DAIWA新作ベイトリールを徹底インプレ!『アルファスSV TW 800XH』の極上パーミングを体感!



同一メーカー、同一用途のタックルを3つの価格帯から抽出し、その差を明らかにするのがこの企画。今回は熱い視線を浴びているDAIWAの新型ベイトリールを検証! 第1弾は今年に16年来のモデルチェンジを行った「アルファスSV TW」。DAIWAの先端技術&コンセプトをギッチリ詰め込んだこの機種、こねくり回させていただきました!

【Profile】

3Gテスター テッペイ

バス歴42年、ライター歴25年を誇る、プロフェッショナルアングラー。3Gインプレッション開始時からテスターを務め、インプレは職人芸の域だ。メーカー契約ゼロなので、歯に衣着せぬ舌鋒で、新製品を一刀両断!

ミドル級の新時代はDAIWAアルファスが拓く!【アルファスSV TW 800XH】

独自技術SV、TWS、ハイパードライブを搭載!

実に16年ぶりとされるフルモデルチェンジを遂げたアルファス。新設計のボディはコンパクト化され、SVコンセプトとTWSを搭載してキャスタビリティーも大幅にレベルアップ。

更には次世代コンセプト「ハイパードライブデザイン」を導入。デジギヤの強度やボディ剛性を上げるなど、初期性能が衰えにくい設計になっている。

※写真は800Hです。実際のテストでは800XHを使用しています。

【スペック】

●ギヤ比:8.1
●最大ドラグ力(kg):4.5
●自重(g):175
●スプール径:32mm
●ナイロン/フロロカーボン糸巻量:12lb-45~90m
●最大巻上長(cm/ハンドル1回転):81
●ハンドル長(mm):85
●ベアリング数(BB/ローラー):7/1
●価格:36,080円(税込)

POINT.1 アルファスSV TW 外観デザイン

全ての曲線が究極のパーミングに結びつく

カラーリングはホワイトシルバーとブラックのツートンカラー。全体的なフォルムは、卵型というか、勾玉のような形状で、極めてコンパクトだ。実際のパーミング感は素晴らしいの一語。

アルファスの紋章ともいえるサムレスト部のブランキングは、デザイン的には好みが割れるところかもしれない。

アルファスSV TW 800 各部カット(クリックで拡大)

POINT.2 回転・巻き心地

じゃじゃ馬ルアーもいなせる手綱さばき

とにかく圧倒的にパーミング感がいいので、リトリーブ中も本体がしっかり安定する。当然、巻き心地もよくなるのだ。

メインフレーム、サイドプレートなどがアルミ合金なのでボディ剛性も高く、かっちりした感触。ウイグルワートやレスト128など、比較的巻き抵抗の重いルアーでも、心地よく巻けた。

POINT.3 キャストフィール

キャスティング

やや追い風でカバースキャットのノーシンカーを投げてみたら、目測だけど50mくらい飛んだ。また、岸から写真の橋脚までの距離を地図アプリで調べると約50m。横風が吹く中、レッドペッパーを投げると橋脚に激突した。50m以上飛んだに違いない。かなりの遠投能力を持っている。

ピッチング

ピッチングもカバースキャットでテスト。通常のシチュエーションなら20段階あるブレーキを6くらいの設定できれいに飛ばせる。

コツは力まずに投げること。エアブレーキシステムがオートマチックにピッチング仕様のブレーキをかけてくれる。逆風下では強めの10~12に設定すると、安全にピッチングできる。



POINT.4 ブレーキ

SVコンセプトとエアブレーキが安全を保障

フルキャストした際の高回転時にはブレーキが強く効いて、ピッチングなどの低回転時にはブレーキが弱めになるという「エアブレーキシステム」は、確かに機能しているようだ。

また、3.8gしかないレアリスシャッド52MRも、ブレーキ設定6でスピニング並みの飛びを見せてくれた。軽量ルアーもいける。

SVとは「ストレスフリー・バーサタイル」の略。SVコンセプトとは軽量リグから重量級ルアーまで、広大なジャンルのルアーをストレスなく扱うコンセプトを意味する。その核となるのが、このSVスプールになる。

ブレーキダイヤルは目盛りが20段階もある。ほとんどのルアーは6~10の設定で快適にキャストできる。追い風なら3、向かい風なら12も選択肢に入る。

ちなみに20だと目の前の水面に叩きつけてもバックラッシュしない。驚異のブレーキ性能だ。

POINT.5 ドラグ

ライトラインでも戦えるUTDのアシスト

ミドルグレードながらDAIWAの誇るUTD(アルティメットトーナメントドラグ)を装備。ドラグノブの調節時にはクリック音が出るが、ドラグが滑る際は無音。滑り始めのレスポンスもよく繊細な設定もできる。

ライトラインでベイトフィネス機としても使えるSVリールなので、このドラグ性能は心強い。

ドラグノブはザイオン素材を使っている。だから軽くて丈夫で触った感触もなんとなくソフトだ。UTDは初期の固着を低減させて、ムラのない負荷をかけていく、信頼のドラグシステムで、しっかり機能していると思う。

POINT.6 総合的使用感

パーミング性が釣りのバリエーションを拡大

とにかく手で握った時のフィット感がずば抜けていい。だから操作性も高く、3/4ozある大型ミノーのレストのトゥイッチングから1gのスモラバを中層でシェイクするなど、剛柔を併せ持った演出が可能。キャスティングもレストからスモラバまでをカバーできるので、ルアーの守備範囲は極めて広い。

POINT.7 価格

間違いなくリーズナブルな価格設定だ

ネット通販で検索すると、22,000円前後が相場のようだ。最新のハイパードライブデザインを導入したリールをこの価格で手に入れられるのはお買い得だろう。ベイトフィネス的にも使えるし、耐久性の高さも嬉しい。ミドルグレードのベイトリールを新調したい人なら、候補に入れるべき1台だと思う。

パーミング感は間違いなくこの機種が最高だ!

『ルアーマガジン』2023年1月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年1月号

今月号のルアーマガジンは2つの「モノ」特集! まずは皆様もついつい使ってしまう言葉「神ルアー」。ガチで釣れるルアーの使いこなしや理論・理由を様々なアングラーさんの目線で紹介していきます。そしてもうひとつが「コスパ!」今の世の中、誰しも懐事情は厳しいもの…。悩めるすべてのアングラーに捧げる、お得術にご注目あれ! あ!今回のルアマガから創刊25周年に突入です! 直前から色々とありますが、今年も色々と盛り上げていきますよ~。

  • 発売日:2022年10月20日
  • 定価:990円(税込)

ルアマガプラス