最近、アジングの釣果が伸び悩んでいる? だったら、ハンポワ使ってみては?



ハンポワとは、ハンドポワードワームのこと。機械で生産せず、手作業でワームのマテリアルを型に流し込む製造方式で、独特の質感やオリジナリティのあるカラーリング、硬さを変えるなど複雑な設定が可能なのが特徴。アジング釣果停滞期にハマってる、悩めるライトゲーマーの救世主になりえるのか!? 製造元のスタッフ&テスターさんに話を聞いてきました!

【Profile】

長澤耀(ながさわ・あきら)

ヒューマンフィッシングカレッジ卒業後、フィッシュラボに入社。工場長をつとめながら、商品開発や広報も担当。ハンドポワード製法を熟知する、ハンポワマイスター的存在。

マテリアル硬度を部位で使い分けることも、ハンポワなら可能!

左のチャートとピンクのワームがリヴァーチ、右がジャミー。オリジナルのジグヘッドもラインナップ。

ハンドポワードワーム、略してハンポワワーム。バスフィッシングでは、以前より知られた存在ですが、ソルトルアーでは珍しいかもしれません。今回、解説してくれたのは、ハンポワワームを多数リリースし、OEMも手がける業界の実力派フィッシュラボで、工場長をつとめる長澤さん。

長澤「一般的に多く流通しているワームはインジェクション方式と言って、機械で型にマテリアルを噴出して成型するタイプです。大量生産が可能で制作コストも抑えられるのが特徴ですね。一方、フィッシュラボが採用しているのがハンドポワード方式です。これは、人が型にひとつずつマテリアルを流し込んでいく方式です。大量生産ができないんですが、ひとつのワームの前後で、硬さの違うマテリアルを使用したり、中心部だけ違う色を使うコアカラーなど、複雑な設定が可能です」

ハンドポワードとインジェクションについてさらに詳しく知りたい場合はコチラ

では、実際にフィッシュラボの製品をチェックし、ハンドポワードワームの特性をさらに詳しく解説してもらいましょう。

主軸ワーム「リヴァーチ」は2種類のマテリアルを使用

フィッシュラボの売れ筋ワーム「リヴァーチ」を実際に触ってみると、ソフトでモチモチとした独特の風合いが印象的。「水中ではさぞかしライブリーに動いてくれるんだろうなぁ」と思わせます。

リヴァーチ1.6in・つぶつぶチェリー(フィッシュラボ)。ハンポワワームは型に流し込むため、上面が平らになるという性質がある。

長澤「リヴァーチは、ボディ前半に硬めのマテリアル、後半にはソフトなマテリアルを使用しています。2種類の素材を使い分けていることで、水中でボディ後半のテールがよく動いてくれる一方で、前半は硬めでしっかりとしているので、針持ちがいいという特性があるんです」

ボディはファットでも素材がソフトなので、吸い込みバイトにも口に入りやすい。

リヴァーチは、アジの吸い込みバイト時にも威力を発揮するということですが?

長澤「そうです。マテリアルがソフトなんで、吸い込みバイトに対してワームが折れ曲がって、アジの口にスムースに入ってくれるんです。あと、リブが深いので、水流をしっかりと受け止めてくれるという特徴もあります」

マイクロベイトパターン対応「ジャミ―1.3in」もおススメ!

リヴァーチって、ハンドポワードワーム独特の柔軟さが、アジングで活躍しそうですよね。もう少しスリムなシルエットが欲しい場合は、ジャミーという選択肢もラインアップ。

ジャミー1.3in・ギラギラベイトにタイドライダーヘッド1.6gをセット。※どちらもフィッシュラボ製。

長澤「ジャミ―1.3inは、マイクロベイトパターンにも対応したワームです」

メチャ細い! ハンドポワードでもこんなシルエットのタイトなワームが作れるんですね!

長澤「フィッシュラボでは、自社工場で全て人が作業して製造してるんで、かなり自由度の高いワームが作れるんですよ。ジャミーは、ボディ後半のテール部分が極細となっているので、ロッド操作に対して微振動を発生しアジやメバルなどのバイトを、オートマチックに誘ってくれるのが特徴ですね」



ハンポワワームでの東京湾アジング実釣ムービーをチェック!

フィッシュラボのハンドポワードワームのソフトなマテリアルは、アジングはもちろんだが、ライトゲーム全般で威力を発揮してくれるはず。長澤さんと同社フィールドスタッフの和田さんが、東京湾でのボートアジングに挑戦したムービー内では、その使い方や特徴を詳しく解説してくれているので、気になった方は是非チェックしてみてほしい。

ハンポワワームが気になったら、フィッシュラボのWebサイトをチェック!

フィッシュラボでは、リヴァーチやジャミー以外にも、多数のハンドポワードワームをラインナップしているので、気になった方は下記Webサイトをチェック!

また『ルアーマガジンソルト2021年8月号』(6/21発売)のアジング特集では、さらに詳しい使い方などを解説しています!

『ルアーマガジン・ソルト DX Vol.2』は7月21日発売!

『ルアーマガジン・ソルトDX Vol.2』

『ルアーマガジン・ソルトDX Vol.2』の目玉は、「ショアキャスティング」と「アジング」の2大特集企画! 人気の2魚種の実釣企画に加え、最新タックル情報もたっぷり紹介しています。

表紙と巻頭グラビアページにはヤマラッピこと山田ヒロヒトさんが登場! 和歌山県南部にて行われた実釣取材でjは、見事2340gのアオリイカをキャッチしています!

『ルアーマガジン・ソルト』は配信の舞台を『ルアマガ+』に本格移動。海のルアーフィッシングの最前線をWebで展開しています!

『ルアーマガジン・ソルトDX Vol.2』は全国の書店・Web通販サイトでお求めいただけます。

  • 発売日:2022年7月21日
  • 定価:1,500円(税込)
ルアマガプラス