公式ストア
プライムモニター
公式ストア

急上昇

アジング アジング(ジグヘッド) ソルトルアーフィッシング マグバイト(MAGBITE) ジグヘッド

アジング初心者にもおすすめしたい「操作感抜群」のジグヘッド!『アジキラーフィール(マグバイト)』が遂に発売!アジングプリンスが徹底解説!!

ルアマガ+

ルアマガ+

  • 公開日:


「釣り人とモノを繋ぐインターフェイス」をモットーに、遊び心豊富な釣具を展開する「MAGBITE(マグバイト)」。ラインナップされるアイテムはルアーのみならず、ツールやアパレルなど多岐にわたり、釣り上級者から初心者まで幅広いユーザーの心をくすぐっている。今回はそんな同社から11月に発売されたばかりの「アジングファン要注目」なアイテムをご紹介致します!

解説していただくのはアジング界もとい、ライトゲーム界のプリンス! ヨシキ!!

【Profile】

村上慶起(むらかみ・よしき)

マグバイトの広報兼営業担当。アジングやメバリングをはじめ、ロックフィッシュやバスなどあらゆるルアーゲームに精通するヤングエキスパート。端正な顔立ちから現在女性ファンも急増中! ライトソルトゲーム界を担う時期エース候補一等生だ。

究極のスタンダードアジング用ジグヘッド『アジキラーフィール(マグバイト)』

【スペック】

  • ウェイト(g):0.6、0.8、1.0、1.3、1.5
  • フックサイズ:#10
  • 入数:5
  • 価格:462円(税込)

ジグ単の「基礎と操作感」ここに極まれり!

――アジングハイシーズンに向けて、先日発売されたばかりの新作ジグヘッド「アジキラーフィール」ですが、改めて特徴のご説明をお願いします!

村上「はい! アジキラーフィールはアジングにおける基本的なアクション、「チョンチョン」とシェイクしてからフォールを繰り返す動作を、初心者からベテランまで誰にでも実践できるジグヘッドです。

特徴としてはまず、ジグヘッド前面にあるカップ形状。カップがあることにより水を抑えて、ただ巻きでのスイミングやアクションをさせた際に、ジグヘッドがブレたりロールしたりせず安定した姿勢を保ちながら、しっかりと水中の情報を伝達してくれます。

つぎにフックですが、ゲイプまでの長さが短いショートシャンクを採用し、フックポイントも上向きに設計しているため、セットするワームの動きを最大限に引き出しながら、アジもルアーが吸い込みやすく吐き出しにくい。バイト時のフッキングも非常に決まりやすいです」

村上「さらに糸を結ぶアイの部分も大口径にしています。細いラインを使用し、暗い時間帯で釣ることが多いアジングにおいて、誰でもセッティングしやすくなっています。

以上のアジングにおける、釣りを準備する段階から釣りをしている際中も、『誰でも操作しやすく、使いやすい』基本的な要素を突き詰めて作ったバランスに優れたバーサタイルアジング用ジグヘッドなります!」

――なるほど! HPに記載がある通り、まさしく「基礎を極めた」アジング用ジグヘッドですね!



アジキラーフィールと使い分ければ尚良しな「アジキラージグヘッド」

――マグバイトではこれまでにスタンダードな位置づけとして『アジキラージグヘッド(マグバイト)』がありますが、アジキラーフィールとの違い、または使い分けなどを教えてください。

村上「大きく分けて考えると、既存のアジキラージグヘッド(速、貫)は『直進とダート』を突き詰めたセッティングになっていて、アジキラーフィールは『直進とフォール』がメインのジグヘッドになります。

アジキラージグヘッドはちょっとしたアクションでも動き出しもキレがよくて、ちょっと強いアクションをすると幅の広いダートをします。使い分けとしてはリアクション的な要素で魚の活性を上げていくような状況で使います」

――活性が高いシーンは勿論、アジの捕食スイッチを強制的に上げられるジグヘッドなんですね。

村上「逆にアジキラーフィールはフォールの姿勢が安定しているので、ニュートラルモードの食い渋っているアジもしっかりと食わせることができます。潮の流れにドリフトさせた際や、フォールでアタリを待っているときでも、あらゆる状況において水中でブレずにキレイなバランスをキープするので、バイトがあった際にスムーズにアジの口元へフッキングに持ち込めますよ」

――ということは、アジキラーフィールが加わったことでマグバイトのアジング用ジグヘッドにおける『鉄板ローテ』が成立するわけですね!

村上「その通りです! これでアジングトラベル(※村上さんのYoutubeアジング連載動画)のロケも怖いものはないです!(笑)

アジキラーフィールの操作感を「さらに高める」おすすめのワームとは!?

――アジキラーフィールはバーサタイルジグヘッドということで、様々なアジングワームに相性がいいと思うのですが、村上さん的にベストマッチなワームとはズバリ何でしょうか?

村上「仰る通り、ほんとにどんなタイプのアジングワームにも合うので、お好きなものを選んでいただければ良いと思います。ですが、強いて言えばフィールの性能を120%発揮するのは…ズバリ!『バキュームリング(マグバイト)』でしょう。フォール主体の釣りでよく使うのですが、アジキラーフィールとの相性が抜群にいいんです!」

バキュームリング2in(マグバイト)

村上「バキュームリングの特徴でもあるボディのV字リブが、アジキラーフィールのアクションと本当にマッチしてて、水中からの情報もさらに増えてアジのバイトがより分かりやすくなります。さらにバキュームリングは海老にんにくフォーミュラーがワームに練り込まれているので、集魚力も高く、アジだけでなく他魚種への反応も良い。初心者には絶対この組み合わせはおすすめしたいですね!

――話を聞いただけでヤバそうですね!(笑)。確かにアジのバイトが遠のいても、他魚種からの反応があれば初心者もずっと楽しんでられますし、逆にシビアな状況なら一人勝ちできちゃうかもですね!

村上「そうなんです! 初心者の方こそ、是非この組み合わせは試してみていただきたいですね」

※バキュームリングを知りたければこちらの動画もチェック!

ジグヘッドに迷ったら「アジキラーフィール」をチョイスすべし!

――先述で解説していたように新発売のアジキラーフィール、そしてバキュームリングの組み合わせがあれば、全国のアジングフィールドで…無敵!?(笑)。

村上「そうですね、アジキラーフィール+バキュームリングの組み合わせ、さらにはアジキラージグヘッドのフックサイズが#10の『速』タイプがあれば完璧です(キリっ!)。両ジグヘッドとも、アジングワームの主流サイズである2inサイズがセッティングしやすく相性も抜群なので、全国どこでも使えますね。

ジグヘッドの重さは場所にもよりますが、1.0gであれば初心者でも操作しやすいと思います! 全国的に一般的な釣り場(激流エリアや極端なディープエリアは除く)であれば『重すぎず軽すぎない』ウェイトが1.0gになります!

人間側にとっては、水深や潮流などの状況把握がしやすい程よい重さがありつつ、魚にとっては嫌がられないスピード感で釣りが出来るので1.0gがオススメです!」

全国的にアジングハイシーズンを迎える今、多種多様なアジングジグヘッドで「どれを買えばいいか分からないっ!」とお困りのビギナーは是非とも選択肢として『アジキラーフィール』を覚えておいていただきたい。

また初心者だけでなく「より操作感を高めたい」と思うアジングアングラーは是非とも『アジキラーフィール』を手にとっていただきたい。ルアーやタックル、魚との駆け引きまで、全てにおいて繊細なアジングゲームでは操作感の高さは間違いなく大きなアドバンテージ、そしてさらなる釣果を導いてくれるだろう。

ルアマガ+

ルアマガ+

2021.11.22

急上昇

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。