でかいルアー・重いルアーを投げるロッドを使ってみたい? それならまずはコレ!『スタンドアウトSOC70H(レジットデザイン)』



「ワイルドサイド」シリーズで大人気のレジットデザインが2021年にリリースしたバス釣り用ロッド『スタンドアウト』。価格こそワイルドサイドより安いものの、その性能が実は凄いという噂を聞きつけて、ルアマガ+のスタッフが実釣インプレッションしてきました! 今回紹介するのは、シリーズ最長にしてヘビーパワーのロッド『SOC 70H』です!

【Pofile】

フクシゲ

元ルアーマガジン編集部。ルアマガソルトに異動し、現在はルアマガ+に所属している。身長179cm体重100kgオーバーのくせにフィネスな釣りが好き。ヘビータックルではカバー撃ちが好き。

スタンドアウト SOC 70H

●全長:7ft
●対応ルアー:10~42g
●対応ライン:14~20lb
●価格:19,800円(税込み)

ビッグクローラーベイトにピッタリ!

色々なルアーで釣れるからこそ面白いバス釣りですが、大きいルアーや重いで釣れるのはまた別格に面白いもの!

スタンドアウトシリーズ最長の7ffを誇るこのモデルはまさにそんな釣りの入り口にぴったりなモデルでした!

対応ウェイトがMAX42gというと、1oz以上のルアーが余裕で使えるスペックです。

最も一般的な180mmサイズのビッグベイトは2oz前後なことが多いことを考えると、若干パワー不足ではありますが投げられないこともない感覚でしたよ。

とはいえ、場所を問わず使いやすい範囲での大きいルアーは全部OK!

とくにデカハネモノは遠投も出来るし、ラインスラックを作ってのリトリーブも出来るし最適な印象でした。

カバー撃ちでも活躍!

それとやっぱりこのスペックならカバー撃ちですよね。

ラバージグの様に抵抗が大きめなルアーでもクイックに動かせるのが楽しかったです!

ただ振り抜けはそこまで良いわけではなかったので、ビュンビュン飛ばすピッチングというよりは、フリッピングやあまり飛ばさないピッチングなど、超近距離戦で活躍してくれそうな印象です。



長いから飛ばせる! サーチできる!

7ftということで遠投性にも優れるので、広範囲の地形を探りつつ釣っていくことが得意そうな印象です。

とくにフットボールジグやヘビキャロなど、遠くでズル引いたりする釣りでは、この長さがあればロングストロークで動かしていけるし、アワセシロも取れて相性ぴったりだと思います!

強いロッドが欲しいときの入り口に是非!

タックルオブ・ザ・イヤーの結果でもわかりますが、最近では610M、つまり6ft10inのミディアムパワーロッドが定番となっています。

そこで物足りなく感じて、もう1本ベイトロッドが欲しい! となる理由はおそらくビッグベイトやスイムベイトなど、1ozオーバーの釣りに興味を持ったときだと思うんです。

であれば、相応に強いロッドを選ぶことになるとは思うのですが、それ(デカいルアー)しか投げられないロッドは流石に…となりがちですよね。

そんなときにこそ、本当にぴったりなロッドだと思うんです!

ビッグベイトも割と使えるし、人気のビッグクローラーベイトにはむしろベストマッチ。ヘビキャロやフットボールでテクニカルな遠投系の釣りもできれば、カバー撃ちで近距離もOK!

でかいルアー、重いルアーを何でもやりたい、という人はまずこのロッドからスタートするのがいいかもしれません。

値段もお手頃ですしね!

『ルアーマガジン』2022年11月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2022年11月号

今回の表紙は「る○ぶ」をイメージしています。って、言わなくてもわかりますかね(笑)。旅をテーマに特集を考えていたときに真っ先に浮かんだイメージがコレでした。楽しそうでいいですよね~。実際、内容のほうも非常にバラエティ豊かなものになっています! ガチで使えるハウツーはもちろん、冒険心をくすぐる実釣企画、たくさんのお役立ち情報…。「る○ぶ」のように皆さまを楽しい旅へと導きますよ!

  • 発売日:2022年9月21日
  • 定価:990円(税込)

ルアマガプラス