シマノ新作がレンジ下のシーバスを引きずり出す!『ダイブアサシン99F/99Sフラッシュブースト』新登場!



シーバス狙いの定番ルアーと言えばシャローミノーで、シャローエリアに潜むシーバスの捕食レンジである水面直下~水深50cmを如何に効率良く探れるかがキーとなる。しかし、シチュエーション次第ではシャローミノーではアプローチが難しくなる場合もあり、より深い潜行深度が必要になる場合もある。そんなときに活躍するのが、今回紹介する『ダイブアサシン99F/99Sフラッシュブースト』だ。

ダイブアサシン99F/99Sフラッシュブースト(シマノ)

ダイブアサシン99F/99Sフラッシュブースト #FチャートGOLD。

【スペック】

●タイプ:フローティング、シンキング
●全長:99mm
●カラー:全8色
●価格:2,310、2,365円(税込)
●発売時期:2021年11月

2mレンジまで一気にダイブ&表層に出ない魚へアプローチ

ダイブアサシンは潜行深度約2mまでをカバーできるダイビングミノー。使い所としては、例えば沖堤防で足下までしっかりと探りたいとき、ヒラスズキ狙いの磯でサラシが深いレンジまで及んでいるとき…。

または日中のボートシーバスでストラクチャーの深いレンジに居着いた魚を狙うときなど、ミドルレンジ攻略には最適なモデルだ。

空気抵抗が大きい長めのリップでもジェットブーストで飛距離を確保!

ダイビングミノーなので長めのリップを搭載するが、気になるのは飛距離。ロングリップがキャスト時の空気抵抗になって飛距離が出ないのでは?

しかし、重心移動機構のジェットブースト搭載により、フローティングで約55m、シンキングで約60mという十分な飛距離を出せて、2mレンジまで到達させて探るのに十分な距離を取ることができる。

2mの潜行を可能にするためロングリップを搭載。しかしシマノの重心移動システム「ジェットブースト」で飛距離は十分だ。


フラッシュブースト&スケールブーストでギラギラアピール!!

そして、ボディ内の反射板が動いていても止まっていてもユラユラと揺れて輝き続けるフラッシュブーストと、ベイトフィッシュのリアルな鱗の輝きを追求したホログラムのスケールブーストも採用。スケールブーストには狂鱗、強鱗、透鱗の3パターンがあり、カラーの違いでもっとも効果的なパターンをセレクトしている。

ダイブアサシン カラーバリエーション(クリックで拡大)

ワラサやタチウオなど多種多様なフィッシュイーターにトライ!

ヒラスズキやシーバス以外にも、ワラサクラスの中型青物やタチウオにも効果を発揮。表層レンジで食わせ切れないとき、ボイルが消えて沈んでしまったときなどに間髪入れずに投入すべし。

ただ巻きはもちろんジャークやトゥイッチ、ポーズを入れて食わせを誘うなど、アクションは自由自在。いつもよりワンランク深いレンジを探りたいときには、ぜひとも試してほしい。

ルアマガプラス