公式ストア
プライムモニター
公式ストア

急上昇

オフショア(船のルアー釣り) ジギング サワラ サゴシ(サワラ) ソルトルアーフィッシング

サワラキャステイングゲームのキモはベイトフィッシュやで!!

松本"マシモ" 正克

松本"マシモ" 正克

  • 公開日:


こんにちはマシモPです。過去2年間東京湾サワラキャスティングゲームの記事をポストしてきた私ですが、今年もちゃんと行ってますよー。

林遊船さんとルドラが凄かったハナシ

林遊船さんとハチマルマグナムが凄かったハナシ。



今年はマイケルP主催のルアマガチームサワラ釣りパーティに参戦してきました!

サワラ釣り歴3年目のワタクシですから、猛者揃いのルアマガチームとはいえ、引けを取るわけには行きません。まぁ誰も勝負なんて言ってないワケなのですが……。

なので今回秘密兵器を用意させて頂きましたァッ!!

ニューリール

いや、買うつもりなかったのですが、ついポチ…しちゃいましてね…。

シマノ ストラディック C5000XG!

4000番クラスのボディにエクストラハイギアを装備!! 通常の5000番台だと重くて持て余しますが、コイツなら余裕!! こいつなら、アレが超高速リトリーブ出来るッ!! そしてラウンドノブ標準装備なのも嬉しいですねー。実に巻きやすいです。

んで、もうひとつはまだ秘密。っていうか巷で評判のアレですよ、アレ。実は釣行二日前に東京湾で撮影していたのですが、自艇は全く釣れていなかったにも関わらず、超近所にポジション取っていたレジットデザイン・アジアの飯鷹(高)社長と、日本の誇るカリスマ釣りブロガーインフルエンサー・ランチャ君さんは爆釣してたんですね……。すかさず撮影中にも関わらずLINEで刑事ばりに事情聴取してみたところ、ヒットパターンとルアーを教えてくれたのです。ありがとうユアカインドネス!

さぁ、今回もぶっ壊れ釣果で人気の林遊船さんから出船ですよー。東京湾にはスケールのでかい建造物や船が浮かんでいて楽しいですねー。

なんて言ってる間に船はサワラボイルを発見! 我々のテンションもガチ上がりです!!

船長曰く、イルカジャンプなサワラは食いません、突き上げるようにジャンプしてる場所か、ベイトがサワサワしているスポットを狙ってください、とのこと。

さぁ、ファーストキャストは勿論ルドラです!! それも林遊船&O.S.Pのスペサルコラボカラー! 圧倒的人気で関東圏の店頭から瞬時に消え去ったという幻のUVメッキカラー!! 最早釣るまでもない! 釣れるという結果に対してキャストしているようなものさ(オイ)!

なんてアホなことを言っている間にルアマガのビックライター・てっぺいさんにヒット!!

そして程なくマシモPにも!! やっぱりルドラだぜえええ!!

と、快調なスタートを切った我々ですが、日が昇るとバイトが遠のきます……。ジャンプはしてるのに!! コレが今季のツンデレサワラってヤツか!! したらばコイツの出番だぜぇ! ってワケで取り出したのがメタルマジック(コーモラン)。あぁ、人生でコーモランルアーをこんなにまとめ買いする日が来るなんて!メタルジグなんて安いだろ、って10個くらいカゴに入れてレジに行ったら会計で血の気が引いたよママン!

正直言ってクッソ高いタングステンルアーなんて要らんと思ってました。こんなモンは釣具メーカーと釣具屋さんの陰謀だよ! 陰謀論だよ! 僕と契約して魔法少女になってよだよ! だけどね、使ってみると分かるのですよ……。沈下速度の速さ、飛距離、そしてコンパクトなフォルム……。これは今の東京湾のベイトフィッシュ事情にピッタリ過ぎるじゃないか!!

これは2020年に釣ったメーターオーバーのサワラの腹から出てきたコノシロですが、2021年の今、どうもメインベイトがコノシロから、小さい、というより幼魚っぽいイワシの大群を中心に捕食しているみたいなんですよね。

引いてみると分かるのですが、このベイトの動きに、サイズ感とスピードがベストマッチしているのがメタルマジックなのです。

さらにこのメタルマジック。本体がオニギリ型の造形なので早巻きしてもボディは揺れずにテールのブレードだけが高速回転=超速引きが可能=サカナを騙し易いなので、まぁせっかく船代出してサワラ釣りに行くなら、買ってくしかないでしょメタルマジック!

既存のメタルジグにブレード付けただけのジグとは違うのだよジグとは。

そしてドーン!メタルマジックドーン!

30gの表層早巻きか、40gを底まで沈めてからの速引きでヒット連発!

結局この日は10バイトの5キャッチ(1尾はネットインと共にネットを食いちぎってミラクルエスケープされたのですが、数に入れさせてくださいいい)!

この日、マシモPと一緒に竿頭だったのが某PFJ社のH龍さん。発売されたばかりのボートサワラロッドと、来年発売のブレード付きジグのプロトで、あわやブリサイズのイナダまで交えて釣りまくってました。

実はこの2人に共通していたのが超ハイギアのスピニングリールだったのですよねー。

ミヨシでルアー引いてて思ったのですが、サワラに追われて逃げ惑うベイトフィッシュのスピードってめっちゃ早いので、少しでもそのスピードに近づけられたのが超ハイギアだったのかなー、なんて思ってます。

この日は3魚種トリプルヒットがあったりでクーラー満タンの全員安打。

若干2名ほど悔しそうな方が居ますが釣れてはいますw

こちらキャプテンの岡田さん。

同じナブラを撃つにしても船のポジションで釣果は全く変わります。

その点めっちゃ頭と気を使ってアプローチしてくれるから、林遊船さんは釣果と人気がズ抜けているのかなぁ、なんて思うのです。

サワラの炙り。
サワラのタタキ。
サワラの塩焼き!
サワラのアラ汁も!

そしてサワラは、炙り、タタキ、塩焼き、アラ汁、写真は無いけど西京焼き! と最高に美味しく頂きました。いやー、やっぱサワラ最高! 今シーズンもう一回くらいは行きたいなぁ〜。

松本"マシモ" 正克

松本"マシモ" 正克

2021.11.19

急上昇

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。