公式ストア
プライムモニター
公式ストア

急上昇

【期間限定】ハズレなし!ガラポンチャレンジ開催中!
ルアーマガジン・ソルト アジング 新潟県 編集部コラム 漁港 ヒラマサ

佐渡島で遭遇した『巨大回遊魚』の正体とは? 捕獲を試みるも、誰も釣ることができない「漁港の主」

ルアーマガジン・ソルト

  • 公開日:2021/11/09


取材で全国の釣り場をめぐるルアマガソルトスタッフ。ときには、理解不能な不思議な光景に出くわすことも。先日、アジングの実釣取材で訪れた佐渡島では、漁港の片隅で、絶対にいるはずのないアノ魚の姿を目にするのだが…。

同行者から突然大声で呼ばれ、駆け寄ってみると…

アジングの実釣取材で、新潟県の佐渡島を訪れた際のことです。ルアーを使ったアジ釣りは、夜が本番となるので、日中は主に釣り場のチェックに時間を費やします。

ポイントチェック中に、とある漁港に立ち寄った際、アジの魚影を探す同行者が突然、大声でスタッフのことを呼ぶんです。普段、大きな声を出すタイプの人ではないので、びっくりして何事かと駆け寄ると、同行者は無言で水面を指さします。

大型回遊魚の姿を発見した港。画面上部の閉鎖的なエリアで泳いでいた。

「でかいアジでもいたのかな?」と、覗いてみると、何とそこには、巨大な青物がグルグルの泳ぎ回る姿が。そこは、漁港の最奥で近くにはスロープがあるような、浅瀬です。こんな狭くて浅いエリアに、大型の青物が泳ぎ回るというのは、普通では考えられません。

我々の影が水面に落ちても、逃げることもなく悠々と泳ぐその姿は、さながらこの一帯の主のような風格すら感じさせます。

まさか、こんな場所に、こんな大型の回遊魚がいるとは…。手持ちの道具では全く歯が立たないサイズ。

大型回遊魚の正体は、ヒラマサと判明

しっかりと観察してみると、体側のラインがかろうじて見えたので、それがヒラマサだと判別できました。

「えっ、漁港の最奥の、メチャクチャ浅い場所でヒラマサが泳ぎ回ってるなんて、佐渡島のポテンシャルすごい!」

と、感嘆の声を上げる同行者。これまで、数えきれないほどの漁港を巡ってきましたが、確かに、こんな大きなヒラマサが回遊している光景など、ついぞ見たことがありません。不思議すぎるその光景にしばらくみとれていると、同行者がある事実に気が付きます。

【ヒラマサ】
スズキ目アジ科。ルアーフィッシングの対象としても人気の回遊魚。※写真はイメージです


「なんかこのヒラマサ、時折アジを追うそぶりを見せるんですよね。ひょっとして、狙ったら釣れるかもしれない。でも、今持ってるアジ釣り用のタックルだと、掛かってもライン出されて切られて終わりですが……」

目前のヒラマサと対峙できるタックルを持ち合わせていなかったため、何もすることなくその場を後にしました。そもそも、今回の取材のテーマであるアジ釣りとは外れることですし。

発見時に撮影された動画

遊泳力が高いヒラマサが、狭い漁港の浅場まで入ってくることは珍しい。その姿を捉えた動画。まわりにいるアジの群れを追うような活性の高さも垣間見せる。



実は、地元でも有名な「主」的存在だった!?

しかし、その後の取材中もずっと、あのヒラマサのことが気に掛かっていたのは、私だけでなく同行者も同じだったようで、取材終了後に地元の釣りに詳しい人と話す機会があったので、その出来事を話してみると、意外なリアクションが…。

「ああ、そのヒラマサずっとそこにいるんですよ。結構有名でね。えっ、アジを追ってた? ん~、俺も色々試したんだけど、全然喰わないんですよ。何やってもダメ。スレまくってますよ(笑)」

どうやら、件の巨大ヒラマサは界隈で有名な存在のようで、腕に覚えがある地元アングラーが手を変え品を変えで狙っても一切意に介さない、難攻不落の魚だったようです。

取材釣行の目的だったアジもしっかりと釣れて、取材も大成功だった。


教えてくれた地元の釣り人は、これまで数々の大型ヒラマサをキャッチしてきた手練れなだけに、その人が釣れないと言うのだから、誰が何をやっても恐らく釣れないんでしょう。

で、何であんなところにいたか? ですが、これはもう推測でしかないのだけれど、ヒラマサが回遊していたポイントのすぐ横に、魚を加工する工場があったのでそれが関係していた可能性はあるかもしれません。

ともあれ「あのヒラマサは今でも、漁港の片隅でグルグルと回遊し続けているのだろうか?」と、ふとした瞬間に思い出してしまう、そんな印象的な出来事でした。

ルアーマガジンソルト2021年8月号に、佐渡島の釣行記事が掲載

『ルアーマガジン・ソルト』最新情報

『ルアーマガジン・ソルト』2022年2月号は12月21日発売!

『ルアーマガジン・ソルト』2022年2月号

『ルアーマガジン・ソルト』2022年2月号は、冬のでかアジ狙いアジング特集とメバル&五目!

巻頭は「アジング王BATTLE」! 今回は渡邉長士さん対藤原真一郎さんが東京湾でボートアジング対決! お互いのアジングテクニックを披露しあいながらの凄まじい乱打戦を制したのは果たして……?

また、今月から『ルアーマガジン・ソルト』は配信の舞台を『ルアマガ+』に本格移動! 海のルアーフィッシングの最前線をWebで展開していきます。乞うご期待!

『ルアーマガジン・ソルト』2022年2月号は全国の書店・Web通販サイトでお求めいただけます!

  • 発売日:2021年12月21日
  • 定価:1,100円(税込)

ルアーマガジン・ソルト

2021.11.09

急上昇

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。