公式ストア

CATEGORYカテゴリ

公式ストア
偏光サングラス スミス(SMITH) 川島勉

「この偏光グラスだけで全てカバーできる」川島勉、SMITHとの限定コラボ『ローダウン2』について語る! 

アバター

都築僚

2021.10.13



スノー、バイク、サーフといったアウトドアスポーツのトッププレイヤー達をサポートする世界的ブランド、スミスオプティクス(以下スミス)。そのスミスが2021年のサマーシーズンに、日本のバスフィッシングのトップランナーのひとり川島勉さんとコラボして、限定モデルの偏光グラスをリリースしていた。

【Profile】

川島勉(かわしま・つとむ)

房総半島のリザーバー を拠点とするプロアングラーであり、数々の傑作ルアーを世に送り出すヒットメイカー。自身のYouTubeチャンネル「BENチャンネル」や多くのメディアを通して、釣りの楽しさを伝えている。神保町ボンディのカレーが大好物。

スミス×川島勉コラボの偏光グラス「ローダウン2」

フレームはスミスのアイテムの中でも人気のローダウン2で、カラーはマットブラック。レンズは、釣りに特化した「POLARX」のライトグレー(グラファイト)にピンクミラーを合わせた仕様。

ローダウン2 SMITH×川島勉コラボモデル。
レンズの向かって左上には、川島勉さんのサインが刻印されている。

ローダウン2 SMITH×川島勉モデル 各部カット(クリックで拡大)



川島モデルのローダウン2は偏光グラスのバーサタイル!

今回のコラボモデルのローダウン2の特徴はどんなところですか?

川島「これ1本でどんな状況でもカバーできるところかな。ライトグレー(グラファイト)のレンズなんだけど、朝夕のローライト、日中のハイライト、そんな対照的なシチュエーションでも、これだけでいけちゃう」

なるほど、状況に応じて掛け替えることなく、快適な視界を保ってくれるんですね。

川島「もちろん光量が少ないローライトではグリーン(X-ライトグリーン37)、ハイライトではオレンジ(X-ACオレンジ31)というのが、自分の中でのベストな使い分けとしてはありますよ。使い分けをするならばね」

川島「ただ『これ1本で済ませたい!』『これさえあれば、ひとまずはOK!』そんな偏光グラスも欲しかった」

確かに使い分けられればそれがベストですね。ただ、掛け替える手間もあり、荷物も増えるとなると、1本で済ませられるメリットは大きい気がします。

川島「そう、たとえば亀山湖(千葉県)なんかで釣りするときも、個人的にはコラボモデル1本があれば大丈夫。ストレスを感じることは無いかな」

幅広く様々な状況をカバーできる。SMITH×川島勉のコラボモデルは、偏光グラスのバーサタイルと呼ぶにふさわしい1本だ。

関連記事はこちら

アバター

都築僚

2021.10.13

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。