公式ストア
プライムモニター
公式ストア

急上昇

【期間限定】ハズレなし!ガラポンチャレンジ開催中!
西村均(ドクトルニシニシ) メンテナンス フィッシュマン(Fishman) スミス(SMITH)

新品ロッドを開封したら、まずやるべき!フェルールワックスの話【Fishman@西村均】

ルアーマガジン・ソルト

  • 公開日:


さて、今回はお馴染みのドクトルニシニシの実用ネタシリーズ。馴染みがないかもしれませんがフェルールワックスでお手入れしておくと、ロッドのトラブルからも守られ使い勝手も向上!なので覚えておくとおとくでございます。西村さんでは、よろしくおねがいします!

ベイトロッド専門メーカー「Fishman」のテスターを務める。新潟県をホームに小渓流から海のルアー釣りまで幅広く楽しむマルチアングラー。人気サイトfimoでブログも執筆中。ドクトル・ニシニシの愛称で変な格好もするが、釣りのテクニックには定評あり。



新しいロッドが届いたらまずはフェルールワックス?

朝起きて、テーブルの上のリップクリームを手探りで取り、塗ったとたんに唇に走る衝撃!あの唇を持っていかれるような感覚は忘れもしませんよ。そんな寝ぼけのニシニシですが、今回のお話はフェルールワックスです。

今年のNewプロダクトロッドのデリバリーも始まり、秋には既存番手の追加生産も入荷します。
なので皆様のお手元に新品ロッドが届く機会も増えると思います。

で、ロッドを開封したら、まずやって頂きたいのが、フェルールワックスの塗布。これがとても重要です。

以前も記事を書いたのですが、ロッドの継ぎ目、フェルールと言うのは、キャストを繰り返すと緩む事があるのですが、それを防ぐのがこのワックスです。

各社から販売されていて、色々な硬さが選べますが、ニシニシはスミス社のワックスを使っています。

ところでこのリップクリームみたいな形状、本当に間違えやすいのはいかがなものか!先日も朝からニシニシの唇はギッタギタになってしまいました(笑)

さて、このワックスの塗り方ですが、難しい事じゃありません。実に簡単な作業なので、当社のロッドにかかわらず、2ピース、3ピース、マルチピースのロッドなら、どのメーカーのロッドでもやるべきです。

ロッドを一度繋いでみて、コミが入る位置をなんとなく把握したら、こんな感じにフェルールワックスを塗りましょう。全周ベタベタに塗らず、このように一方向のみ塗って、継ぎを優しく回しながらゆっくりと差し込めば、簡単に均一に塗れます。全周にべったり塗ると、全部繋いだ時にはみ出しまくりです。


クルクル、スルスルと回しながら最後まで継ぐと、こんな感じにワックスの余りが出てくるので、ティッシュなどで拭き取れば完了!作業はたったのこれだけです。

御覧の通り、均一にうっすらとワックスが掛かりました。これで緩みや捻じたれを未然に防ぐ事が出来、継ぎの擦り減りも緩和されて、大事なロッドを長くお使い頂けるでしょう。あと、継ぎを抜く時の固着も防げますね。

皆様もロッドの開封の儀はフェルールワックスから!

これ大事!

さて、そんなニシニシの手元にも、今季新製品のBC4-80MHが届きました。よし、磯のキジハタ狙ってやるぜ!


なんとビッグベイトでキジハタ狙いしてやりました(笑)釣れるもんですね、やっぱ釣りは色々試してみないと判らないものです。なんとなく万能に使えるのがFishmanロッドの良い所、ということで2021年の夏を締めくくろうと思います。

Fishmanの情報一覧

様々なターゲットをベイトキャスティングで狙うことにこだわり抜いたロッドやアパレルやバッグ、ベルトなどをも多数展開するブランド「フィッシュマン」の情報一覧はこちらから!

詳しくはこちら

ルアーマガジン・ソルト

2021.08.31

急上昇

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。