公式ストア
プライムモニター
公式ストア

急上昇

ヒラメ ルアマガ+の最新アイテム紹介 2022ルアー ソルトルアーフィッシング ショアキャスティング シマノ(SHIMANO) シマノ(ルアー) 堀田光哉

シマノからサーフで釣る超新機軸ポッパーが登場!?『熱砂ビームポッパー130Fフラッシュブースト(シマノ)』

ルアマガ+

  • 公開日:


広大なエリアをロングキャストで広く探り、沖のブレイクに潜むヒラメや沖を回遊する青物を狙うサーフゲーム。潮流や風の影響で水面は波立っていることがほとんどで、そんな状況下でもしっかりとレンジキープして魚にアピールできるルアーが必須。ヘビーシンキングミノーやジグミノー、ジグヘッドリグといった、水中でアピールするヘビールアーがメインになるのは否めないだろう。しかし、シマノが新しく提案するサーフ用ルアーは…何と、ポッパーだった!!

熱砂ビームポッパー130Fフラッシュブースト(シマノ)

ボイルする青物を獲るならブッ飛んでバシャつくポッパーを試すべし!

今回紹介する『熱砂ビームポッパー130Fフラッシュブースト』は、サーフに回遊してくるブリなどの青物がメインターゲット。沖でボイルが発生しているので、飛距離を稼ぐためにヘビールアーを投入し、水面を切らないように全速力で巻く。しかし、速過ぎる動きには反応しなくて為す術なし…なんて経験、あるのではないだろうか。

そんなときこそ威力を発揮するのがこのビームポッパーで、空気を切り裂く細身のシェイプはヘビールアーに負けない飛距離を叩き出し、水面でスプラッシュを上げつつワイドなポップ音を奏でて、青物へと力強くアピールする。

平均71.2mの飛距離を安定してサポートするジェットブースト

安定した飛距離アップの要となるのが、重心移動機構のジェットブースト。キャスト時にルアーが前方へ放たれた瞬間、重心移動ウエイトが貫通シャフトを介して瞬間的に後端へと移動。

細身のシェイプと相まって、広大なサーフを探るのに十分なだけの飛距離をサポートしてくれる。シマノのテストでは、平均で71.2mという飛距離も記録している。



動くときはもちろん止まっても反射し続けるフラッシュブースト

浮き姿勢はほぼ垂直立ちで、止まっている状態でもボディ内部に搭載されたフラッシュブースト機構が活躍。スプリングで吊された反射板が常に小刻みに動き続けて、フラッシングを発生して強くアピール。

もちろんアクションさせれば反射板がさらにランダムに動いて、リアルなベイトフィッシュの鱗の反射を再現したスケールブーストとともに、水面付近で悶えるベイトフィッシュの輝きを演出してくれる。

ワイドカップでハイサウンド&スプラッシュを発生。ダイビングも効果的

そして、肝心のポッピングだが、ワイドなカップ形状からは小刻みなトゥイッチでショートポップさせても『ボコンッ!』という大きなサウンドを発生し、同時にスプラッシュを上げて安定したアピール力を発揮。

ロングジャークでは水面直下にダイビングし、カップから発生した泡をまといながらフラッシュブースト&スケールブーストの乱反射でアピールし、水面まで出切らない魚にバイトを誘うこともできる。なお、ラインアイ&フックアイは貫通ワイヤー式なので、予想以上の大物が掛かっても安心してファイトできる。

隣のアングラーと違うことをやるのなら…ポッパーはアリ!

サーフゲームで「運が良ければ…」ではなく、積極的に青物を獲りに行けるだけの飛距離とアピールが魅力のビームポッパー130Fフラッシュブースト。これまでとひと味違うサーフゲームを求めるアングラーには、ポッパーという選択肢は絶対にアリだ!

堀田光哉さんによる解説&水中ルアー動画で動きと魅力をチェック!

シマノの情報一覧

卓越した技術力は釣り具分野においても存分に発揮。リールやロッドのみならず、小物ひとつとっても細部に工夫を凝らした堅牢かつ機能性に優れるタックルを展開、全世界のアングラーから極めて高い評価を得ている。シマノの情報一覧はこちら

詳しくはこちら

ルアマガ+

2021.09.30

急上昇

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。