公式ストア

CATEGORYカテゴリ

公式ストア
ソフトクーラー クーラーボックス バス釣り ソルトルアーフィッシング アジング エギング 海釣り 今週のお買い物 DAIWA(釣り具全般) DAIWA(バス) DAIWA(ソルト)

折り畳めるクーラーボックスなのに「保冷力が高い」釣り人以外にも嬉しい!ハイコスパクーラー『ソフトクール1500(DAIWA)』@3,740円【今週のお買い物】

大木 俊介

大木 俊介

2021.09.15



8月も終わり、9月に突入!残暑が厳しい…かと思いきや、今年は9月1日から一気に気温も低下! あっという間に秋模様となった今日ですが、釣りの季節はここからがハイシーズン! そんなハイシーズンに皆様におすすめしたアイテムを編集部・大木が見つけましたのでご紹介させて頂きます!

【Profile】

ルアマガプラス編集部・大木

元大型釣具量販店の店員という経歴を持つルアマガプラス編集部員。バスソルト問わず、幅広く釣りを楽しむことをモットーとする。得意な釣りはシーバスで、時間があれば地元湘南河川でロッドを振るう。特技はモノマネ。柴犬好きが興じて、最近柴犬のキャラクター「しばんばん」にハマり中。ラインスタンプは99%しばんばん使用。柴犬飼いたい34歳。

ルアマガプラス読者の皆様、アロハ~。先日アラフォー一歩手前になったルアマガプラス編集部・大木です。

前述にもあるように先週で遂にアラフォー一歩手前となりました…。ルアマガに入社したときは26だったのに…。体力は衰え、体重は増え、すっかりオジサンです。時の流れというものはホントに恐ろしい! 誕生日ってうれしくないかもと思った次第です、ハイ(苦笑)

今回は大木の心情とは逆に、バスアングラーもソルトアングラーにも嬉しい、むしろ釣りをしない人も持っていたら便利!な商品をご紹介致します!

高性能且つリーズナブルな「ハイコスパ」ソフトクーラー

ということで今回購入したブツがこちら!

『ソフトクール1500(DAIWA)』です!

え、これって夏用の商品じゃない? たしかに9月も暑い日はあったりするけど…さすがに季節はずれじゃないの…と思ったアナタ!

このソフトクールはそんじょそこらのソフトクーラーとは違います!

なんとこのソフトクール、DAIWAのが誇るハードクーラーボックスの技術を惜しみなく投入したものなんです!

注目ポイント1:DAIWAのハードクーラー譲りの「保冷力」

注目ポイントはいくつかあるのですが、まず一番最初にご紹介したいのが「保冷力」の高さ!

なんと、本体底面部には20mmの厚底断熱材、そして壁面部に10mmの厚底断熱材を採用しているんです!


ソフトクーラーと聞くと確かに保冷はしてくれるものの、長時間は難しいイメージでしたが、ソフトクールは断熱材を全面に配置しているのでしっかりとした保冷力があるんです!

今回大木が購入したサイズの1500は、DAIWAの保冷力の指標「KEEP」では35時間。各サイズごとに保冷力は違うのでキニナル方はDAIWAウェブサイトチェック!

保冷力へのこだわりとしては内部底面と側部の勘合部にも冷気漏れを防止する「Zタブ」を採用。


しかも上蓋部分の裏にはメッシュケースになっており、保冷剤を入れられる。上下で保冷剤を入れておけばさらに保冷力もアップ!! DAIWAさんマジで抜かりがありません。



注目ポイントその2:折り畳めて「コンパクト」になる!

そして次にスゴい点なのが、保冷力が高いにも関わらずコンパクトに折り畳めること!その名も「Z折り」で断熱材が厚くてもこんなにペッシャンコになるのです!

今年の暑い時期は、緊急事態宣言などもあり中々遠方へ出張する機会がありませんでしたが、これがあればスーツケースにも入れられる!外取材で冷えた飲み物を保管するにも持っていきやすいし、なんなら帰りのお土産用にも使えちゃう(笑)。

ただし、コンパクトとは言えど、流石にバックパックなどに入れようとするとかさばってしまう厚さなので、そこは臨機応変に使いたいところ。

注目ポイントその3:お手入れラクラクな取り外し可能な「インナーケース」

さらに驚きなのが、中のPVCインナーケースが取り外せること!

ソフトクーラーをはじめ、同サイズのタックルバッグなどにおいても本体内部の掃除が少しやりづらい部分があったのですが、これならワンタッチで取り外しができて、且つPVCなので水洗いも対応可! 氷や魚をそのまま収納しても大丈夫なのです!

このソフトクールは、もともとプライベートの釣り用というよりかは、夏にかわゆい甥っ子(2歳)とお出かけする時に、車の中や、外に出た際に冷えたものをすぐ用意出来るよう購入したもの。

でもいざしっかり製品詳細を見てみると想像以上のスペック! バス釣りならば車でのランガン時にこの時期高温になりやすい車内に積んでおけば、車に戻った際に冷えたドリンクが手軽に飲める!もちろん凍らした保冷剤や凍ったペットボトルをなどをいれておくことが大前提ですが。

大木自身はバスもソルトも嗜むマルチアングラーなので通常のハードクーラーボックスも持っているのですが、ソルトの釣りで、本当に魚を持ち帰ることが前提でない限り、バスで使用するのは車内のスペースがかさばってしまい、また中途半端に使用すると掃除も面倒くさいなと思っていたのですが、これがあれば無問題!

またそんなに持ち物が多くなければ、クーラー兼タックルバッグ的な使用も可能!
サイズも800(8L)から4500(45L)と4サイズも用意しているので、小さいサイズは仕事用、大きいサイズは家族での釣行やキャンプなどにもうってつけ!

しかも4500は買い物カゴやDAIWAで別売りの「マルチバスケット」もすっぽり収まるとか! どんだけ使い勝手が良いんだ!ww

ハードクーラーまでは必要ないけど、ちょっとしたクーラー欲しいなと思っている方には是非ともおすすめです!

大木ももう1サイズ追加で購入する予定!物欲はいつまでも衰えない34歳なのでした~ww

今回のお買いモノ

ソフトクール1500(DAIWA)
カラー:ターコイズ
価格:3,366円(税込※夏の陣セール価格)
ポイント横浜港南台店にて購入

P.S.
このソフトクールの良さを社内に伝えたところ、早速2人がネットでポチリました(笑)お買い上げありがとうございま~す!

DAIWAの情報一覧

日本が世界に誇る総合釣り具メーカーDAIWA。斬新なアイデアと最先端のテクノロジーから生み出されたタックルはいつの時代もトレンドとなり、国内はもちろん、世界中の釣りシーンを牽引。DAIWAの情報一覧はこちら!

詳しくはこちら

大木 俊介

大木 俊介

2021.09.15

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。