「ロック&ストリート」を感じさせる革新的ハードコアバスロッド『SDS-606HFR-FTW バリアクラッシュ(セディション)』をルアマガ編集部が実釣インプレ!



矢継ぎ早に各社から新品がリリースされているバスフィッシング業界。ハイエンドモデルのロッドやリールは使ってみたいけど、万年金欠のルアマガスタッフにはちょっと手が届かない…。というわけでメーカーさんに無理を聞いて頂いて、気になる最新タックルを使わせてもらいました。今回はセディションのパワースピン、SDS-606HFR-FTWバリアクラッシュだ!

革新的&核心的なワン&ハーフ構造の『SDS-606HFR-FTW バリアクラッシュ(セディション)』

スカイブルーなブランクスにピンクのレタリング…ルックスも激アツ!

ロック/ストリートな雰囲気だが、中身はトーナメント指向の先を照らすセディションのロッド。ここ最近、ブームなのかスカイブルーのモデルがちらほら…これもその1本。ワン&ハーフ構造で、手元はガッチガチ、ティップ〜ベリーはしなやかな仕上がり。しかも軽ッ!

【スペック】

●全長:6ft6in
●パワー:H
●テーパー:レギュラー
●ルアー:1/32 ~ 1・1/4オンス(ベストウエイト 1/16 ~ 5/8オンス)
●ライン:MAX16lb(PEライン:MAX2.5号)
●価格:69,850円(税込)

関連記事

次世代パワースピンの確信犯!

ガイドはトルザイトかつフレームはPE対応なので、PEセッティングしてみると感度はエグいレベルに。フィネスなワームリグはもちろん、i字系とかプラッギングやロングリーダー系も相性ヨシ。なのに、5/8ozくらいのルアーを背負えるイカレ具合い…。つまり、カバーフィネスもパワーフィネスもできつつ、ライトリグ プラッギング全般できる「全部入りロッド」だった!

繊細なティップ〜ベリーと、暴力的なバット!

こんなにしなやかな上半身なのに、下半身・バットは頑強で城の石垣のよう…。ウィードを切ったりカバー越しにやりとりしたり、ビッグバスを止めてくれるパワフルさがバットに封じ込められている。

取り回しよく、コンパクトな高感度モノコックハンドル

短めのモノコックハンドルで、感度上昇&取り回し軽快。細かなロッドワークをつけやすいし、ダブルハンドでの遠投も効く。

50アップもロッドの自力でいなすセディションスピン

セディションの別のスピニングロッド・7ftエターナルでのひとこま。ジャンルは同じパワーフィネス系統で、1.5inの沈むムシをノーシンカーで扱え、50アップのファイトに抗いつつも 切れさせない設定…セディションすげえ。バリアクラッシュは強靱な打撃系だけど、この7FTエターナルはタフな柔術的な印象だった。



『ルアーマガジン』2022年11月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2022年11月号

今回の表紙は「る○ぶ」をイメージしています。って、言わなくてもわかりますかね(笑)。旅をテーマに特集を考えていたときに真っ先に浮かんだイメージがコレでした。楽しそうでいいですよね~。実際、内容のほうも非常にバラエティ豊かなものになっています! ガチで使えるハウツーはもちろん、冒険心をくすぐる実釣企画、たくさんのお役立ち情報…。「る○ぶ」のように皆さまを楽しい旅へと導きますよ!

  • 発売日:2022年9月21日
  • 定価:990円(税込)
ルアマガプラス