魚に出会えていく……。

ここでは、こうして僕が培ってきたノウハウをできるだけ分かりやすく答えていきます。答えに絶対はありませんが、僕が信じるベストをお伝えします。ここで学ぶ楽しさを知ってもらえれば、グレ釣りの楽しさはもっともっと広がっていくと思いますよ。

平和卓也『グレ釣りアカデミー』発売情報

『グレ釣りアカデミー』

アナタはグレ釣りで悩んでいることはありませんか? 初めて上がった磯ではどこに釣り座を構えるのか、最初に投げる仕掛けはどう決めればいいのか、ごまんと小サバがわいた中でどうやってグレを狙うのか、水温が下がってエサ取りもなにも見えないときはどうすればいいのか……。

グレ釣りを始めて間もなければ知らないことばかりでしょうし、経験を積んでいれば、経験度によって新たな悩みや疑問が生じていることでしょう。 そうした様々な悩みや疑問を平和卓也さんがズバッと解決してくるのがこの1冊です。

圧倒的な経験値に基づく平和さんの回答はすこぶる明快。質問はタックル、ポイント、エサ、テクニックなどの項目に分かれているので、見たいところがすぐに見つかります。釣行前の予習や釣行後の復習はもちろん、タックルバッグに忍ばせて釣り場で活用することもできます。平和さんの理論とテクニックを吸収すれば、アナタのグレ釣りはレベルアップしているに違いありません。

磯釣りスペシャル編集部

発売日:2020年12月11日
価格:1,760円(税込)

全国の書店&釣り具店、Webストアで発売中!

磯釣りスペシャル

磯釣りスペシャル

2021.06.09

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。