ナマズ釣り…小水路で簡単に遊べるトップウォーターゲーム!



お手軽にして、お気楽。身近にして簡単。今年もまた、誰でも楽しめるナマズのトップウォーター・シーズンが到来した。ハードルは低いのに、水面を割るバイト&吸い込み音は大迫力! ナマズゲームの第1人者、谷中洋一さんがご案内!

【Profile】

谷中洋一(やなか・よういち)

老舗ルアーメーカー・スミス開発。鯰ゲームのメソッドと概念をイチから構築した、鯰業界のパイオニアにしてレジェンド。鯰シーンで圧倒的な支持を得ている「鯰人」の総合プロデューサーだ。ルアーを通して鯰の生態に迫り、鯰の生活環境を観察して組み立てたメソッドは説得力の塊。

ナマズゲーム 必釣心得5選!

その1:流れ込みを狙うべし!

谷中「春は流れ込みさえ狙えばOK。ナマズは流れ込みの下流側に付くことが多いです。流れ込みを観察して、ナマズが付きそうな場所を意識して、そこをトレースすれば、ほぼ釣れますよ」

その2:1ヶ所で粘らない!

谷中「基本はラン&ガンです。特に春はカバーの奥行きがないので、ひとつのポイントに対して3投で十分。3投で反応がなければ次のポイントへ移動しましょう。でも10歩も進めば、すぐに次のポイントがあるのがナマズゲームです(笑)」

その3:田植えの濁りは大チャンス

谷中「水田の代掻きの影響で、流れ込みに濁りが入ることがあります。この濁りを発見したら大チャンス。ナマズの警戒心が薄れるので、爆釣の予感大ですよ!」

昨シーズンの居残りナマズをキャッチ!! 水面を割るパワフルなバイト、そして周囲一帯に鳴り響く巨大な吸い込み音の迫力はケタ外れ。これぞナマズゲームの醍醐味。

その4:水深は膝下がベスト

谷中「トップウォーターの釣りなので水深は重要。ベストは膝下の水深で、ベターは腰下の水深です。それよりも深い水深はオススメできません」

その5:困ったら水田周りの小水路

谷中「ナマズはびっくりするほど身近な小水路にも生息しています。もしフィールドに迷ったら、とりあえず地図で確認して、水田地帯を流れている小水路を探して下さい」

(右)
●ロッド::DNAZ-69M(スミス)
●リール:カルカッタコンクエスト200HG(シマノ)
●ライン:バーマックス磯ナイロン8号(バリバス)


(左)
●ロッド:DNAZ-T71MH(スミス)
●リール:タトゥーラHDカスタム103H(DAIWA)
●ライン: キャスティングPE4 SMP4号(バリバス)
●リーダー:ショックリーダー ナイロン 40lb(バリバス)



谷中流ルアーセレクト!

【基本】キャタピークリッカー(スミス)

キャタピークリッカー(スミス)

谷中「春に軸になるルアーです。最も安定して使えるので、最初に投げることが多いです」

【高足場&急流】ジトラー(スミス)※ラトル入り

ジトラー※ラトル入り(スミス)

足場が高い。もしくは流れが速い。水面が波立っている。カバーが薄い。そんなときには羽根モノ×ラトル入りで攻略。

【タフコン】バタピー(スミス)※ノンラトルorジトラーサイレント

バタピー※ノンラトル(スミス)

水温が低い。プレッシャーが高い。ナマズの活性が低かったり、ナーバスならフィネスな羽根モノを投入すべし。

【低水温&クリア】キャタピーソフトorキャタピー(スミス)※ノンラトル

キャタピーソフト(スミス)

水温が低い。もしくは水温が低下傾向にある。プレッシャーを受けている。水質がクリア。それならば、やわらか素材でナチュラルに。

【小ナマズ】キャタピーjr(スミス)※ノンラトル

キャタピーjr※ノンラトル(スミス)

ナマズのサイズが小さい。ナマズの追う速度が遅い。ならば、ナマズの口のサイズや追いに対応するダウンサイズで。

【オープンorネチネチ】ナマジー(スミス)※ラトル入り

ナマジー※ラトル入り(スミス)

カバーが少ない。ポイントの規模が小さい。ピンで細かくネチネチと誘いたい。そんなときには上記ルアーへローテ。

釣るためのワンポイント:スカートの効能!

谷中「自分はフックにスカートを着けることが多いです。理由はナマズが吸い込んだときに、スカートの抵抗でフックが一緒に吸い込まれる確率が上がるからです」

ルアマガプラス