マイケル野村も太鼓判のNEWリール!『ジリオンSV TW(DAIWA)』は「タフで軽くてトラブルレス」な三拍子揃った超高性能リールだった!!



今年度DAIWAベイトリールの新たなるコンセプト機として生まれ変わった「ZILLION(ジリオン)」。究極のユーザビリティを目指した同リールは、プロから初心者まで、全てのアングラーが使いこなすことができる機能性、且つ想定外のシチュエーションでもしっかりと対峙できる耐久性や回転性能を併せ持ち、発売以降ユーザーから多くの反響を得ている。今回はリリースされた春以降、取材からプライベートまであらゆるシーンでジリオンを使い続けている、ルアーマガジン総合プロデューサー・マイケル野村がその使用感を語った。

【Profile】

マイケル野村

バス釣り業界では知らぬものはいない、ご存知ルアーマガジン総合プロデューサーという怪しい肩書きをもつベテラン編集者。最近は陸王や琵琶湖艇王などのディレクションや各社とのオリカラルアーも多数プロデュース。出張が多いことから、お供にはいつもパックロッドとリールを携え、全国各地で釣りをする。最近の座右の銘は「とりあえずよく釣れる魚は釣っとけ」。

マイケル的!NEWジリオンのここがすごい!その1『トラブルレス、かつ伸びのあるキャストができる!』

――マイケルさんと言えば、パックロッド片手に時間があれば全国各地で釣りをしているイメージ(爆)。そんなマイケルさんが今季からNEWジリオンを使用されていたと思うのですが、改めてインプレッションをお聞かせください!!

ジリオン SV TW(DAIWA)

マイケル「是非!最近はバスだけじゃなくてソルトの釣りにも目覚めたから、相当酷使してるよ(笑)。

釣り方も撃ちものから巻物まで様々、ボートもオカッパリもソルトでも使用して改めて思ったのが非常に『完成度が高い』ということ」

マイケル「使っているのはギア比7.1の1000H(右ハンドル)。使っていて特に驚いたのはほんとに『バックラッシュしない』んだよ。これまでもジリオンシリーズはTウィングやSVスプール搭載とモデルチェンジをしていくにあたりトラブルレスにはなっていたんだけど、NEWジリオンはさらに極まった感じかな。

先日ドラマチックハンターという企画で霞水系に実釣取材に行ったんだけど、3/8ozのスピナーベイトを使ってから、ブレーキダイヤルをいじることなくシャッドを投げたんだけど、バックラッシュは皆無。いつもならルアーウェイトが軽くなったらブレーキダイヤルの調整は必要だけれど何もいじらなくても投げれた」

ジリオンのアキュラシーと安定したスピナーベイトのリトリーブでキャッチした霞水系の48cm!

マイケル「あと投げていてもこれまでのジリオンシリーズよりも、断然飛距離に伸びがある。『SVブースト』は伊達じゃないね」

マイケル的NEWジリオンのここがすごい!その2『滑らかな巻心地と圧倒的な剛性感』

――リールを選ぶ際に、ユーザーとして気になるのはリーリング時の「巻き心地」。また使用していく中でシャリ感やゴリ感が出てくるのはしょうがないと思うんですが、相当な頻度で釣りに行ってるマイケルさんのジリオンはどんな感じですか?また大型魚とのファイトの使用感も教えてください。

マイケル「巻き心地はホント滑らかだよね。バスでもソルトでも毎月ロケやらプライベートで使い倒しているんだけど、驚くことに巻き心地が初めて使ったときと変わらないんだよ! 海ではイナダにサワラ、チヌ、マゴチ、シーバスとそれぞれ独特な強い引きをする魚と対峙してるんだけど、全然負けない」

マイケル「ハイパードライブデジギアにそれを受け止めるフルメタルボディ、加えてスムーズに効くUTDドラグがあるからスレで鯉が掛かったときも、海で青物が掛かったときも初速がすごいんだけど、1匹もバラさなかったよ」

マイケル「マルチな釣りをするようになって、かつリールを兼用するからこそ『ハイパードライブデザイン』がどれだけ凄いかがわかるよね」



マイケル的NEWジリオンのここがすごい! その3『コンパクトかつ軽量!』

――NEWジリオンは前モデルに比べ20g以上の軽量化をされたとのことですが、やはり軽さは違いますか?

マイケル「全然違うね(笑)。めっちゃ軽いし、しかもコンパクト。パーミングすると手の中にすっぽり収まるからホントにジリオンとは思えないww。

ハンドルも90mmなので、ボディがコンパクトになってもバランスがしっかりとれて、どんな状況でも力が入りやすい長さ。

コンパクトかつ軽量になっているけど、堅牢性は前よりも高い、その点を見るとやっぱりジリオンのDNAはしっかりと引き継いでいるのかなと思うよ」

マイケル的!ジリオンタックルセッティング!

――最後にマイケルさんのジリオンに合わせたタックルセッティングを教えて下さい!

マイケル「ロッドはパックロッドから2ピースロッドまで色んな竿を使うんだけど、バスもソルトも両方で使っているのは6ft後半のMクラス。バスの場合はフロロ14lb、ソルトの場合はPE1号に14lbリーダーを組み合わせているね。どちらのセッティングにしても今の所トラブルは全くなし! まだまだこれからもガンガン使っていくよ!!」

ジリオンをもっと知りたければこちらの記事もチェック!

ルアマガプラス