ミディアムバーサタイルロッド“ここに極まれり”!『コンバットスティック・オライオン OCSC-67M カンタータ(エバーグリーン)』【菊元俊文バスロッド最高傑作をインプレ】



2020年にエバーグリーンインターナショナルから発売されるや、約7万円というハイエンド価格ながらあっという間に初回生産分が完売してしまったという驚異のバスロッド『オライオン』。菊元俊文さんがその持てる知識と経験を総動員した『オライオン』から5本をルアマガ編集部でお借りしてインプレしてみたぞ! トリを飾るのはこれぞバーサタイルともいうべきロッド『カンタータ』です。

インプレするのはこの4人!

【Profile】

カミィ

フライフィッシング、エリアトラウト、デイナマ、キャンプ、マラソン、さのまる……と興味の方向性が多岐にわたる本誌編集長兼サブカル男子。先日ロケ中に負傷した足をおしての気合の参戦。バス歴30年。

【Profile】

マツ

近所の江戸川ちょい釣りを加えると、去年の年間釣行日数は80日をオーバー。今年もすでに35日に達しているが……それでもなお関東で50アップを釣ったことがない記録を更新し続ける永遠の中級者。バス歴40年。

【Profile】

ティーチャー大場

バスフィッシングが好きすぎて、昨年、10年勤め上げたまっとうな職からルアマガチームに逆ビズリーチしてしまった熱血漢。陸王ダービーにも参戦しており、休日のほぼすべてを釣り場で過ごす。バス歴15年。

【Profile】

マイケル

冬はエリアトラウト、シーズン中は時間があれば琵琶湖に浮きまくる、「釣り雑誌の編集者は釣りしてナンボ」を地で行くルアマガプロデューサー。最近は東京湾のキビレゲームにもご執心なようす。バス歴35年。

すべての動作を一段階上へと昇華常識を打破するミディアム・バーサタイルの究極形

インプレラストは『オライオンOCSC-67Mカンタータ』。

『ロクナナ』ラインナップにおいて、もっともパワーのあるM表記のロッド。

さまざまなミディアムクラスのルアーを、ただ投げられるだけでなく3/8ozから1/2ozへとルアーウエイトが変わってもキャストフィールが変わらない。フォアハンドでもバックハンドでも軽快に振り抜き、狙いのスポットを正確に射抜く別次元のキャスト性能は感動的…とエバーグリーンホームページに紹介されているカンタータ。 巻きの釣りを極めながらも撃ちの釣りにも死角なし。6ft7in・ミディアムバーサタイルロッドの極み、とのことです。

ちょっと大げさじゃない? と思ってしまいますよね。ところが、そうじゃないんだな、これが。

実際に投げてみれば、分かります。驚くのは、重いものを背負わせても、投げるときに「よいしょ」と竿に頑張ってもらう感覚がなかったこと。そして、掛けた魚が止まる、寄る。ある意味バーサタイルだから、逆にロッドの個性がわかりやすいです。

『オライオンOCSC-67Mカンタータ』

●全長:2.01m
●継数:1
●標準自重:116g
●パワー:ミディアム
●ルアー範囲:5~42g
●ライン範囲:8~20Lb
●価格:71,500円(税込)

ティーチャー大場「ど真ん中スペックのザ・バーサタイルロッド!

自分がバスフィッシングをするうえで最も使用頻度の高い3/8〜1/2ozのルアーを快適に扱えて、巻きも撃ちも両方いける。これはオライオンのどの機種にも言えることですが、とにかくキャストフィールが素晴らしい。手にしたときの軽さと振り抜きの軽快さは、スペック以上のものがあります。

マツ「岸釣りはこの1本でOK。カンタータ貯金はじめるかも…

ふだんの岸釣りではテムジン・リベリオンを長いこと使っているのですが、このカンタータはそれを軽くして、ちょっとシャープにした感じ。3.5gのホッグ系リーダーレスダウンショットリグもしくはチェリーリグからカワシマイキーまで撃ちも巻きもきっちり対応してくれて、GW中は本当に右腕と化してました。もう、返したくない…。

マイケル「ちょっと重めのリグ、ちょっとバルキーなルアーにも対応!

ミディアムパワーなので、1/2ozまでのスピナーベイトやチャターベイトなどを巻く釣りにベストマッチだと思います。テキサスリグやフリーリグ、リーダレスダウンショットなら1/4や3/8ozぐらいのちょっと重めのウエイトが扱いやすい。バットに張りがあるので、ギルロイドベビーみたいなちょっと小さめのビッグベイトも投げやすいです。

カミイ「中量級ルアーはあれもこれも全部イケてしまうことが判明

ロングロッドではないものの、シャープな振り抜けでルアーがライナーで飛んでいく! 自分の投げ方だと、もうひと握りリアグリップが長ければ超ど遠投できそうだが…。とはいえ、グリップがコンパクトなので、ピッチングやバックサイドキャストがやりやすい。ルアーは、3/8ozクラスの巻きモノから、1/2ozあたりのジグやワームリグがよかった。とくに110クラスのジャークベイトは、投げてよし、ジャークよし! テンポの良い釣りにはマストでしょう。



『コンバットスティック・オライオンOCSC-67Mカンタータ(エバーグリーン)』インプレまとめ

バーサタイルロッドというと、「巻き物をやるにはもうちょい胴に入ってくれたらな」とか、逆に「撃つにはちょっとスロー気味だな」といった具合いに、帯に短し…的な使用感だったりしますよね。

カンタータは、それを感じさせません。ミディアムバーサタイルロッドの極み…まさにそのとおりかも。あれもこれも本当に使いやすいのです。

今回は5本のオライオンを使ってみましたが、菊元俊文さんが「最高傑作」と言うだけあってどれを選んでも間違いない。あとはお財布の中身と相談ですね。

『ルアーマガジン』2022年11月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2022年11月号

今回の表紙は「る○ぶ」をイメージしています。って、言わなくてもわかりますかね(笑)。旅をテーマに特集を考えていたときに真っ先に浮かんだイメージがコレでした。楽しそうでいいですよね~。実際、内容のほうも非常にバラエティ豊かなものになっています! ガチで使えるハウツーはもちろん、冒険心をくすぐる実釣企画、たくさんのお役立ち情報…。「る○ぶ」のように皆さまを楽しい旅へと導きますよ!

  • 発売日:2022年9月21日
  • 定価:990円(税込)
ルアマガプラス