『ストーンクリーパー R ウェーディングシューズ(フォックスファイヤー)』ハイエンドタックル借りて実釣インプレ!



矢継ぎ早に各社から新品がリリースされているバスフィッシング業界。ハイエンドモデルのロッドやリールは使ってみたいけど、万年金欠のルアマガスタッフにはちょっと手が届かない…。というわけでメーカーさんに無理を聞いて頂いて、気になる最新タックルを使わせてもらいました。今回は、フォックスファイヤーの新機軸ウェーディングシューズだ!

【Profile】

カミィ

ルアーマガジン編集長。学生のころからトラウトに親しみ、バスでも村上晴彦さんを信奉。ルアマガソルト編集部も経ているため、ウェーダーには一家言ある…はず。バス歴30年。

フォックスファイヤーの新提案ラバーソウル!「ノンスキットラバー」を搭載した『ストーンクリーパー R ウェーディングシューズ』

フェルト派がこわごわとラバー派へ改宗…!?

独自のラバーソールを搭載したエアリスタの名作シューズの、事実上の後継機種!? 試したかったんですコレ! 滑りやすいイメージのラバーソールですが、細かいスリットが入ってグリップするという機構。ヌメリやコケが少ない場所推奨ですが、実力はいかほど!? 

【スペック】

●サイズ:24~28cm
●価格:21,780円(税込)

細かいスリットのお陰で良く曲がり、良くグリップ

これがウワサのノンスキッドラバー。商品名のRがFになるとフェルトとなる。基本ラバーで、ヤバいところだけモンベルのサワーサンダルフェルトを装着しようかな。

アッパーは超軽量&高強度。使い勝手は機能美のカタマリ

全体的に柔らかく、ソールがフェルトみたいに水を吸わないし、アッパーの大部分が高強度ポリエステルなので入水後も軽い! また前後のベルトやフックなど、脱ぎ着のしやすさはとことん考えられている。

エキスパートツーシームウェーダー(フォックスファイヤー)とのマッチングは…?

エキスパートツーシームウェーダー(フォックスファイヤー)とのマッチングは当然上々。写真向かって右側のように、ウェーダーのフックを靴ヒモのつま先側に引っかけてグラベルガードをセット。こうすることでシューズ内に砂利などが侵入しずらくなる。



さんざん試した判定は…ズバリ「買い」ですっ!

自分は生粋のフェルトピンソール派ですが、中禅寺湖で試してきました…。結果から言うと、むちゃくちゃ歩きやすい&コケまみれは少々怖い…という印象。とにかく足への負担が少ないので、状況に応じてという感じですな。元々ウェーディングシューズのソールは状況に応じて選ぶものなので、新たな地平が開けたようなもの。速攻でお買い上げしました!

『ルアーマガジン』2022年11月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2022年11月号

今回の表紙は「る○ぶ」をイメージしています。って、言わなくてもわかりますかね(笑)。旅をテーマに特集を考えていたときに真っ先に浮かんだイメージがコレでした。楽しそうでいいですよね~。実際、内容のほうも非常にバラエティ豊かなものになっています! ガチで使えるハウツーはもちろん、冒険心をくすぐる実釣企画、たくさんのお役立ち情報…。「る○ぶ」のように皆さまを楽しい旅へと導きますよ!

  • 発売日:2022年9月21日
  • 定価:990円(税込)
ルアマガプラス